ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

文明の衝突で歴史の終わりが来るのか?(2) ( No.383 )
日時: 2017/07/09 14:48
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

日時: 2015/02/05 09:43名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

今回人質殺害事件でIS、シンゾー、ヨルダンの三者は出来レースをやっていたとすれば、これはハンチントンの文明の衝突よりも、その弟子のフランシス・フクヤマが著した「歴史の終わり」の論理の展開にむしろ当てはまって来る。

三者の出来レースは、そんなことしても何もならない、そうさせて最も利益を享受する一段上に黒幕が居る筈だ、そう、米英であろう。米英の実に巧みな巻き込み策略が功を奏したのだろう。双方人質3名が処刑されてしまい、シンゾーがテロには屈しない、どこまでも追いかけて処罰すると、一国を構えている者が、丸でそこら辺のヤクザの復讐紛いの事を言いだし、もっと驚いた事は、極端に言うと一字一句違わない宣言を、英キャメロン首相が間髪を入れず放ったことだ。

アメリカオバマは即、ヨルダン首相とひざ詰め会談、あの会談雰囲気は、オバマにより精密なIS攻撃の情報を与えるような雰囲気で、人道に反するとか、そんな女学生作文を実行する為のようなものではなく、オバマの眼光はしめた、これでアメリカの力を存分に発揮でき、支配権が確立できると言わぬばかりの眼光の鋭さが感じられた。

フクヤマの「歴史の終わり」とは、国際社会において民主主義と自由主義が最終的に勝利し、それ以上の社会制度の発展を追求する必要が無くなる、そういう意味で、歴史が終わるという論理の展開であった。

ハンチントンが、文明を創造して来た地域民族のアイデンテテイは無くならない、故に慣習の違いによる衝突は未来も続く、とする文明の衝突論に対しフクヤマは、文明が違っても人間にとっての普遍的希求である自由・民主主義社会で世界が覆われれば、そこで衝突は無くなるという論理、これもアメリカ人的発想の一つで、要するに論理の背景に欧米型自由民主主義一極での世界の到来を求めているやに感じられる。

あちこちで生じて来た反米運動、それはアメリカ型の自由民主主義はまやかしであることを知ったから起ったことで、反グローバリゼイション運動も、正にその自由民主主義に対する反抗運動であった。国際経済取引において、あたかも関税障壁撤廃が自由主義そのものであるとする、何だかゴマカシ臭い巧妙な羊頭狗肉販売ではないかとする反発運動であった。

来日したトマ・ピケテイが我が国でも白熱論議を起こしているらしいが、彼もその自由民主主義が資本蓄積を加速させ、格差を産んでいることを指摘しつつも、だがその自由民主主義によって事の本質がずらされてしまっている事に気がついていない。最終的に累進課税の強化で不平等を是正せよという程度では、羊頭狗肉屋が掲げるエセ民主主義を存続させることになる。

ハンチントンは、文明の衝突は政治を越えた民族的アイデンテテイによって起るが、民族もまたそのアイデンテテイを維持する為に政治を利用するようになり、かくして衝突は、政治的要因によって起る事になる、と。ピケテイもまた、格差是正には政治的強権が不可欠だとも言っている。

だがその正義維持に使われるべき政治的強権が、1%支配の為に発動され、国際関係では欧米中心の覇権維持の為にしか使われていない。自由民主主義を掲げながら、1%の為の、それは正に資本の論理をエンジンにしているのだから、雇用についても雇用の自由化を掲げて、その自由化によって民衆の自由を奪っている。だがそのことについてさえ、職業選択の自由が与えられると言い(ハイエク)、だが民衆にとっては、失業の自由が与えられたに過ぎない。フランスにおけるアルジェリア人を多数とする移民労働者に対する差別もその一つだろう。

シンゾーもキャメロンも残虐なテロリストは地球の果てまで追いかけてでも成敗すると息巻いている。民衆はその背後に潜んでいるインチキ脚本に気がつかねばならないのに、テロには屈しないと、スローガンに同調するだけでは、どうにもならない。

政治覇権の裏には経済覇権が必ず存在する。その経済覇権の根本は資源確保にある。原油の国際価格が一方的に下落している傾向にも、何か異質なものを感じる。サウジを中心とするOPECのアメリカ離れが聞こえてくるが、どうもそれだけでもないようだ。イラク北部の巨大石油地域を支配しているIS締め上げ戦略もあるのではないか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存