ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(10) ( No.304 )
日時: 2017/07/06 16:08
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/08 18:54名前: 満天下有人 ID:dD6QQn22

・・・これまでに、ロスチャイルド金融支配の手法は、相反する二つの勢力に同時に金融を行い、どっちに転んでも損せずボロ儲けする手法が基本になっていると書いた・・・その典型事例としてナポレオン戦争、日露戦争時に対立するロシア・日本に同時に金融支援を行っていたことも紹介した・・・

・・・言いにくいのだが、奇しくもこれを裏付ける史料が古巣にもあった・・・日本海海戦でバルチック艦隊が日本海に現れたことをいち早く東京に打電したのは、我が国企業で最初の海外支店・上海支店の電信部であった、大元の情報源は想像に難くない・・・そしてその時の債権、裏で代理人のクーンレープ商会(FRB株主)ジェイコブシフ経由で日本国債を引き受けていたロスチャイルドに対する償還期限到来し、一部未償還の債権取立ても兼ねて来ていたペルリー提督一族で、満州事変の頃駐日大使として赴任して来たジョゼフ・グリュー大使及び英国から駐日大使として赴任していたロスチャイルド一族になるフランシス・リンドレーが古巣を介して満州での軍部及び日本財閥の情報を収集していた史料も残っている・・・

・・・も一つのロシアに絡むロスチャイルドの史実は、ロシアが極東戦略のために、壮大なシベリア鉄道設置を起案したとき、ドイツ鉄血宰相ビスマルクが、フランス孤立化政策で独露同盟を重視、ロシア発行の鉄道公債を引き受けると言っていたのに、ビスマルクの死亡によって仏が露に接近、露仏同盟の成立によってフランスロスチャイルドがシベリア鉄道債を引き受けてしまう・・・もちろん長男ドイツロスチャイルドはビスマルクに、ドイツがロシア鉄道債を引き受けるときは資金を出すと約束していた・・・

・・・我が国はロシア憎しで対露戦に応じたのだが、ロスチャイルドもロシア憎しがあって、ロスチャイルドの我が国への戦費貸し付けを単純に喜んだのであろう・・・ところが勝った勝ったと喜んだものの、賠償金は一銭も取れずに借りた戦費返済に苦労することになる・・・

ロスチャイルドのこの、二つの対立軸で金融を支配しかつ巨大利益を生む戦略は、アメリカ南北戦争にも見られた・・・ドイツ鉄血宰相ビスマルクもその本質を見抜いていた記述があるのだが、後で紹介することにして要するにロスチャイルド金融資本は、アメリカ南北が統一されて巨大勢力になるより、相反する勢力のままにしておき、双方を金融で牛耳ろうとした意図が見える・・・

リンカーンの奴隷解放は、それはそれでリンカーン政策であったろうが、本質は、南部諸州への欧州金融支配から解放することにあった・・・リンカーンが特に黒人法を目の敵にしていたフシもなく、逆に、カナダからシカゴにかけての黒人法は尊重するみたいな記録もあるのだ・・・。

南北戦争の引き金となった南部州・サウスカロライナの要塞に攻撃を仕掛けた直後にリンカーンは、「わたしは現在、我が国に存在している奴隷制度に、直接的にも間接的にも干渉するつもりはない、そうすることが法的に正しいとも思っていないし、そうしたいとも思わない、私が最大の目的とする所は、連邦を(当時はまだ北部13州)救うことであり、奴隷制を守ることでも破壊することでもない、もし奴隷を一人も解放せずに連邦を救うことが出来るなら、私はそうするであろう」・・・(ユダヤ百科事典)・・・

・・・私がリンカーン暗殺の本質が、通貨戦争にあったと思うに至った経緯は、ジャクソン大統領の暗殺未遂事件の実態に触れ、その延長線上でリンカーンのこの言葉を目にしたからである・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存