ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(17) ( No.312 )
日時: 2017/07/06 16:59
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

日時: 2010/08/22 09:25名前: 満天下有人 ID:zmQjlWTg

・・・新大陸を二つに分断し、双方へ資金を供給し、どちらが勝っても負けても損はしないで通貨で以ってその国を支配するヘッジシステムを取ったロスチャイルドの戦略・・・リンカーンのバックグラウンドである北部に対しては、代理人オーガスト・ベルモントを使って北部の味方だと約束し、しかし万一に備えて英国政府には北部抑制の軍隊をカナダに駐留させた・・・リンカーンに対し、仮に北部が勝利した暁には、ロスチャイルドによる私的中央銀行の復活を認めさせる圧力をかけていた訳だ・・・戦費支援をアメとするなら、カナダ駐留英軍の8千人増派兵は、万一に備えたムチであったのであろう・・・

・・・ムチは、フランスロスチャイルド・ジエームスを通じても準備されている・・・1862年に、英仏スペインの連合軍がメキシコ湾から上陸し、南部から北部軍に圧力をかける戦陣が敷かれていた・・・リンカーン北部に対するこの脅しは、はったりではないと言う証拠を見せるために1863年、フランス軍が後方固めのためにメキシコを占領している・・・(それ以前の米、メキシコ領テキサス、カリフオルニア州争奪紛争は省略)

・・・北部に対するロンドンロスチャイルドのアメの内容はどのようなものであったか・・・戦費支援一括融資計画書に記されていた利率は、年26〜35%というものであり、さすがにリンカーンは激怒し銀行団をその場で追い返している・・・この時リンカーンはおそらく、彼の理念である新大陸における経済は、ロスチャイルド金融資本による通貨支配権によってではなく、経済の潤滑油である通貨は、人々によって生み出されねばならない・・・人々に選出された議会が金融資本にひざまずいているようでは、何のために人々は新天地に逃れて来たのか・・・ならば、大統領特権で政府が通貨発行権を握らざるを得ない・・・この決断はおそらく、銀行団を追い返したその時に強固なものになったのであろうと、推測される・・・

・・・リンカーンの有名な「government of the people, by the people, for the people」なる言葉には、通貨とアメリカ史の視点から見ると、通貨発行権を人々のものに取り戻すという強い意図も含まれていたのではないかと思う・・・

・・・しかし現実の通貨はロスチヤィルドに発行権を握られてしまっている、現実に要する戦費おカネをどう調達すれば良いのか・・・独立戦争、米英戦争を通じ、その都度莫大な財政赤字を積み上げ、その都度国民による塗炭の努力をまた繰り返さねばならないのか・・・

その悩みを解決するヒントを与えたのが、シカゴの友人リチャード・デイックであったと言われている・・・デイックは、財務省に通貨発行権を与える法案を何とか議会で通過させるしか手がない、法的に裏付けのある通貨を作らせるのです、それで兵士に給料を支払うのです、ロスチャイルドに高利を払ったのでは、戦争に勝ってもまた、同じ苦しみを繰り返すだけです・・・

・・・リンカーンは、しかし国民が風雲急をはらんでいるこの時期、突然の新通貨を信用してくれるだろうか、そんな心配が脳裏から去らない・・・ここでデイックは、第七代大統領ジャクソンが、議会で訴えた言葉、そもそも合衆国憲法は通貨発行権を議会に与えており、議会に反省を訴えた故事を引き合いに、
大統領ともあろうものが憲法規定に逡巡するようではダメだと、叱咤激励しリンカーンも政府紙幣発行を決断する・・・

・・・当時流通していた銀行による銀行紙幣と区別するために緑色を配色した「緑背紙幣・グリーンバックス」を合衆国通貨として発行する・・・内容は、金銀貨を担保とする必要はない、20年で5%の金利をつけて流通促進のために銀行側にもいささかのメリットも与えた・・・

これが成功した背景には、やはりサンフランシスコでの金鉱脈の発見が、政府紙幣に無言の信用を与えていた・・・そのことが、法律によって緑背紙幣を政府準備金としたことと相まって北部銀行の信用を高めることになり、軍事工場などの拡大をもたらし、南北戦争の勝利への基礎を固めることになった・・・

・・・南部分断支配を狙ったロスチャイルド一派の恨みは、かなりの高さまで嵩じたことであろう・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存