ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(13) ( No.308 )
日時: 2017/07/06 16:34
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/17 10:58名前: 満天下有人 ID:TJB8j84o

・・・1833年、再選を果たしたジャクソン大統領は、暗殺のピストルが不発で奇跡的に命拾い、上院下院ともにロスチャイルド私的中央銀行存続賛成議決に対し、真正面から挑んで、大統領拒否権を発動し1836年に第二合衆国銀行を閉鎖してしまう・・・

この時の大統領の議会演説は次のようなものであった・・・「憲法が議会に通貨発行権を授権したのは、その権力を個人や会社に譲渡せしめる為ではない、議会が自ら行使する為である」・・・

・・・そして非公式には、銀行は私を殺したいであろうが、私が銀行を殺してやると発言して、暗殺を狙われる・・・

アメリカの場合、そもそも憲法は議会によって公的中央銀行を設立すべしとしていたものを、議会がロスチャイルド金融資本によって抑えこまれていた訳である・・・よって金融政策は国家的見地からでなく私的金融の利益、支配権が軸になって運営されていた・・・その結果が恐慌の繰り返し現象となって表れたとも言える・・・その後設立されたFRBが同じ構造を持っている所からして、昨今の金融危機にも通じる現象である、200年前からの同じ構造なのだ・・・

・・・昨今、低所得者にも住宅購入のユメが与えられたと言っても、3年後から金利三倍に順次上げられて行く利率を見れば、金利負担はいずれ通常の所得で負担できなくなる事は、最初から分かっていたことである・・・

つまり、住宅ブームによって資産価値が上がるのだから、金利上昇分は吸収できると言ったところで、マネーフローとしては値上がり資産を担保に更に借金を重ねろという構造になってくる、借金で金利を払えということになる・・・

事実アメリカ低所得者層の借金家計は可処分所得を遥かに超え、01年での貯蓄率は大恐慌に見舞われた1930年代に次ぐ低下を見せ、2.3%に落ち込む・・・ちなみに我が国の約30%と比較してみると、いかに借金による経済成長を遂げていたかということが分かる・・・この現象は、サブローンにせよ資産バブル発生と表裏一体となって表れる・・・

・・・さすがに米国民も懲りたのか、3月にFRBが発表したクレジットカードによる消費者信用は低下傾向を見せて、毎月約1兆円づつ減少、総額は255兆円まで低下しているようであるが、中流層でもステイタスとして使っていたカードを返却し現金購買の傾向が加速されているようだ・・・

・・・昨日内閣府による我が国の4〜6月のGDPは年率換算で0.4%の伸び、主因は消費者の購買手控えが影響している、もっともエコ商品への補助金打ち切りも影響しているのだろうが、マスコミは世間購買風景、食品販売の末端における工夫販売ばかりを映すことで、庶民間の工夫で景気が回復するとでも思っているのであろうか、おおきなことに対するヒントは何もない・・・

・・・そりゃそうであろう、政治からして数字を並べているだけで、あるいは経団連に教えを乞うような有り様では、“資本の”景気回復はなされても、国民経済への視点は何もないのだから・・・

・・・菅直人の視点は、自分が続投になっても小沢には幹事長再就任は頼まないという程度で、国家運営など眼中にないのだから・・・いや元々が言葉遊びの政党であったことが分かった現在、期待する方がおかしいのかもだ・・・

・・・このような状態が続くのも、真夏の夜の怪奇現象かも知れない(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存