ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

海外進出企業への課税・・・ ( No.36 )
日時: 2017/06/22 16:58
名前: イントィッション ID:Uas4uaMc

日時: 2011/10/13 19:01名前: 満天下有人 ID:FTMtjx6g

・・・おや、イントちゃん投稿NO352の、海外進出企業の利益は、祖国日本での税収に反映されるのかという質問にレスを忘れておりました・・・

・・・海外から利益を日本本社に送金すると、一般法人税率40%は課税されておりましたが、それでは損だから、海外現地法人でプールされておりました・・・通常、海外現地法人から利益を本国に送金する場合、利益全額でなく配当金名目で送金されます・・・その場合でも、進出先国家に税を払っておりますから、二重課税を避けるためにその分は控除され、残りについて40%課税ということでした・・・

それでも企業と言うものは、極力税は払いたくないから、本国本社には無配ということにすることも出来ます・・・そこで一昨年、経産省が国税に要望を出し、利益が本国に入らないと意味が無い、海外からの配当金は非課税となりました・・・

・・・でもねえ、国家的見地から言えば、利益の一部を配当金として送金するのですから、金額的には主力でもないし、まあ、雇用維持にはいくらか寄与するでしょうが、国としては非課税ですから税収にはなりません・・・

・・・本国本社が非課税で配当金を受け取れるということから、どんな悪だくみが出来るでしょうか・・・例えばこちらでしか生産できない部品などを海外現地法人に販売する場合、配当金そのもの、あるいは非課税分を安く売れることになります・・・1千万円のものを900万円で売り、現地法人がそれを1200万円で販売すれば、元々200万円の利益しかなかったものが、300万円の利益になり、100万円分が現地でリザーブ出来ることになりますね・・・

・・・それを防止するために日本国税は「移転価格税制」という法率で縛り、違反した場合は高率の追徴課税を受けます・・・

他国からの投資が欲しい国では、法人税を引き下げます・・・そこでこちらも税率を下げます・・・すると低い方へ低い方へ競争が始ります、労賃が安い国への進出と併せてこれを「底辺への競争」と言うのです・・・

・・・よくアメリカの多国籍企業が、海外で利益を隠します・・・どういう方法を取るかと言うと、A国に進出した企業は、更にB国、C国に仔会社を作ります・・・B、Cどちらの国が税率が安いかによって、本来B国へ販売するものをC国へ売って、そこで利益をリザーブし、そこからB国へ販売させるのです・・・これを専門用語で三国間取引=Off shore Buisinessと言います・・・そこで節税を行い、場合によっては利益を隠ぺいします・・・どこでも間違いなくやっているでしょう・・・何故か、おっちゃんもよくやりましたから・・・ガハハッ・・・

・・・グローバリゼイションなどと格好の良い言葉を使い、実態は大多国籍企業の繁栄にしか過ぎません・・・米倉経団連会長が、TPPに参加しないと日本は世界の孤児になるなどと喚いていますが、グローバリゼイションが始って別に孤児にもなっていないし、逆にその負の側面ばかりを受けて来ましたね・・・要するに加盟しないと自分たちが上記のようなうまみのある手法が取れなくなる・・・自分たちが虎児になることを恐れているのです・・・

・・・農業にしても、平均すれば日本だけが関税率高いわけでも無いのに・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存