ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

当代世間はクビ無しチキン、21世紀で世界は終わるのか?:今日はこのスレッドです。 ( No.361 )
日時: 2017/07/09 12:10
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

今日はこのスレッドです。全部で25投稿ほどあります。。。

日時: 2015/01/14 06:51 名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

「西暦2000年でまだ市場原理主義に振り回される?」

昨年からジャーナリズムの世界で資本主義の限界がまな板に上り始めていた。それが昨年末から年明けにかけて加速され出した感じがする。

気を付けねばならないのが、いずれそのシステムは限界に到達すると既に予測されていた、だがそのシステムが内包する構造の矛盾に触れるよりも、それ以上に世間の耳目を集めているテロ事件とか、国内で言うなれば、ガキ小僧のようなシンゾー政治に惑わされて、根本矛盾から物事を整理し直して見るという気風が、21世紀にもなって未だに芽も出ていない、この国だけの事ではなく、世界的にも何だかガキっぽくて、その現象が世界を魑魅魍魎な場にしてしまっているのかも知れない。

国内では政治権力の中枢が、ガキ小僧のようなイジメを始め、最たる例は翁長沖縄新県知事に対する信じられないようなイジメ、佐賀県知事選における自民党支持の候補者を、シンゾーの肉声録音テープを有権者電話に流す、丸でマンガ劇画を地で行くような政治がまかり通り、そして生活者に対しても増税に非正規労働の推進、社会保障の削減等々によって、イジメが強化され始めている。

この情景に目が奪われ、我が国だけがマンガ劇画が如き政治に振り回されているのかと思いきや、アメリカでは、北朝鮮の仕業だとされたソニーピクチヤアに対するハッカー攻撃が起り、どうも犯人は北ではないとの見方が浮上したり、フランスでは、アッラー侮辱のマンガを描いたとしてイスラム過激派による通信社での銃乱射事件があり、犯人はイスラム国の組織的テロ攻撃だ、との説が流れた後、どうもそうではなく、アルジエリア移住者が最も多いフランス独特の社会構造から発生した事件だとの見方が出たりで、もう内外に亘って、この世界、中心軸が何によって、そしてどの方向へ向かっているのか、訳が分からない魑魅魍魎の世界に転じてしまったようだ。

加えて金融債券市場の激しい動きがある。世界の株式、金融、資源市場の暴落が始まっている。一旦反発上昇するともう、昨日泣いたカラスがもう笑ったかの如き光景の繰り返しである。

最たるものが原油で、今週$50を割ってしまった。これまでなら原油価格の下落は、新たな生産に向けてプラス要因になり、OPECも減産で底値割れに対処しても経済の復調を待てばよかっただけなのだが、今回ばかりはOPECが何もしない所に、何か時代の、というか、これまでの世界構造の変化をウオッチしている気配が感じられる。少々の減産で価格維持など出来ない何かが動き始め、その様子を伺い始めた、そういうことであろう。

金融の世界しかりである。資本主義の終焉かと思わせるように、金融市場が不安定になって来ると最後の安全パイとされる国債に巨額余剰金が逃げ込む。世界を走り回っているオカネは世界のGDPが約5千兆円に対し約6京円と言われ、実際の貿易など実物経済に要する通貨は約1200兆円程度で足りる。金融債券市場が異変を起こせば国債に逃避し、結果的に金利が異常に下げて日米、いやEUでもマイナス金利状態になって来ている。この現象も一種の資本主義「的」生産構造の限界を示し始めたシグナルとも言えるのだが(金利の異常な下落=新たな投資先が無い)、世界はその現象の根本構造がいよいよ噴き出したから、との認識に未だに至っていない。

昨今の世界では資本主義の限界説、と言うより、是正策を唱えるフランス社会経済学者・トマ・ピケテイがベストセラーになっているらしいが、資本主義の構造問題に視点を当てたものではなく、格差是正を述べているに過ぎない。氏によれば資本主義では資本収益率が経済成長率を上回るので、常に格差が生じ、そのワニ口型の開きが大きくなってしまっている。簡単に言えば、全体成長率が低くても資本企業の儲け率があって、その配分が資本に大きければ格差が広がるという、当たり前の事を言ってるに過ぎない。そしてその是正は、資本と労働の配分率変更を通じてではなく、累進課税強化で国家を通じて社会保障などの是正に向かうべきだ、大まかにザックリ言えば、そういうことに過ぎない。

