ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

文明の衝突で歴史の終わりが来るのか?(1) ( No.380 )
日時: 2017/07/09 14:12
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

日時: 2015/02/04 13:30名前: 満天下有人 ID:LBCcjgUY

このようなタイトルを掲げると、何やらアメリカの政治学者ハンチントンが20年前に著した文明の衝突と、彼の師弟であった日系人のフランシス・フクヤマの歴史の終わりを合体させたような感じになってしまうのだが(笑)、今回のIS事件を見ていると、正に両論文を同時に読まされているような気分になる。

ハンチントンの文明の衝突は、政治イデオロギー的米ソ冷戦が終結した後、旧ソ連に接する周辺国と、も一つは中東に接する文明圏で新たな衝突が起こって来ると予言したものであり、それを「フオルト・ライン」と称して、政治経済よりも諸文明が持つアイデンテテイの衝突として、世界を7つの文明圏(*註)に分類して、冷戦後の衝突を予測したものであったが、今世紀初めから世界は正にその通りの現象を起こしている。

(*註)
〇西欧文明:8世紀に発生し、西方教会依拠した文明。19,20世紀に最盛期を迎え、今後イスラム圏、中華圏に対し守勢に立たされる。

〇東方正教会文明:16世紀にビザンチン文明を母体として発生、(ロシア圏が該当)

〇イスラム文明:7世紀マホメット誕生以来、纏まった文明圏を構成。

〇中華文明:紀元前15世紀に儒教に基づいた文明圏。

〇日本文明:2〜5世紀にかけて中華文明圏から派生した孤立文明圏。(いえいえ、孤立してなるものかと、西欧文明圏に追随して国際化に励んでいますぜ(笑)。

他にヒンドウー文明とラテンアメリカ文明を挙げている。

ハンチントンも力点を置いていたアジア文明圏とイスラム文明圏で衝突が顕著な訳だが、それは本来、ある文明圏が持つ他とは違うアイデンテテイによる衝突というよりも、やはりキリスト教圏=西欧文明による政治的経済的覇権維持が原因になっている点で、どうしてもアメリカ人政治学者の、アメリカを基軸にした歴史分析の限界が垣い間見える。(アメリカ発のユダ菌の横暴ぶりを隠して、文明対文明の問題にそたしている。

そしてその分析において、文明と文明の衝突は何故起こるかというと、冷戦後においては文化の多極化(?意味が今いち分からないが)によって、政治的に対し影響を及ぼし始める。言い換えると自らのアイデンテテイ維持の為には、政治を利用するようになる、それを通じて外と衝突するようになる、それを文明の衝突としている。

まあ、そんな回りくどい事は言う必要も無い、何故文明の衝突が顕著になったかと言えば、正にユダ菌が自らのアイデンテテイを示したいが為に、政治に食い込み、多国籍企業を通じて世界に跋扈し始めたからである。その意味において、も一つの文明圏を設定した方が分かりやすい。それは「ユダ菌文明圏」ではないか・・・

この文明圏は、イスラエルは地勢的に領域を持っており、国際法上の「国家」ではあるのだが、その多では特に明確に国家概念は無い。ISがイスラム国と訳されているが、別に地勢的に明確な領域を持っている訳でも無いことと、似ている。これらが対立し衝突するようになったのは、生活習慣とか慣習における文明のイデンテテイ衝突よりも、ずばり、将来の経済上の衝突予測も含めた衝突によるものであろう。

ハンチントンは、西欧文明と衝突する可能性が最も高いフオルト・ラインはイスラム文明と中華文明であると予測した。他は文明が弱すぎて衝突に至らない、中には協力的文明圏もあると分類していた。我が国は正に維新開港と敗戦によって、協力的どころか既に日本州のようなどこかの文明圏に入ってしまっているとさえ思えるし、中国にしても例えば、アメリカと対立するではなく、むしろユダ菌ゴールドマンサックスがいち早く入華して、西欧文明化に手を打っている。ブッシュ政権時にゴールドマンサックスCEOであったポールソンが財務長官になり、中国をくまなく回って解放経済に転化させてしまった。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存