ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

世界金融資本構造を倒せる者はいない。 ( No.365 )
日時: 2017/07/09 12:37
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

日時: 2015/01/12 11:25名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

TBSのJNN世論調査で、シンゾーの支持率が4.6ポイント上がって56.9、不支持率は逆に5.6ポイントも下がって41.3。

こんな数字を聞いていると、反グロ運動の消滅の原因を探っても、意味がない気分に襲われてしまう。前稿で電力オートメ化の世界的多国籍企業であるABB社の元社長のグローバイゼイションに対する姿勢の本音、我々が行きたい場所の労働条件他の規制を撤廃してくれる事、それがグローバリ化であるとの言葉、シンゾーは非正規労働促進に残業手当0などによって、正にその方向で国内を動かし、そして民衆はそれを更に支持する。

これではグローバイリゼイションの変形となったTPPをも、日本国民は歓迎し、多国籍企業の合法的日本乱入をも認めるということだ。ヤマトンチュウはどうして、何故、そんな社会を求めるのだろうか?・・・ユダ菌が好きでたまらないのだね(笑)。

多角的貿易交渉WTOをTPPに衣を変えたユダ菌たちの戦略、その元祖であるガットをクリントン大統領に命じてWTOに変えさせたフランスユダヤで世界的金融資本のラザール・フレール(フレールは仏語で兄弟の意味・誰と血肉を分けた兄弟でありたいか、もう自明の理であろう)のトップであるフエリックス・ロハテイン、NY財政破綻も救ってやったほどの実力者が、どうしてWTOを通じてグローバリゼイションを推進したいのか、グローバリズムは多国籍企業による世界の支配なのだから、そのメカニズムを理解しておかないと、単に複数の多国籍企業利益を代弁するG8などの会合を叩くだけでは、何の効果も無い。

反グロ運動の限界もそこにあったのだろう。その複合化された巨大な構造をある程度理解するには、それぞれの多国籍企業の生い立ちと、そして今尚その力は依然として主要先進国を支配している事をを知っておかねばならない、シンゾーなどは赤子の手をひねられるくらい、簡単に手名づけられており、国民など何も分からずに支持率を高めている。ペルリー以降、維新後の日露戦争が彼らに支配される第二の敗戦であり、太平洋敗戦は第三の敗戦とも言える。

その意味で過去ずっとロスチャイルドを手始めにモルガン財閥、それを喰ったロックフエラー、その末裔であるゴールドマンサックス、果てはロスチャイルドによって支援されて来たカーギル、ブンゲ、コンテイネンタルなどの基幹食糧メジャー、更には原子力のウラン鉱を初めとする鉱山の支配、そして彼らと一体となって金融を政策的にバックアップしてきた英イングランド銀行、米FRB、フランス中央銀行の歴史などを辿って来た。バックアップしたと言うより彼らが金融の中央支配構造を創って来た、という方が正確だろう。

その支配構造の重要箇所を占めるのが、このラザール・フレールなのだ。ロスチャイルドやロックフエラーほどに叩かれていないのは、彼らが実にスマートに先進国首脳に食い込んでいるからだろう、例えばNY財政破綻を救済してやるとか・・・WASPの巨大財閥モルガンも、世界恐慌の時には米財政を救っていたが、せっかくのロスチャイルドとの提携もFRB創設を通じてデビッドロックフエラーに食われてしまった。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存