ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

これからどうなる、金(きん)と紙幣通貨の話・・・A ( No.35 )
日時: 2017/06/22 16:48
名前: イントィッション ID:Uas4uaMc

日時: 2011/10/12 08:16名前: 満天下有人 ID:pzxUmWqg

・・・昨日、17兆2千億円も膨れ上がっている○座勘定、しかし○○銀行券は3兆5千億円しか増えていない・・・見合いの貸出金は20兆3千億円増加しているのだから、○○銀行券も同額増えていないと辻褄が合わない・・・常に我が国は米債との関係でキナ臭い匂いを漂わせているから(笑)、○○銀へ久しぶりに質問して見た・・・

・・・少し歯切れの悪い回答ではあったが、それよりいつもと違って、少し慌ただしい雰囲気を感じた・・・破綻期限が目の前に迫ったユーロ圏から、何か緊急の要請でもあったのであろうか・・・

・・・話が金との関連から離れて少し横道に入るが、国債発行による通貨供給、その原点は欧州イングランド銀行が創ったものなのに、EU共同体になって、ギリシャ救済の為の同国国債をECBが引受けるこがドイツの抵抗があってなかなか決断出来ない・・・銀行券発行権と国債発行権を同時に握ったイングランド銀行モデル、1720年に大量の国債を民間の怪しげな企業に引受させて国家破綻の一歩手前まで追い込まれた有名な南海泡沫事にちなんで、まさかその教訓によってECBが逡巡しているとは思わないにしても、銀行券発行当局と政治は分離しておかないと、とんでもないことになるという教訓が、今日の発券銀行の独立性なる概念を作って来たと思われる・・・

・・・今日のイングランド銀行も、金融サービス機構や金融政策委員会によって監視監督されることになっている・・・ちなみに我が国では、日銀の金融政策、通貨供給政策に対する批判も少なくないのだが、政府紙幣である硬貨だけでなく元々通貨発行権は政府に所属している・・・昭和63年施行の改正銀行券発行法によって明治30年に制定された貨幣法は廃止されたが、改正法第4条でも、(1)貨幣の製造及び発行の権限は、政府に属する。(2)財務大臣は、貨幣の製造に関する事務を、独立行政法人造幣局に行わせる。(3)貨幣の発行は、財務大臣の定める所により、日本銀行に製造済の貨幣を交付することにより行う。・・・

・・・政府がかくの如き権限を持っているのだから、中央銀行とタッグを組んでいくらでも紙幣を供給すれば良いと思われるのだが、歴史的にイングランド銀行による南海会社や、植民地ミシシッピ会社への国債発行による失敗、あるいは高橋財政による失敗、臨時的なものであったにせよ、それも教訓として財政法第5条、日銀法第34条によって中央銀行による国債の直接引受けを禁止している・・・南海会社やミシシッピ会社は民間であり、中央銀行による直接引受ではなっかたのではないかとの疑問については、イングランド銀行は国債発行権も実質上握っていたから、という答えで良いだろう・・・

・・・我が国における目下の大原則、国債の市中消化原則は、別の意味で、国債の大量発行に関する市中反応も見ようと言う側面もあろうか・・・04年に、国債市場特別参加者(プライマリーデイラー)25社が、プライマリーデイーラーは発行額の3%以上を引受ねばならないとする義務付に反して、応札がなかった・・・当時の谷垣財務大臣と福井日銀総裁が態々会合に参加して、頭を下げることもあった・・・

・・・冒頭に○銀との対話から、何か慌ただしさを感じた、ということから話が横に入ってしまったが、ECBがそう簡単にギリシャ国債を引受られないことは、1993年のマーストリヒ条約、ECB銀行法=EU加盟条件として、当該国による中央銀行への国債ベースでの与信禁止条項が足かせになっているからであろう・・・

これを即時撤廃することは、現実問題として時間が足りない・・・ユーロ統一通貨の言論にまで議論を戻さねばならなくなり、新たな通貨制度をどうするか、そこから見直すことになると、数年を要する・・・急ぐならいっそのことギリシャを破綻させた方がすっきりするのではないか・・・寡頭金融勢力は既にCDSヘッジで利益を上げているだろうから、どうと言うこともなかろう・・・

・・・一昨日NYダウは、メルケル首相とサルコジ大統領の会談をきっかけに$300も値を戻していた・・・日経平均は戻したものの勢いはなかった・・・中央銀行の慌ただしい雰囲気に何かがあり、市場はその匂いを嗅いで楽観していない空気を感じる・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存