ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

やはり他の生物圏と区別される人間圏の「人間の限界」がそうせしめた。 ( No.354 )
日時: 2017/07/08 16:22
名前: イントィッション ID:IcNtRvM.

日時: 2013/02/20 10:15:18名前: 満天下有人

おや?ローマクラブ提言に関する投稿NO.113を見過ごしていました、アップされる先に民主党ダジャレ(笑)が目に入ってしまいました。

文明の崩壊が、単に環境異変によるものだけだったのか、それに人間どもが気がつかなった事もおおきな要因であったのではないか、ということで、まだほんの一部ですが過去の崩壊の歴史から入って見ますと、やはり人間が創り出した文明を、人間が崩壊せしめた、それは環境も含めてのことであった印象が強く、やはり他の生物圏と区別される人間圏の「人間の限界」がそうせしめた。

テーマを「人間の限界」とすれば話はスムーズになるところ、どうも産業革命以降、経済「成長」万能の風潮が地球を覆ってしまい、人間能力の限界を経済成長によって打破しようとしたのに、その経済成長が人間の成長の限界にもなっている、と言うことで両方を合わせて「人間成長の限界」なる合成テーマにしてしまいました。

貼り付け資料の1972年・ローマクラブの提言は、Introductionにも書かれているように、ローマクラブが米マサセッチュ工科大学・MITのデニスメドウズ(米環境学者)に、このままで行くと地球はどうなるかの研究を委託、メドウズが米、独、インド、ノルウエー、イラン、トルコの研究学者を集めてPTを編成しローマクラブに提言したもので、ローマクラブのオリジナルではありません。しかし世界30カ国語に翻訳され、ベストセラーとなり、各大学の教科書として採用されているようです。

更にその後の状況変化も検証し、2015年に更なる見通し提言をするようで、どのような結論付けが出るのか楽しみですが、まだ先のことになります。

橋立さん指摘の通り、先ずは経済成長に伴う環境破壊が及ぼすことから、人口、食料問題検証を始めています。メドウズはその段階で0成長を提言しており、これは環境破壊からの視点だけでは無く、世界の指導者は過去、現状から学ぶ習慣を放棄してしまった、だが有権者は未だに指導者たちが全ての答えを持っていると言う共同幻想を抱いている、文化、制度、技術面で、根本的な先手を打たない限り、行く先の答えは明らかだと暗示しています。でもローマクラブはその性格上、そのことには触れていないことでしょう。

これからも引用する積りですが、ジャレド・ダイヤモンド氏の文明の崩壊の検証にも繋がって来ます。

私が注目するのは、「有権者たちが、指導者が答えを持っている」との共同幻想がある限り、答えは明白だとの警告です。そこに人間としての経済とは別の意味での「成長の限界」を感じるのです。であるからには「人間成長の限界」と捉えたことも、あながち的はずれでもないかと(笑)。

・・・人間の脳というものは、どうしても外部要因のイメージを自己の頭の中で、内部的に創り上げてしまうもののようです。古典哲学が「個人個人」の認識に集中して来たのも、人間が個々に脳内で創り上げるイメージのプロセスを軸にしたから、認識論なるものが哲学になってしまったやに見えます。個々が認識するある種の幻想が集団化すると共同幻想が生まれるのではないか、メドウズ氏が言う所の、有権者は指導者がすべての答えを持っていると思うのも、ある種の共同幻想の類に入るのではないか・・・宗教などもその典型ではないでしょうか。

・・・個人の内からイメージするだけでなく逆に、外から内を眺めて見ることが出来ないなら、正にそれが人間の限界でもあり、行く末は自ずと見えて来ることでしょう。主観の合成が客観だとしても、それはあくまで主観の集合だけのことで、困難なことではありますが、己を離れて外部から眺めて見る、全員が一度、月なら月へ行って、外から地球を眺めることが出来るなら、話は簡単なのでしょうけど(笑)。

・・・人間の限界を示唆する事象は過去も現在も無数にある。あるのに当事者意識が無い、そのことが人間の限界を表明しているように見えます。限界現象が無数にある以上、宗教がテーマになれば、そことも関わって来ますし、金融資本然り、昨今の安倍ノミクスも然りで、それに触れると行きつ戻りつにどうしてもなってしまいます。

<人間成長の限界」と言う意味を、今後の人類の課題とする見方と、現代社会自体を「人間成長の限界」故とする見方があると思います。>

両方関連し合っていると思います。限界は現代社会現象だけのものではなく、過去の文明の崩壊から存在して来た訳で、ならば現代のそれをどう突破できるのか、資源と経済成長に限定された視点も含めて、そして内から外を見るのではなく、外から内を見る人間の当事者意識がどこまで広がるのか、今後の人類の課題はそこにかかって来ることですが、どうしても人間の限界を感じて悲観が先立って、しょうがありません(笑)。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存