ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(20) ( No.315 )
日時: 2017/07/06 17:25
名前: イントィッション ID:nQhJ0OP.

今日はここまでにしておきます。。。

★しかし、ロスチャイルドが戦争へと導く姿は、今も生きているものと。。。それを学んでいけば、必ずや戦争を食い止める道は開けますね〜。。。

日時: 2010/09/01 20:06名前: 満天下有人

・・・菅一派対小沢軍団の戦いも、代表選実施決定で後は選挙を待つだけ、それまでの間、民主党員は必死の忙しさになり、ご苦労様です(笑)・・・ご苦労なことにしてしまったのは、菅直人の迷走が原因、相談に何度も乗った鳩山のお人好しにあったと言っても過言ではないだろう・・・

・・・ま、後は代表選を待つことにして、一昨日は市場の声を無視できない政府要請による日銀の追加金融緩和策を囃して日経平均は暴騰したものの、たった一日で上げを上回る下落・・・野田ヘッポコ財務大臣が何か言うたびに市場がぶれてしまう・・・日銀白川総裁とてバカじゃないのだから、少なくとも現状では世界経済落ち込みの規模からして、通貨供給増による金融政策には限界があることくらい既に分かっていること、限界打破にはとにもかくにも政府による経済政策がしっかりしたものでないと、どうにもならない・・・

日銀新型オペ20兆円を30兆円に増加させるその金融政策の中身について、「新成長分野」に限るとしているのは、実質経済の拡大を通貨の軸にすべしというようなニュアンスを感じる・・・
・・・三日前まで米経済を視察しに行っていた白川日銀総裁も現地では、金融当局との議論より実態経済の状況に関心を置いた視察であったようだ・・・

米公的資金投入による経済回復に効果はあったのかどうか・・・昨年10月にオバマ政権が打った政策の第一号は75兆円の緊急出動だった・・・しかしそれは、失業保険給付期間延長やペイオフ限度額を倍の2600万円に拡大、製造業であるGMばどに約3兆円の無金利融資などあったにせよ、主力は不良債権の買い取りという金融面への支援の色彩が強かった・・・

・・・経済対策というより金融法案の色彩が強かったために米下院では一旦、法案は否決されていたし、米国民にも評判が悪かった・・・議会での抵抗が大きいから米政府はやむなく目をつむり、そこでFRBは、基本的には禁じ手である企業発行のコマーシャルペーパーや国債の直接買い入れを実施、その額は190兆円であったと記憶する・・・

・・・大学教授時代からドル印刷派のベン・バーナンキFRB議長は、経済紙にヘリコプターベンと揶揄されていた(ヘリコプターから紙幣をばら撒く所謂ヘリマネという揶揄)・・・しかし国民、議会が反対した理由が将来の国民資産を当てにした、つまり担保がある、あるいは企業向け公的資金の投入もCPなる担保を取っているから、完全無償の通貨を上げる行為ではないから、ヘリマネと言えるかどうかは、疑問の余地がある・・・

・・・金融色彩の強い法案を議会が拒否し、通貨発行を束縛されないFRBが金融資本を支援する構図は、リンカーン時代と同じ米国における金融と政治の政争史に繋がる・・・オバマの支持率も中間選挙前に支持率が急速に低下している・・・金融資本中心の打開策に国民が反発する光景であろうか、200年前と似た光景である・・・

アメリカ政争史、その背景にある金融争史が、欧州から新大陸に場所を移して争われた現象が南北戦争であったし、その結果がリンカーン暗殺となった・・・ロスチャイルド金融資本による裏算用はリンカーンのこと、そのことは独立戦争以来何度も経験したことだから分かっていたはずであり、それでもリンカーンは果敢に尚挑戦した・・・

・・・英国を中心とする欧州との綿花自由貿易を維持したい南部のうち、まずサウスカロライナ州が連邦を脱退し1860年12月に南北戦争の火ぶたが切って落とされる・・・ロスチャイルドは背後を固めるためにメキシコの植民地化復活を望む仏ナポレオン三世に、2億1千万フランを融資し、リンカーンはカナダとメキシコから南北挟み撃ちの戦いに挑戦して行く・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存