ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

成長の限界は経済だけではない ( No.331 )
日時: 2017/07/07 17:04
名前: イントィッション ID:OuJuHgmc

日時: 2013/01/19 08:51:22名前: 満天下有人

アルジェリアで日本人が人質にされてしまった。天然資源掘削技術を持つ日揮社の従業員とのことだ。

目下は救出に向けた報道ばかりで、事件の背景や、天然ガス掘削に日本の企業が何でまたアフリカまで出向かねばならなかったのか、しかも正常不安な遠いイスラム圏にまで出向いた背景などがよく分からない。現地勤務経験者の言によれば、熱砂の地で政情不安もあって軟禁に近い状態で仕事をせねばならない過酷さは言葉で言い表せないくらいのものだと言う。そこまでせねば我が国は天然資源を確保できないものなのか。

断片的なニュースでは、掘削企業そのものは日本でなく、英国とノルウエイの合弁企業らしいから、日本企業は掘削技術だけを提供したのか・・・

あの地域のことで記憶に残っているのは、中国で胡錦濤体制がスタートした時、急成長を遂げる中国にとっては、アフリカの天然資源確保が必須事項であり、長年に亘ってユダヤ系資本が独占していた資源市場に食い込むために、胡錦濤や温家宝が政権発足直後からアフリカ歴訪を繰り返し、北京ではアフリカ会議まで開催していたことだ。我が国も米国がリビアへの経済制裁解除もあって遅れてはならじと、帝国石油、アラビア石油などが北アフリカ開発に参入し、日章旗が翻ったと当時のマスコミが囃していた。

特にアルジェリアは、天然ガスの宝庫で、輸出量は世界第三位の地位を占めている。しかし当時、福田内閣が主催した洞爺湖サミットではアフリカ代表が、アフリカ開発の声だけが大きく、現実にアフリカ貧困対策は何もなされていない、これでは暴動が止まらないと不満が表明されていた。ナイジェリアでは原油泥棒が頻発し、爆発が起こって手足を失くした現地人が後を絶たなかった。

今回の人質事件でイスラム過激派は何を求めたのか、ニュースでは現政府から国を奪い取ると声明しているから、日本人だけを狙った小さなテロではなく、大掛かりな政治的なものであろう。現在の世界どの国に関しても、共存の見地から資源開発をやれと言ったとこいろで、女学生の作文みたいで、現実には成長の限界も何のその、資源の奪い合いが本音であり、我が国政府も「人道的」見地からしかものを言わず、その背景にある貧困の格差問題から資源問題を考えることなど、期待する方がムリというものだろう。

仮に日揮社及びそのグループが、技術提供が引いてはアフリカのお役に立つのだと言っても、問題の根は深く、世界は技術だけで存続できる限界に近づいている。

ブッシュ大統領が「20年前に成長の限界を言う者がいるが、今日われわれは成長が変化をもたらすことを知っている」、それは技術と市場のおかげであるみたいなことを言っていたが、政治の世界では口が裂けても限界などと言うことは言えない。経済の成長こそがあらゆる問題を解決できると信じて止まない。

そこには戦争がある。前項でユダヤ人資本が常に戦争をテコに巨財支配力を培って来たと書いたが、人々を殺傷し資源を吸い取ってしまわないと生産的な経済を維持できないのか、技術と市場なるものは果たして争いを停止できる機能を持っているのか、話は逆のように思えてしょうがない。それは逆に自然と人を支配する錯覚を強めているだけのような気がしてならない。

中国は北アフリカ資源開発確保に人民解放軍を派遣してガードを固めているとも聞く。我が国でも安倍内閣なら、自衛隊派遣ムードが強くなることであろう。そのことが成長の限界を乗り越えるカギとして最上のものになるのだろうか?現象だけを捉えてその背後にある何かを掴まない限り、逆に限界を早めることになりはしないのか。成長の限界は経済だけでは無いことに気がつかない限り。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存