ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

格差に怒るアラブ民兵組織の春 ( No.334 )
日時: 2017/07/07 17:22
名前: イントィッション ID:OuJuHgmc

日時: 2013/01/22 12:06:31名前: 満天下有人

・・・日揮社員10名(内外人社員3名)の死亡が確認されたようだ。まだ不明の社員も居られる。アルジェリア政府による問答無用の即時攻撃の為に、現場破壊状況が激しくて、死体も身元確認が出来ない状況の様子。

我が政府は今後、北アフリカにおける日本企業防衛の為に、防衛官の配置の検討を始めたようだが、むしろ現地情報ではそれなら日揮社の方がはるかに進んでおり、それでさえも情報が取れなかった程らしい、つまりプラント現場の従業員などが過激派に情報を流しても、こちら側は情報を入手できない状況の様子。

英国危機管理会社によると、今回アルジェリア政府が英米に何も言わずに即、攻撃の擧に出たのは、モタモタしていると情報が流れてしまう危険があったこと、及び伝統的にアルジェリアは、他国に協力を求めることを嫌うらしい、その傾向は特に、対テロ攻撃に熱心であったリビアのカダフイと仲直りをしたアメリカが、目的を達したら今度はカダフイ失脚に態度を変えたことが、隣国アルジェリア政府の不信感を強め、やる時は単独で過激派殲滅の行動に出ると決めていたと言う。

北アフリカの過激派は、イラクやアフガンでの個人による自爆テロではなく、組織立った戦闘テロが特徴であるとか・・・その武力はNATOがリビアに軍事介入して反カダフイ勢力に近代兵器を大量に供給、それを過激派が温存して来たから、その武力はかなりのものになっている。

そう言えば、ブッシュが911の後にカダフイを反アルカイーダの全面に立て、ゴールドマンサックスがカダフイに、武器購入の資金として儲けさせてあげるから、投資運用を任せろとして13億ドルを拠出させ、その98%も損させたものだから怒ったカダフイがゴールドマン役員を殺してやると喚き、リビア空国に向かうゴールドマン役員たちはCIAに護衛される有り様だった。アメリカは再び敵対したカダフイ資産370億ドルを敵性資産として凍結したまである。

テロは民衆の敵であると簡単に言うけど、過激派は色んな不信感の積み重ねによって逆に民衆に浸透し、民衆は過度の格差貧困から過激派に色んな情報を提供する、ベトナム戦争の時のように地下に潜るゲリラ作戦を取られると、正規軍が正面から攻撃しても徒労に終わることが多いだろう。

我が国が防衛官を配置するくらいでは、クソの役にも立たない。自衛隊を派遣したところでアルジェリアは政府からして自らが始末をつける、外国には事前情報は出さないという、ある意味、プライド高い急襲軍事作戦を取るから、自衛隊も死者ばかり出て役に立たないだろう。外務省が外交によって仲良くするだけでは子供の発想にしか過ぎない。現在のアルジェリア大使は川田何某らしいが、東京都に出向して儀典長を務めていたらしい。儀典とは外国要人の接待スケジュールを組むのが仕事。遺族には不遜な言い方になるが、こなせるのは葬儀くらいものであろう。

はて、さような歴史の怨念も堆積されている危険この上ない北アフリカの天然ガスが無いと我が国はやって行けないのか、中東のカタールからはいくらかの天然ガスの輸入はあるけど、アルジェリアからは輸入0である。同国の輸出先はスペインと英米だけである。

環境に良い天然ガスへのシフトは結構なことではあるが、マレーシア、インドネシア、サハリンプロジェクトで開発したものでは、間に合わないのか、次稿で数字を眺めて見よう。

そして何よりも、一次天然資源への依存率を削減して行くことに知恵を絞るべきなのに、我が国はほんとに真剣に考えているのだろうか・・・軍事護衛に絞る知恵の前に、絞るべき知恵の方向がある筈ではないのか、多数の死者を出したこの機会に。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存