ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ヒト属種の限界・・・ ( No.327 )
日時: 2017/07/07 16:38
名前: イントィッション ID:OuJuHgmc

日時: 2013/01/16 08:07:27名前: 満天下有人

小心者さん、お早うございます。

<「ヒト」はもうこの辺で生存の哲学を大変換しなければ成らないのではないか? 飽くなき成長など有り得ない! 此れからはこの地球上の生きとし生ける物が「ムサボリ」を止めて生存を続けるよう叡智を傾けなければ成らない。>

・・・問題は正にそこにある訳でして、言い換えますとヒト属の欲望は、何と何を基準にどの一線で妥協し合えるのかという、心理学的な要素も含んでおり、難解な属種ではありますね・・・

アメリカのヒューマニステイック心理学者として有名であり1970年に他界されたアブラハム・マズロー氏は、ヒト属と動物を区別しない行動心理学の研究に端を発し、精神心理学だけでなく社会の色んな分野においても当てはまる哲学・倫理学を打ち立てるという企てに挑戦されていたのに、結局未完のまま他界されてしまいました。

そのマズロー氏のほんの一部の言葉だけを借りて恐縮ながら、氏は「人間性は、どの程度の質の社会なら許容できるのか?逆に社会は、どの程度の質の人間性であれば許容できるのか?」という命題を提起されておりました。

・・・ヒト属はどの程度の質の社会なら許容できるのかという命題を考える前提として、私はいつも思うのですが、そこに棲む人間たちが、現状社会をどのように認識しているのかが、先ず問われないと話にならないと・・・でも結論は実に悲しいものです。

世界の指導者に先見性を持って、現状の物質的、精神的、経済的な限界を考えている者がいましょうか、現状のままで更に精神的にも物質的にも成長出来ると思っているものが殆どでしょう。
そして大衆は政治制度の発展?と共に、職業的政治家が全ての答えを持っていると錯覚してしまうようになったやに見えます。特に我が国ではその傾向が顕著に見えます。今回の衆院選にそれが顕著に出たと思えます、実際にはあらゆる点で限界が到来していることにも気がついていない者を、気がついていると思ってしまったようです。

ヒト属種は動物と違って、美や倫理とか、そこから派生する感性を持っている筈なのに、それが経済至上主義的な成長に押しつぶされてしまったようです。そしてその経済面における成長でさえも、競争至上主義に幻惑されて、持続可能な共生理念がどこかえ去ってしまったようです。

一気に現実論に話を落とし込み、懐古趣味との批判も出ましょうが、折に触れて提起していることに、我が国では大衆も官僚制度でさえうまく共存していた護送船団方式時代があった、公害問題も多発しましたが全体が持続的にうまく機能していた時代がありました。我田引水になりますが、たまたま昨日、マレーシアの元首相であるマハテイール氏が朝日との一問一答で、行政指導、日本株式会社といった、欧米から批判されたシステムを捨てたことが大きな誤りだったと指摘されており、何も無いマレーシアとしては終身雇用制度なども含めて大いに参考にさせてもらった、今では米欧型のグローバリゼイションに傾いてしまった日本から学ぶことは何も無い、学ぶとしたら今の日本のようにならないことだ、と・・・
 
この人はオバマが大統領になった年に、拝啓、大統領閣下、今年から米国主導の金融デリバテイブ商法を止めてもらえないかと、公開年賀状をも送っておりました・・・アジア通貨危機の時もマハテール首相は他の諸国と違い、マレーシア通貨リンギットを対ドル固定相場に釘漬けにし、非居住者のリンギット取引を中央銀行の許可制へ移行、非居住者がマレーシア株式及びリンギット建資産の売却で得た外貨の持ち出しの禁止を行うなど、果敢な政策を取っておりました。

・・・話が細かい現実のことになりましたが、問題はヒト属の脳はどこが限界なのか、前頭葉のことまで分解する些か脳科学の分野の事にも関わって来るのでしょうか、解剖学者・養老孟司先生の「バカの壁」が、現実の限界を示しているのかも知れませんが、現実の解は「人間性は、どの程度の質の社会なら許容できるのか?逆に社会は、どの程度の質の人間性であれば許容できるのか?」という、マズロー心理学者の問いからして、結局の所、ヒト属なる生き物は欲望と現実問題との妥協点をどこに見出せるかにかかっているようです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存