資本主義の逃げ場=金融資本が市場原理主義や新自由主義にかまけて、多国籍企業の横暴を許し、世界的に見た時その行動が世界規模で格差を産んでいる、そのことならむしろ170年も前に、資本主義は究極では貨幣が貨幣を求めて世界を徘徊する状態を必然的に招き、矛盾が露呈されると喝破したカール・マルクスの方が余程、先を見通していたと言える。現に世界は、正にその通りの現象に陥っているから。

その金融資本が多国籍企業のエンジン役となり、IMF、世銀とタイアップし、かれらの市場原理主義、新自由主義を現実に促進する世界貿易会議であるWTOを窓口に世界化、所謂グローバリゼイションを促進したものだから、それに対抗する国境、人種を越えた世界サイズでの反グローバリゼイション運動が(以下反グロと略)今世紀の初めから起こっていた。

グローバリゼイションの目的は今更言うまでもないことだが、要するに多国籍企業による利益の最大化であり、その為に基本的人権や社会保障を約束する国家をも下位組織としか見ず、だが世界に対しては規制緩和や民営化によって経済成長が促進され、貧富の差もなくなり貧困から脱出できるという余りにも見え透いた口実で世界を騙す、国家権力をも凌ぐ資本運動である。

これに対する國際的な反グロ運動は1999年にケルンサミットの際に、多国間投資協定に反対したデモ隊が世界から約4万人も集まってケルンの街を占拠。しかし尚、多国間投資協定を実現させようとした同年12月のG8シアトル閣僚会議に対し、あらゆる労働組合組織や、果てはアナーキズム集団までが参加して、大きな暴動となりG8会議を潰してしまったくらいだった。

世紀が21世紀に変わり、2001年1月にブラジル・ポルトアレグロ政府の支援もあって、反グロ運動は、世界社会フオーラムとして組織化されている。これは世界の政治家、有力資本によるダボス・世界経済フオーラムに対抗して発足されたものである。世界各地で社会フオーラムという形で「連帯経済」=金融資本の抑制の為に為替取引税・トーピング税を各国で導入させ、それを通じて世界労働者による連帯経済がGDPの10でも占めるようになれば、多国籍企業の活動を抑制することが可能とする行動を、世界各地で広げて行くという目的を持っている。

だがその後起った米9:11事件の影響もあってか、この反グロ運動は2005年の香港大デモ以降、音沙汰が無くなってしまった。一方でWTOが求めた農業分野での各国の補助金廃止も、ブッシュ政権下で逆に米農業に対する補助金増額で、WTO会議を主導してきたアメリカが、それを継続する意味が無くなってしまい、それがTPPに姿を変えてしまったから、反グロ運動も目標をどこに置くか、戸惑ってしまったのかも知れない。

当代世間騙し装置スレッドの投稿数が満杯に近づいたようなので、少し目を広げる意味も込めて、小泉内閣発足の頃に盛んにやった反グローバリゼイション運動を振り返りつつ、今こそ反グロ復活の時であることの認識を、再度復活する重要な時期に来ている小さいが覚醒の意味も込めてのスレッドとしてみたい。

でも手に余る要素分析を要する地球規模のこととなると、60歳代の頃はまだ複雑な要素を一本の糸に繋ぐ作業も、何とかやれたのだが、さすがに80歳台を目前にすると、情報を整理して見る能力が結構弱くなっている自分を発見、特に記憶力の衰えが障害になる、あれは何時の、どういう理論だったか、あの事件の遠因は何だったのか、それさえも咄嗟に思い出せない(笑)。しかも国際関係が通貨を挟んで複雑化しており、毎日の変化を追う労力にも自信が無い。

まあ大上段に振りかぶらない、日常の動きからおかしいな、と思うことを投稿する雑程度のことで、もう若い人たちの大きな理念に任せるべき歳になってしまった。若い人達、がんばっておくれやす。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存