ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(14) ( No.309 )
日時: 2017/07/06 16:40
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/18 07:23名前: 満天下有人 ID:T4Kf4.w.

・・・アメリカにおける金融制度、根底となる通貨発行権を巡る戦いは、大統領と国民が選んだ議会との争い、言い換えると大統領対国民の戦いの形に見えるのだが、しかし大統領といえども国民が直接選挙で選んだものなのだから、方程式を解いて行くと、国民対国民の戦いという答えになってしまう・・・

・・・まあ、完璧な民意反映の間接代議員制度などあり得ないにしても、アメリカ金融史から見えるものは、代議士たちが何か大きな力で抑え込まれてしまっている、初期の段階ではロスチャイルド銀行団によって、1843年以降は、同年に設立されたADL・ユダヤ人名誉棄損防止同盟によって議会は抑え込まれてしまい、それは現在でも圧倒的な力を持っている・・・大統領候補者になったものは必ず、この団体でイスラエル支持の演説をしないと当選しないと言われるほどなのだ・・・ヒラリークリントンのこの集会における演説を見ても、イスラエルよいしょに一生懸命(笑)、これじゃあ国務長官になってもパレスチナ問題を解決できるはずもない・・・

もう交代したかどうかは知らないが、後年このADLの会長になるエドガー・ブロンフマン・・・ロスチャイルド、ロックフエラー、世界最大の化学会社デユポンによって構成されるロスチャイルド御三家御前会議の議長をやっていた・・・

・・・数年前からのブラジルにおけるすさまじいジャングル伐採による大豆栽培、既にアメリカを追い越して世界一の大豆生産国になっていると推定するが、これを推進したのは上記御前会議を仕切るブロンフマンが、デユポンと穀物メジャーの一つであるブンゲ(アメリカではバンギと発音される財務非公開のユダヤ資本)を組み合わせて遺伝子組み換え大豆栽培に乗り出したからである・・・

・・・どこへ売る?、目標は中国である・・・小話をはさむと我が国トウフ原料大豆は、アメリカでの契約栽培に依存してからかなりの年月が経過した・・・そもそものなれそめは、1973年の米ソ穀物戦争でニクソン大統領が大豆輸出禁止措置を取った時に始まる・・・以来、北海道などの業者は、委託栽培先のアメリカ農協が来ると、温泉招待などして接待していた、買う側なのに・・・国内で生産すると補助金の面で損だという農政のお粗末さが垣い間見える・・・

・・・このブロンフマンの政治力は強大である、クリントンが大統領のとき、イラクに侵攻せよとの署名を持ってブロンフマンがクリントンと会談するスナップ写真を見ると、ギャングを全て統率しているかの如きツラ構え(笑)、密室で恫喝されたらひとたまりもないだろう(笑)・・・昨今話題に上っていた木っ端、マイケルグリーンなど、どうせADLの強大な力の下で動いているだけのことであろう・・・

彼らを動かしている思想の根底には、古代からの神の違いによる怨念があるのであろうか・・・だが、アーサーケストラーの説によるアシュケナージ(ドイツ系)ユダヤ人の行動原動は、商売、特に金融による支配欲が特徴であるやにも感じられるフシがある・・・それが新天地アメリカで開花したのであろうか・・・

・・・いずれにしてもアメリカ経済史はロスチャイルド金融史と表裏一体であり、それは常に議会暗闘となり暗殺を付きまとわせて来た歴史でもあり、今日においてもその光景が見える・・・

それに比べると我が国での論争は可愛いものである、菅直人が単純に消費税増税を言うと反対して参院選でお灸を据えたのは良いとして、その後は沖縄基地問題も含めて続投支持が56%にも及ぶ・・・米議会での葛藤、暗闘は巨大金融資本と国民の戦いとして、こちらではどういう構図になるのであろうか・・・

・・・アメリカのような金融資本対国民という構図ではないとして、それに似たものが官僚システム対国民という構図ではないのか・・・官僚擁護に変質した内閣も官僚の一種ということになり、政官合わせた構造を、小沢批判にすり替えるマスコミも、官僚の変種であるとも言える・・・アアメリカでの巨大金融資本対国民の構図が我が国では、すべてが国民対官僚及び官僚変種なる構図になっている・・・
・・・昨年3月に立花隆が、「神の国アメリカの論理」なる書物の読後評を新聞に書いていた・・・入り乱れる信仰各団体が政治を動かしている様を見て、正直言ってビックリしたという書評であった・・・有名な識者と言われる人でも認識がかくも遅いのだ・・・ましてや我が国における構造認識においておや、ということになりはしないか・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存