ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

文明の衝突なのか、資本主義への闘争なのか(4) ( No.343 )
日時: 2017/07/08 15:00
名前: イントィッション ID:IcNtRvM.

日時: 2013/02/04 16:27:07名前: 満天下有人

先週たまたまGyaoの「トロイの秘法を追え」なる映画が配信されていたので見てみた。、筋書は古代ギリシャの詩人ホメロスが叙事詩イリアス=現在のトルコ北部地方トロイで、紀元前1200年に大規模なトロイ戦争があったとする叙事詩に描かれた内容は神話ではない、トロイは現実に存在したと信じたドイツ人・シュリーマンによる遺跡発掘を描いたものであった。

発掘の筋はほぼ史家の定説となっているシュリーマンの発掘の軌跡に一致していて、面白かった。この史実は誰もが「トロイの木馬」、ギリシャ軍の奸計によって勝利した故事で知る所だ。その奸計の成功は、トロイ城内に内通者が居て、ギリシャ兵が隠れている木馬を引き入れたからとされている。現代ではインターネット侵略ウイルスの一つに、トロイの木馬と呼ばれるものもある。

イントちゃんが言う所の民主党7人衆は、野党になるとまともな事を言うのも、一種のトロイの木馬でしょう。トロイ城を政権に例えれば、神のご宣託によって木馬を場内に入れない限り政権は取れない、恭しい公約神託によって政権城に入ったが、中に内通者が居てアメリカ神のご神託になびき、鳩山、小沢を排除しないと城の維持が出来ない、そこでアメリカ神に結託して内通したのが、この7人衆・・・そんなことまで連想しました(笑)。いや連想でもなく、ウイキリークスが米キャンベル国務次官補と韓国金外交通商大臣との間の会談内容をホワイトハウスに伝えた公文電を暴露、言わば誰を使った方が御し易いか、菅直人と岡田をスパイもどきに米国が使う、と・・・自民党よりこいつらの方が使いやすい(笑)。

使われる奴も先見も無くバカとしか言いようも無いけど、しかし何故アメリカはそこまでやろうとするのか、ハーバード戦略研究所長・ハンチントンが文明の衝突が起こるという論文を外交専門誌フオーリンアフエアーズに公表したのは、遠い昔のことではなく、1993年のことだ。
何と何が衝突するかと言うと、西洋文明とイスラム、そして儒教文明であると。

アメリカも一方の当事者であるなら、そのアメリカが当事者として衝突するアメリカに、どんな文明があるのだろう・・・アメリカ文化のようなものは感じるのだが、それはドル通貨による世界の席捲しかない。それを守るために正義、自由なる用語を常に前面に掲げるのもこの文化の特徴だ。席捲するためにこれまた常に鼓舞用語として掲げられるのが「勇気」である。勇気を裏付けるものが軍事力であり、それを忌避しようとすると次は「臆病者」のレッテル貼りが盛んになる。

この文脈を推し進めて行くとハンチントンの文明の衝突とは、他の文明侵入によって、つけ込まれないように西洋は、政治、経済、軍事で結束を固めるべきである、それだけであって、衝突が何故起こるのかという本質にまで頭が届かないという文明に過ぎなくなる。ドル覇権維持の側面から考えて見ると、要するにオカネの為のオカネ文明論ということになる。

この論理では、文明の衝突なるものは、文明の「崩壊」に突き進んでしまうことだろう。環境維持も共存もヘッタクレも無くなってしまう。冒頭のトロイ戦争にしても、財宝の奪い合いが衝突の原因のように見えるのだが、ギリシャが何故バルカン半島の北部に攻め入ったか、ギリシャ神話の神のご宣託による面が強調されていて良く分からないのだが、ある分析家の短い文章によると、農耕で増えた人口のはけ口を他所に求めたという箇所が、とても気になった。

文明も食えなくなると崩壊して行く。メソポタミア文明が滅びたのも発達した都市化によって農地が塩害化し、食料不足が原因で衰退に向かい、やがて滅亡してしまう。その後には強大なイスラム帝国も勃興するのだが、やはり侵略によってしか必要な資源が確保されていない。あれこれの衝突を探って行くと文明の衝突とは古来、ある文明圏の拡大の過程で起こる摩擦である。自分の所の権益や生命財産が侵害されたとして派兵による戦争として現れている。しかし「目には目を、歯には歯を」によって、文明が進化した試しがあったかな?。

NATOを通じテロ対峙にのめり込んで行く安倍政権と日本、対テロ撲滅の為の巨額拠出が自衛隊派兵の道ならしであるなら、国家対国家の紛争でも無い国家対個人戦のようなテロゲリラ戦に自らのめり込むことにならないか・・・日揮事件は実に不幸なことではあるにせよ、第一地域と第二地域での紛争の背後に横たわって来た要因を事前によく検証した上での事であったのか、その認識の軽重が、我が国のこれからの生き様に大きく影響して来る予感がする。文明の衝突の本質が、文明の崩壊を内包している以上、我が国も一緒になって崩壊の道を辿らないとは言い切れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存