ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

これからどうなる、金(きん)と通貨と紙幣の話C ( No.37 )
日時: 2017/06/22 17:06
名前: イントィッション ID:Uas4uaMc

日時: 2011/10/14(Fri) 12:59名前: 満天下有人

・・・反米と言っても、相手は人種のルツボであり、各人種による思想団体が数多くあり、それぞれに思想が違う・・・我々が反米という場合、それはアメリカ政府に対するものなのか、あるいはロックフエラーとかゴールドマンサックスとかの大金融資本に対する批判なのか、それを全部含めたアメリカ政府に対するものだという場合、その政府のバックボーンとなっているどの思想集団に対する批判なのか・・・

・・・さような角度から、アメリカにおける思想の系譜を、大きな流れに絞って簡単ではないのだが、簡単に纏めてみた・・・

下記の思想集団が政治を左右して来た、そのどれにも属しないと言うか、中間帯に位置されるリバータリズム(自己権利侵害を排除,同時に他人にも干渉しない)のロン・ポールが仮に次期大統領になったとしても、他国不干渉のモンロー主義が米外交の基本となった1823年当時とは、世界関係が根本的に違う現代において、ただ籠りきりになるだけで危機を回避できるのか、難問が多い・・・ただし、アメリカがやり過ぎたことが現状をもたらした、少し大人しくしてくれればと言う意味でリバータリズも消極的効果はあるだろう・・・その分、他がしっかりすることも求められている責任がある訳で、その意味では口先だけで何も自国固有の主張やデザインが無い日本など、論外である・・・

○自由主義:アダムスミスに始る古典的自由主義、自由放任しておけば経済関係は自然に調和すると言う本来の市場主義・・・だがその後、イングランド銀行が恣意的に貨幣を操作することに始まった、非自然市場主義の到来を予測していなかった・・・

○新自由主義:自由主義思想経済では、そこから生じる個々人の自由な流動性選好が、貨幣操作を越えて尚、貨幣退蔵の現象をもたらす・・・それは恐慌にも繋がる、そこで政府の公共政策によって、一方に傾いた現象を解きほぐす必要がある・・・所謂ケインズ主義が発生し、政府は社会保障サポートも含めた重要な役割を担はなければならない・・・所謂大きな政府論である・・・伝統的自由放任主義との対比において「新」自由主義と呼ばれる・・・それが現在の新自由主義と混同されてしまっている・・・

○ネオ自由主義=ネオ・リベラリズム:これが昨今批判の対象となって来た新自由主義と呼ばれるものである・・・同じ新自由主義と呼ばれても、本質は全く違う・・・本来の新自由主義が大きな政府を目指すのと正反対に、政府による社会保障など不要である、小さな政府に変えて、世界中を自由に飛び回れるようにあらゆる規制を撤廃すべきであるというのが、思想の原点なのだ・・・

・・・この新自由主義もネオ自由主義も米国では、民主党で芽生えた思想である、そこがややこしいのだ(笑)・・・

圧政によって東欧から逃れて来たユダヤ人たちは、ソ連に対する恨みを持って、反ソ政策をやるのは民主党だと受け止め、そこに集まった・・・だが、優柔不断な党全体の政策にしびれを切らして、新自由主義的思想に対しても反発し出した・・・

例をあげると、有名になったニクソンのウオーターゲート事件を、徹底的に追求し、民主党のバックボーンであったワシントンポスト社主のキャサリン・グラハム女史などが、穏健派の世界ユダヤ人会議・WJCを通じ、パレスチナとイスラエルは平和的に問題を解決すべきだとの外交姿勢に、党内急進派が反発、パレスチナの背後にはソ連が居るというのに、伝統的反ソ主義はどうなったのだとして、共和党に飛び出して行ったのが、ネオコン勢力である・・・

・・・ネオコンもそもそもは民主党を根城にしていたのである・・・さような意味でネオコンは共和党の専売特許ではないということである・・・経済音痴のレーガンが、たまたま彼らの国境なき経済政策に同意してしまったというか、国境無きというグローバリズム思想がアメリカの世界覇権主義と合致しただけのことである・・・小さな政府を標榜するネオ・リベラリズム=ネオ自由主義の思想を土台にしているのだが、グローバル政策の軸を軍事政策に置いている点に特徴がある・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存