ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ECBユーロとスイスフランのチキンレース ( No.371 )
日時: 2017/07/09 13:18
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

日時: 2015/01/20 13:39名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

先週スイスが突如、フランの上限を撤廃し青天井にした途端に1ユーロ=1.2フランが一挙に1ユーロ=0.8フランに暴騰し、為替取引業者の破綻を招くなどして、為替市場が大混乱、一般人でもFX取引に熱中していた者は、一夜にして破産、自殺ものだろう。

通常、FXデリバテイブ取引では証拠金はFXのレバレッジは、国内では25倍に規制されてるが、それでも4%動けば証拠金が100%無くなる計算になる。そこに、短期間で40%の変動が来たらどうなるか?25倍で40%動けば、1000%、つまり証拠金の10倍の損失が発生してしまう。

FX取引では、通常証拠金の80%程度が無くなれば、強制的に取引を終了させるロスカット機能が付いている。例えば、120円でレバレッジ25倍でドルを買えば、117円くらいまで円高になって損失が出ると、業者が勝手にドル売りを行って、損失を証拠金の範囲内に収めるようにする。

それでも損金を処理できない時は、その為替業者が破綻してしまい、今回のスイスフラン急騰で英米ニュージランドで業者が倒産してしまっている。

まあ、首のついたチキンが欲ボケしてしまって、首なしチキンになってしまったような光景で、知ったことかで済ませば良いのだが、その遠因が政府通貨政策にあるとすれば、これはただ事ではすまなくなる。世界中が首なしチキン状態になって来る。

相対通貨が無い地域なら、超金融緩和の悪影響は考慮せずにやってやれないことはない。最終相対リスクをもたらす通貨戦争の相手が居なければ、そもそも戦争にならないからだ。だが現状世界システムではそうは行かない。日銀とてそれを予め計算した上で通貨政策をやっておれば良いのだが、いずれ問題は起る。

今回欧州での通貨戦争は、EUによるギリシャ問題から生じている。ドイツがECBによるギリシャ救済に慎重姿勢をずっと維持して来たものの、どうも統一通貨圏理念とは反対に、EU加盟国政府がそれぞれの国債で経済立て直しをやっても良いとのムードがECB内に出て来て、そしてウクライナ問題でのロシア制裁も一因なのに、EUではドイツが真っ先に景気後退を予測し、国債増発による金融緩和による景気回復策が前面に出てくるとの予想から、国債買いが全体的ムードとなってしまった。

それでも金融市場では、景気回復に疑心暗鬼で、最後の金融リスク回避資産として強い経済国の国債買いに走る。現にドイツ5年国債はマイナス金利(=発行価格以上での需要がある)に転じ、同時にスイスも、リーマンショック後の國際金融市場の不安定回避でスイスフランにばかり殺到して来た國際金融動向を回避する為に、スイスフラン高の上限を設けて来たが、その結果としてスイスの外債保有率はGDPの8割にも達し、多分EU関連の外貨債券がほとんであると思われ、それがEUによる経済悪化のシグナルである金融緩和策となると、早く売っておかねばならなくなる。

つまり、EU外債売り=ユーロ売り=スイスフラン買戻しを早急にやる必要が生じ、そのために上限を設けていたスイスフラン高の撤廃に踏み切った為に、一気のフラン高となり、安心してフランを売っていた筋が大損をこいたという光景だ。

それにしてもEU中央銀行であるECBの本拠地は、ドイツフランクフルトである。フランクフルトと言えば、そもそも通貨=国債発行による債務化の原初的かつ世界的構造を編み出したロスチャイルドが閉じ込められていたゲットーである。今日の為替、国債に至るまでの金融デリバテイブまではアイデアになかったとしても、今日の金融構造の原点は、このユダヤ人ゲットーのフランクフルトから発している。

今や400行余りの銀行がひしめく金融中心地のここに、ECB本部の超高層ビルがデンとそびえ立っている。その敷地はロスチャイルド本家の所有地であるらしい。あのリーマンショック後に開かれた金融サミットでは、金融危機再発防止の為に、好き放題に暴れる金融デリバテイブを規制し、銀行の内容実体を完全に把握する事が取り決められた。恐らく今回のEU緩和策も、国民経済実態の浮揚というより相変わらず経営が不振で、この先改善の見通しも立たない銀行救済策が主眼ではないのか・・・

一方で、そのような国債買いによって経営がかろうじて維持できるような金融機関で良いのか、それを規制する必要もあるとして、金融機関の自己資本に占める国債表高にも一定の枠をはめるべきとするBIS規制を計画したのが、EU中心部に近いスイスの国際決済銀行・BISである。そもそも敗戦国ドイツ損害賠償支払いを監視するために発足したのがこのBISであった。そしてこの発足に乗らなかったのがロックフエラーであったし、その間隙を縫って事実上の設立者となったのが、他ならぬロスチャイルドであった・・・今回のECBによる緩和策、その本部があるフランクフルト・・・そのドイツから賠償金取り立てをやっていたスイスバーゼルのBIS・・・その両者の根は同じではないか(笑)、歴史の歯車が逆回転しているような錯覚に陥る。

いすれにしても金融の世界とは斯くの如しで、国民経済を軸にマネーを考えない。あるのは、マネーの為のマネーだけである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存