ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(16) ( No.311 )
日時: 2017/07/06 16:52
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/20 08:06名前: 満天下有人

・・・ジャクソン第七代大統領によってロスチイルド私的中央銀行である第二合衆国銀行は1836年に閉鎖されてしまう・・・

報復措置としてロスチャイルドは、アメリカで流通させていた金属貨幣を引き揚げてしまい、約10年間、アメリカ経済は混乱に落ち入る・・・金本位制の時代だから、かなりの混乱であったようだ・・・

・・・それを救ったのが1848年のサンフランシスコにおける約5億ドル相当の金鉱脈の発見であった・・・米英戦争での戦費が2億ドルで財政難に落ち入った米経済に比べると、この金鉱脈の発見がいかに大きなものであったかが想像できる・・・

そうなるとロスチャイルド貨幣支配構造の有効性がなくなって行く・・・彼らは貨幣を通じての政治面での支配構造戦略を転換し、金融危機が収束する前に暴落していた資産を買いまくる・・・鉄道債の26%、州債の58%を手中に収めその償還を厳しく迫る戦法に出た・・・

・・・前にモルガン財閥の創始者ピアポンドが、マサチュセッツ州債を英国に大量に販売し、その償還問題でロスチャイルド系グレンフエルと合体し、モルガン財閥の基礎をモルガン・グレンフエルとして築いた話は紹介した・・・

金鉱脈の発見により力強く回復して行くアメリカを見てロスチャイルド金融資本は、広大な新大陸の力を一つにしていたのでは、貨幣による支配が困難になるとして、二つの勢力に分断して戦わせ、お得意の敵対する二つの勢力双方を支配し、双方から利益を得る戦略に転換して行く・・・

・・・それが1861年の南北戦争勃発の下敷きとなった訳だ・・・

ドイツ統一を成し遂げたプロイセン(現オーストリア)の鉄血宰相・ビスマルクが回顧録で「アメリカを経済力の弱い南北二つの連邦体に分裂させることは、内戦勃発前にヨーロッパの金融勢力によって決められたことである。これに疑問をはさむ余地はない」・・・ロスチャイルド家とも関係が深かったビスマルクのこと、壮大な戦略の本質が分かっていたのであろう・・・

・・・リンカーンが奴隷解放をスローガンにしたこの戦争の本質は、どこにあったのであろうか・・・戦争の背景には必ずと言っても良い経済問題があるということだ・・・

南部諸州がこのリンカーンの人道的スローガンに猛烈に怒ったのは、黒人も賃金労働者になるということにあり、ロスチャイルドはその南部の気持ちを利用した・・・

ロスチャイルド金融資本はアメリカ独立戦争の頃から既に、イギリス綿紡績産業と南部地主たちの間を通貨でもって結び付け、南部がいつでも北部連邦から脱退する火種をこしらえていた・・・一つの例が米英戦争時に海上臨検を強化し、南部諸州の綿花を欧州へ輸出する不便さを演出し、怒りの矛先を北部諸州に向けさせた企みである・・・

英仏が争ったナポレオン戦争のとき、相反する二つの勢力の間に均等に資金を提供し、ロンドンロスチャイルドとフランスロスチャイルドとの連携の下にボロ儲けした史実、そして日露戦争のとき、日本にはダミーを通じ、ロシアにはカスピ海バクー油田権益取得名目で、双方に資金を出した史実については、前に紹介した通りだが、この南北戦争においては、どのような手法を取ったのであろうか・・・

・・・ロスチャイルド家五男で、創業者の命でフランスロスチャイルド家を興していたジェームズ・ロスチャイルドは、南北戦争3年前からアメリカを観光客としてくまなく回り、情報を三男ロンドンロスチャイルド家に漏らさず送っていた・・・まさにナポレオン戦争と同じ手法を取ったわけだ・・・

そして南部の指導者に対し、戦費は仏ロスチャイルドが全面的にバックアップし、欧州でアメリカ南部独立国を必ず認めさせると約束した・・・
北部諸州に対しては、既にロスチャイルドの代理人として渡米し、NY金融界を牛耳り、大統領金融顧問にまでなっていたオーガスト・ベルモントを通じ、リンカーンに対しこれまた戦費は全面的にロスチャイルドがバックアップするとの約束を出していた・・・

・・・対峙する二つの勢力への同時バックアップの根が同根であることを隠すために、一方に対しては代理人を使う手法は、日露戦争の時に高橋是清に対しては代理人であるジェイコブシフ家のクーンレープ商会を通じて日本国債買い名目で戦費を貸した手法と同じである・・・

・・・ちなみにこのクーンレープ商会は、アメリカ鉄道起債ブームの時にベルモントとタイアップしてペンシルヴェニア鉄道を抑え、1916年のFRB創設に関わり、現在でも末裔たちがFRBに対し大きな影響力を保持している・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存