ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

人間に先見性なるものは、あるのか? ( No.317 )
日時: 2017/07/07 15:36
名前: イントィッション ID:OuJuHgmc

日時: 2013/01/03 09:47:42名前: 満天下有人

年明け早々、世界を飛び交うニュースは、米下院が財政の崖(減税期限切れと歳出削減)を回避したことによる世界同時株高のことだ。

減税期限が切れると中間層にとっては大幅な増税となり、米景気が一層冷え込んでしまう、オバマ大統領の民主党は、低所得層及び中間層の減税継続の穴埋めを年収25万ドル以上の富裕層への増税をセットし、軍事費カットを軸にする歳出削減も求めていたが、これを共和党が飲まなかったことが年末ギリギリまでの攻めぎ合いになっていた。

問題はこれで解決された訳ではない、富裕層への増税は45万ドル以上に緩和、歳出削減案は2カ月先送りする妥協であるし、歳出削減反対は先々での米国債発行増加を伴い、借金の上限を更に増やすことになる。米経済が復活する保証も無いのに一斉に株高となる状況は、世界はいよいよ刹那的なことに頼り始めるしか手が無くなったことの表明でもあろう。

我が国では円安傾向に転換したことを慶び、安倍政策を評価する向きが多いようだが、米国による政策の通貨への反映でしかない、その米政策といえども、別に経済構造の抜本的転換を求めるものでもない。淀みに浮かぶうたかたの泡に過ぎなく、それで以って全人類が新たな安定に向かい始めたということでも無い。

米経済財政が崖っぷちまで到達することは判り切ったことであった、だが人間どもに先見性は無かった、あったとしても誰もどうする事も出来なかった、なるようにしかならないさ、という刹那的な諦観が世界を覆っているということだろう。

10年ほど前では、世界規模で地球環境問題が連日議論されていた。人口急増と共に食料と水の問題も重大事項として世界を覆っていたものだ。今や静かである、京都議定書以降、諸国は約束を実行中であるから、心配なく環境は改善されているからか、もしそうでないとするなら、このままでは成長どころの話では無くなるとして、10年前に「先見性」を発揮して議論されたものは何だったのかと言うことになる。

確かにアメリカ、カナダではシエール層天然ガスの採掘が本格化し、原発も安全基準を強化して維持する方向も見えて、CO2の排出に限って見れば、危機に対する努力はなされているのかも知れない。だがそれによって自然災害のコストは果たして削減されているのだろうか・・・

そもそもからして資本主義的生産体制は、有害なものまで産み出し、その有害なものに対する対処も成長の要素として組み込んでしまう、人間の価値観などと言う物は、二の次にしてしまう性質がある。言い換えると行き過ぎてしまう危険な要素を抱かないことには、走れないのである。利己的な企業が政治と結びついてしまうから尚更のことである。日米同盟新指針においても米国は、シエールガス供給をほのめかしながら一方で、テロに名目を被せて日米共同で行動すればとの条件を付けてくる。

我が国でも先見性なるものが失せてしまったかのようである。安倍による新規原発9基の政策にロンドン・フアイナンシャルタイムズが、これに敏感に反応して、安倍晋三氏は原発推進論者なのに大勝利を収めたことは驚きだと論評し、原発の一部が再稼働しなければ日本経済は回復しないと考えているようだと論じている。
ドイツの週刊誌シュピーゲルは「政治的安定への欲求が社会変革の希望を上回った」とし、安倍総裁は原発を進めようとしているのかと疑問を呈している。

人間社会運営の全体装置の機械がおかしな運動を始める、運転構造の原因は案外単純なものではないのか、逆回転させる操縦者は、意図的にそうしているのではないか、装置が停止しても誰かが助けてくれる、自らは生き残れる、社会保障費を削減すればどうこうこう言う議論は、問題すり替えの論にしか過ぎない。米財政の崖などと言っても、そもそも崖まで運転したのは誰かなどと世間は詮索もしないから、安泰である。世間が部品(各分野)のことでワイワイやって、根本の改造に手間取っている隙に、一握りの操縦者はその時点で既に、再び新たな逆回転の策を講じていることだろう。

・・・刹那的な部品の修理だけでは、成長出来ない限界に来ている。人類が先見性を持って、どっしりとした価値観を据えて構造の抜本入れ替えを実行できる時期は、まだ遥か先のことであるか・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存