ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

資本主義を歪めたか?ユダヤ人・・(1) ( No.329 )
日時: 2017/07/07 16:49
名前: イントィッション ID:OuJuHgmc

日時: 2013/01/17 22:37:46名前: 満天下有人

資本主義を歪めたのは別にユダヤ商法に限らず、ユダヤ人がいなくとも別の人種が歪めたかも知れませんが、少なくとも産業革命が起こる以前に、戦争をうまく利用して金融面から裏支配を実現したのはユダヤ人であったことは史実が証明する所でしょうね。過去旧スレッドで多岐詳細は書きましたのでエポックメーキングな出来事だけを纏めると・・・

銀行券という近代通貨の原型である国債発行を発明したのもユダヤ人で、英イングランド銀行という後に中央銀行になる機能を先ず創り上げました。その動力になったのが全て戦争でした。

英仏独諸侯の跡目争いに明け暮れる貴族たちが一番悩んだのが、戦費・・・閨閥を広げる手法による仏ルイ14世の膨張主義に対抗して結成された対仏同盟によって、1688年に大同盟戦争が起き、長引く戦争でどの国も財源に苦しみました。
英国は名誉革命の後に即位したウイリアム三世が対仏同盟側の一員としてこの戦争に参加。同じく戦費の後始末に苦しみました。当時タイミング良く新教徒革命によって英国もカトリック教を排斥、カトリックによって排除されオランダに逃亡していたユダヤ人、それも金融商を中心にしたユダヤ人のイングランドへの再入国が解除されて、ウイリアムパターソンなるスコットランド人が彼らを連れてイングランドへカムバック。

ユダヤ金融商からさずかった知恵とは、国家が債務証券を発行して広く大衆からオカネ・貨幣を集めるしか国家財政立て直す方法は無い。但し、それも信用と利益が無いと大衆は、そんなものを認める筈が無い。そこで国債発行の前提として金兌換紙幣・スターリングポンドの発行をウイリアム三世に進言。金兌換紙幣ですから相応の金準備が必要になります。1694年、それを法定通貨とする発券銀行・イングランド銀行を設立した訳です。

そこでユダヤ金融商が当時で120万ポンドの金をイングランドに貸し付け、それを根拠にした金兌換紙幣を国債発行によって再回収、国債利率は12%でした。ここからユダヤ人は国家を債務漬けにして支配下に置くことになりました。国家はイングランド銀行を通じて大衆に対する債務者となります。通貨は一種の債務証券である、通貨は債務であるとする論拠の原型はここからスタートしているのです。何の為に?最初に申しましたように原因は戦争です。

はてさて、ルイ14世との戦いは一応1711年に、ブルボン家のスペイン王位継承は認めるが仏・スペインの国家合同は認めないとするユトレヒト条約によって終結。しかし戦争によって大量に発行された国債は無事償還されたのかと言う疑問が次に起こります。

1711年、英国トーリー党の大蔵卿は、膨大な国債の後始末の為に「南海会社」なる国策会社を設立します。スペインとのユトレヒト条約で得たスペイン領西インド諸島の奴隷貿易の権利を南海会社に与え、その代わりに旧国債を全部引受させて奴隷貿易による利益で清算する。利益が出る事を宣伝して発行株式が暴騰します。その株式を旧国債と交換して国債を償却すると言う手法でした。

民衆はこのカラクリも知らずに南海会社の株買いに熱狂しますが、そのうちこの南海会社がそんなに儲かるのかと疑問を持ち始め、株は暴落し英国中が大騒ぎになったという事件で、これを「南海泡沫事件」と言いますが、泡沫とはバブルと言う英語ですから、今日のバブルなる現象、用語もここに由来しているという訳です。

手法、形は違いますが、目下、大マスコミが囃している安倍ノミックスなる手法も、やってることの原型はこの18世紀における南海泡沫と同じ本質を持っているのです。現在では為替が相手との経済比較でぶれますが、超金融緩和で円安にしようとしても、経済実態のフアンダメンタルズを無視してはうまく行きません。超金融緩和で円安だとして回復基調に入ったかと思われた東証も一昨日では約300円も暴落・・・ユーロ経済がまた怪しい雲行きになってユーロ、ドル安が原因で円高に少しぶれるとこのザマです。そして何が政策の軸になっているのか、甘利経済再生大臣が、急な円安は如何なものかと支離滅裂な事を言い出したことも株安の原因になっている。

・・・要するに18世紀に起こった手法とその結果を未だにマネしているだけの資本主義から一歩も出ていない。その原型はユダヤ人どもがうまくそれに乗って、いかなる事態になっても自らは必ず復活出来るシステムを持っていることにもありましょう、そのシステムとは、最初のイングランド銀行創立の歴史に埋め込まれていた政府・国家が支配されている、その形が変わっていない限り、結末は何も変わらない、同じことの繰り返しになる。現在の資本主義を歪めている者にはユダヤ人以外のヤマト国産も居るから複雑成りです(笑)。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存