ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

文明の衝突なのか、資本主義への闘争なのか(2) ( No.340 )
日時: 2017/07/08 14:39
名前: イントィッション ID:IcNtRvM.

日時: 2013/02/01 07:26:20名前: 満天下有人

梅棹氏は、東南アジアからパキスタンを探検し、生活文化に触れて見て、ここは東洋文化圏とは違うことを肌で感じた後、そもそも西洋、東洋なる文明圏の仕分け方は間違っている、西洋東洋では分類出来ない中間の文化圏があるとして「中洋」なる地域を新たに設定して仮説を立てる試みをされた。

特にインドを中心にして見た場合、インドは東洋と言うよりイスラム文化圏の影響を大きく受けている。中国も東洋だとしても、西ヨーロッパの侵略を受けて尚、すぐには資本主義的高度文化国にはならなかった。インド然りである。

この西洋と東洋とも違う「中洋」に加わる諸国を第二地域文化圏と分類された訳だ。勿論、生活文化は第二地域の中でもそれぞれ違う側面を持っている。この第二地域圏には、ロシア、中国、インド、東南アジア、イスラム圏が入り、簡単に分類するなら、下記の第一地域圏以外の文化圏ということにされている。

これに対し、西ヨーロッパと日本は第一地域として分類されている。何を基準にされているかと言うと、似たような諸侯領主による封建社会時代があって、そこから一気に近代資本主義社会に転換した、並行して帝国主義をとったことも良く似ている。勿論ここにも生活文化の違いはある。違いを捨象すると基準は、いち早く近代資本主義体制を取ったということになる。これは私の勝手な見立ですが近代資本主義は莫大な第一次天然エネルギーを消費する、だが手持ち埋蔵量は第二地域の方が圧倒的に多い。資本主義VS共産主義という、政治体制的なものでもない、現に冷戦が終わっても争いは絶えていない。

いち早く近代資本主義体制を取った、故に西ヨーロッパと日本は似ていることになるのだが、それは当然の帰結であろう。維新以前に封建主義体制であったことはそうとして、そこからの転換、つまり近代資本主義は西ヨーロッパのものをそのまま持ち込んだのだから・・・安倍政権がNATOの一員であるかの如く西ヨーロッパVS他の文化圏との紛争にのめり込んで行く姿は、無意識のうちに維新の時代へのノスタルジアが目を覚ましたのだろうか。日本近代化は西ヨーロッパに教えてもらった、似ていて当然だと。

文明文化の違いから、将来の文明圏を論じた歴史学者としては、「歴史の研究」を著したアーノルド・J・トインビーと、「文明の衝突」を著したサミュエル・ハンチントンが居る。(註:産業革命なる用語を経済学に導入した経済学者のトインビーは、J・トインビーの叔父)。

J・トインビーは、インダス文明やエジプト、マヤ文明、ギリシャ、ローマ文明など、文明を歴史的に年代別に分類しているが、歴史学者がそれぞれに文明を位置つけているそのこと自体はどうでも良い、問題は、それぞれの文明がどのように関わり合い、そのことが人間生活にどのように影響し、その影響がこれからの人類生存にどのような展望を持っているのか、問題はむしろそこにあるのではないか・・・J・トインビーの展望としては、文明の発生が自然、人間環境と指導的人物との相関関係によって生まれ、新しい事態に対処出来なくなると往々にして指導者が保身に走ってしまい、大衆の反感を買って衰退、滅亡する。

確かに現代においても、その定式化された変化の兆しは当てはまると思う。それは何によってそうなるのか、古代文明の時代から、その文明がどのように周辺民族に影響して来たのか、どの文明を見てもある文明圏が他の民族を圧迫し、その紛争がある時期の文明の衰退をもたらして来ている。文明が文明を破壊すると言うより、むしろ生活感覚、それはその地域の自然や社会環境によって長年に亘って出来上がって来たもので、それが他のある生活文化が押し寄せて侵してしまい、そのことに反発する大衆の存在が大きな影響力を持って来たように見える。

その生活文化のぶつかり合いとは、別に纏う衣服の違いとかそういう物ではなく、宗教も含む社会制度上の違和感であろうか、今風に言うなら西ヨーロッパに発生した資本主義なるものがそれぞれの地域、民族の生活文化に違和感をもたらし、そのことが現代文明に対する反発となり、現代文明に対する共通の行き詰まりとなって現れているのではないか・・・その根底にある要因は、過去と同じように制度としての生活文化が侵され始めていることにあるのではなかろうか・・・その点で言えばJ・トインビーが言う文明なるのものは、大衆の反抗によって衰退、崩壊するとの定式は頷ける。

・・・話を梅棹氏の文明の分類、第一地域と第二地域に戻して考えて見るに、日本と西ヨーロッパは第一地域としてよく似ているとの分析は、資本主義による高度な生活文化を享受している点で似ているのかも知れないが、その制度上の生活文化そのものが持っている衰退に向かわせる矛盾を、どの程度感じているのか、その度合いは西ヨーロッパも日本も同じなのか、我が国はその度合いを知った上でテロに立ち向かおうとしているのか、その角度から物見して見るに、どうも本質が違う似ていない要因があるやに思える。昨日ニュースで知ったフランスのマリ攻撃に110億円の拠出、これは欧米諸国によるマリ支援国会合で総額4億5500万ドル約415億円の一環として拠出されるもののようだが、米国87億円、EU60億円、中国は1億円で我が国がダントツである。中国など胡錦濤体制以来あの地域での天然資源利権はかなり確保しているのに、僅か1億円の拠出である。我が国は第一地域圏として西ヨーロッパの一員だからなのか(笑)。

ハーバード戦略研究所所長のハンチントンが、1996年の著書・文明の衝突で西洋文明とイスラム及び儒教コネクションはいずれ必ず衝突すると予言していたが、成程、ここで中国が仮にトップで拠出するとなると、衝突しないことになり、話がおかしくなるからなのか(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存