ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(11) ( No.305 )
日時: 2017/07/06 16:15
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/10 07:38名前: 満天下有人 ID:xzRKBUOM

・・・1835年1月30日、第七代大統領ジャクソンの暗殺未遂事件、目の前で引き金を引いた犯人のピストルが不発であったために一命を取り留めた、歴戦の勇士ジャクソンの気丈さが、瞬間に杖を振り下ろして犯人ローレンスを目の前で逮捕することになった・・・

次が1865年のリンカーン大統領の暗殺になるのだが、その間にも二人の大統領が不審死を遂げている・・・

ジャクソン大統領がロスチャイルドの私有中央銀行を廃止、各州法に基づく国法銀行が通貨を発行することになるのだが、まずいことに各州銀行は、ジャクソンがロスチャイルドの手から政府預金を解き放したのに、それを受けた各州銀行がこれ幸いとばかりに、投機資金への貸し出しを増やしてバブルを起こし、金融はいつまでも安定せず、経済混乱が続く・・・

・・・こういう状況で再びロスチヤイルドによる通貨発行権を握る中央銀行再々設立機運が高まって行く・・・ロスチャイルドの代理人で初代第一合衆国銀行設立者であるハミルトンの思想系統を引くヘンリー・クレイがホイッグを創立し、1840年にハリソンを第九代大統領に据えてしまう・・・

ところがクレイの思惑と違ってハリソンは、大統領に就任した途端、クレイによって草稿されていた就任演説を拒否、私的中央銀行は認めないことを自ら延々と演説・・・その日は酷寒でハリソンは風邪をひき、一か月も経たないうちに、これも軍人で鍛え上げられていたのに、風邪であっと言う間に他界してしまう・・・アメリカ史家が死因に疑問を抱いている所為である・・・

・・・1849年、ホイッグ党のクレイは再び傀儡のザカリー・テーラーを大統領に据える・・・だが、テーラーが、私的中央銀行の再々設立案は事実上出来ないことだと本音を知人に漏らしてしまったことから、1850年のジュライフオース・建国記念式典で暑さのあまり冷たい“ミルク”を飲んで下痢し、あっと言う間にこれも他界してしまう・・・91年に末裔遺族たちの許可を得て史家たちが墓を掘り返して検視したところ、ヒソが検出されていると言われている・・・

・・・現在の高齢者どなたにも記憶にあるのは、1963年、昭和38年のケネデイ暗殺事件であろうか、確かこちらでは日曜日であったように記憶し、社宅寮でブラブラしていたら同僚たちがTV室に走り、何だ何だで大騒ぎした記憶がある・・・歴史上の活字でなく映像で目にすることが出来た暗殺事件であった・・・原因は、当時の米国及び国際関係の複雑さも絡んで諸説フンプンで、当局はいまだに証拠物を極秘にしているから、犯人が果たして逮捕されて移送中に射殺されたオズワルドであったのかどうか・・・

・・・当時は例のソ連キューバでの核兵器搬入問題があり、ケネデイがフルシチョフと渡り合ってギリギリの線で穏便に済ませたことが、反ソ派の恨みを買った説・・・ケネデイがイスラエルの核開発に強硬に反対していたことから、モサド犯人説・・・当時全米一の力を誇っていたトラック輸送労働組合とマフイアの癒着をマクレラン委員会で摘発しようとしていたケネデイ・・・

リンカーンと同じ通貨発行権を政府の手に取り戻そうとしたケネデイを暗殺した説・・・アメリカ史は常に暗殺の危険に晒さらされる大統領の歴史であるということか・・・おっかなビックリの我が国政治家が、ポチにならざるを得ない所為であるのかも知れない・・・

・・・人間それぞれにワケが分からなくなった時が一番怖い・・・ワケが分からなくなったそのワケが分からない人間に生じるのは、殺意であろうか・・・健保に介護保険に、老人特定疾病検査制度などに噛みついていると、そう訴える心情についてワケが分かっていない連中のこと、こちらを消しにかかるかも知れない(笑)・・・いやもう消されかかっているも同然の社会に、既になってしまっている・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存