ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

これからどうなる、金(きん)と紙幣通貨の話・・・@ ( No.34 )
日時: 2017/06/22 16:41
名前: イントィッション ID:Uas4uaMc

日時: 2011/10/12 00:13名前: 満天下有人

・・・ドル脆弱化を見越して暴騰して来た金・・・金は野蛮な金属であると言ったのはケインズ卿であったと記憶するが、01年から着実に上昇し始めた金価格にロスチャイルドの末裔たちが関与しているのであろうか・・・地球人口68億人といえど、ドル紙幣に対抗して金価格操作を誰かが始めたのか、何かが計画されているのか、実態を知る者はほんの一握りであろう・・・そして金価格上昇の背景にあるのが、紙切れ通貨によって歪められて来た世界経済構造の再革命を意味しているのか、それも分からない・・・金を野蛮な金属と忌避するドル紙幣派との単なる通貨覇権を求める同士の硝煙無き戦争の勃発なのか・・・

嗅覚が鋭い者たちが、いずれドルは行き詰る、さすれば金だという動きに転じただけなのであろうか、しかし01年に$260/1トロイオンスであったものが、小さな上下を繰り返しながらも、10年間一貫して右肩上がりの上昇を続け$2000に近い所まで上昇し続けて来た背景は、単に市中の嗅覚だけでなく、何か大きな通貨戦略でも無い限り、考えにくい・・・

・・・カール・マルクスが150年前に、この世の成り合いは経済という下部構造の上に乗っていると言い(今で言うフアンダメンタルズの更にその下のフアンアダメンタルズ)、その下部構造は貨幣・通貨に左右されるとの、経済運動を社会科学として分析した・・・

・・・彼は資本論・貨幣なる一節で金にも触れていたが、些か強引に金価値を労働価値論に当てはめていた、そこでは人間が、何かに憧憬する形而上的感覚についての考察が足りないという印象なのだが、ものの価値に対する人間の憧憬の側面からの金に対する価値観が抜けている・・・

・・・古来、人間の金に対する憧憬は、権力の象徴としても使われて来た・・・権力を誇示する手段として、王や権力者は何故か金張りの建物を造りたがる・・・ルーマニアで民衆に処刑されたチャウシェスクも、お風呂は蛇口も含めて総金張りであった(笑)・・・

・・・量が少なく且つ、輝きを持つ金に、最終的価値を置いて来たというのが、交換手段としての金貨であった・・・だが、経済のパイが拡大するにつれて、量的に限度がある(限度があるが故に価値ある金ということになるのだろうが)、
、そこで金に交換して欲しい場合は、金に換えてあげますよという、金本位兌換紙幣が使われ始めた・・・

ドル覇権が衰え、それと関連しつつユーロ危機が目の前に現れ、この現象の解決を国債による通貨発行という伝統的手法によって解決するだけで、次の新たな世界構築が可能なのか、今年になって噴き出して来た伝統的構造の矛盾を、根本的に解決できるかが問われているのに・・・どう変わるかは正に一握りの覇権者たちで決められ、その結果が未来の世界をどう変えることになったかは、後年の歴史家が評価することだ・・・しかし21世紀とは正に人類の岐路になったと、後年の歴史家は言うかも知れない・・・

・・・今日の金融システム、紙幣を国債によって債務化した原型は、1694年の英イングランド銀行設立から始まる、ユダヤ人とともにオランダからイングランドに来たウイリアム三世が、英仏戦争=別名大同盟戦争によって財政的苦境に立たされ、王権の維持に苦慮していたのを見たアシュケナージユダヤ人たち、金利0.8%で120万ポンドの金貨幣を提供するから、交換条件としてそれと同額の銀行券を発行するように求め、条件を飲んだウイリアム三世はイングランド銀行設立を認可した・・・
国債市場も整備され、斯くして金融家たちは120万ポンドを債権に変え、別に120万ポンドの銀行券を市中に発行することとなる・・・つまりイングランド銀行は、政府の銀行及び発券銀行という二重の機能を持つことになる・・・

・・・元手が金120万ポンドであったから、紙幣も当然、金兌換紙幣である・・・金に対する憧憬とも言える心情が、これによって満足され、信用紙幣の地位を得て流通されて行く・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存