ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

場の空気で重要事項が決まるこの国特有の文化 ( No.400 )
日時: 2017/07/11 17:00
名前: イントィッション ID:eBE.lZzs

日時: 2015/02/16 14:13名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

<日本人は回りを気にして生きることを止めた方がいいと思うよ。これ・・・>

すぐに思い浮かんだのが、山本七兵氏の「空気の研究」であり、も一つは在米時代の経験で、日本人はどうしても群れて歩くことでした。

せっかく外国に来ているのだから、時間の許す限り現地に溶け込むこと第一義なりと思っていても、企業転勤者となると、自発的に海外勉強が目的で来た訳でもないから、どうしても社員として群れてしまうのですね。昼飯になると、何となく場の空気で、何となくゾロゾロと集まって、ゾロゾロとメシ食いに行く。

毎日、こんなこと止めましょうやと言うと、場の空気が厚くなってきて、今日はあそこの珍しいお国柄ランチ食いたいなと思っても、結局、無目的に場の空気に従って群れてしまい、食べたくも無いメニューに向かって群れて行く。

山本氏はこの雰囲気を、日本人独特の場の空気と称し、その空気が一種の力を持ち得るのは、何らかの気圧のような圧力があるからだろうと思い、あれこれ分析を試みてみたが、分からないと言っておられた。

それはそうでしょう、論理で解明できるシロモノではないのだから。激戦を体験された山本氏のことだから、あの太平洋戦争における軍部の不思議な作戦決定を随所に引用されているが、戦後になっても戦艦大和の無謀な出撃について、戦中軍令部次長であった小沢中将が、全般の“空気”よりして、当時も今も大和の特攻出撃は当然と思う、との発言を例に、戦闘になった時の細かいデーターは多々あったのに、何となく特攻精神が溢れていた当時の日本の空気、それが国の運命を左右する重要事項を決定してしまう。

その空気はムードによって決定されるから、分析のしようもない訳である。話が飛ぶが、目下のアベノミクスによる超金融緩和がそうである。最高学府の東大卒の総裁に副総裁、そして専門の東大の先生までが、物価上昇目標を言いだし、その効果は何によって決まるかと言えば、消費者民衆が物価が上がるという“空気”によると言うのだから、もうヘソも茶を沸かす元気も失せてしまう(笑)。

この日本的場の空気とは、何故さような強制力を持ってしまうのだろうか。これまであれやこれの日本人気質を醸成する因子について考えては来たのだが、どうしても地政学的に極東の離れ国家が、さような民族気質を創って来たのではないか・・・いつぞや黒沢明監督の七人の侍がここでも話題に上がったが、そこでも描かれていたそれは、山落共同体においての「村八分的」空気であった。

何となく村の空気で暗黙の内に決められたことが、判断の基準になり、それに抵抗すると異端者として「抗空気罪」とでも言うような罪によって社会的に葬られてしまう。日本人とて論理的に物事を考える能力はあるのに、この不思議な場の空気がより強い判断基準を持ってしまう。否、判断したとも言えない、単に空気に逆らわずに何となく同意しただけの事なのだから。前にも書いたが、この国では国会解散となると、何故バンザイと叫ぶのか、今もって理解できない(笑)。解散が持つ重要な意味など二の次で、とにかく場の空気としての爆発的高揚感に支配されただけのことだろう。

山本氏はこの気質が、相手の実態を見てはならないという空気を二次的に創りだすと指摘されていた。真にその通りである。シンゾー政治と、それに繋がる米従属も、批判してはいけないとの全土的場においての空気を創ってしまっている。自ら首無しチキン、」ネック・レスチキンに成り下がってしまっている。何よりも「場の空気」を大事にする結果である。

そして、日本初の女性東大教授になった東洋文化史の中根千恵女史が、この空気を重んじる日本人気質について、色んな状況を先ず「臨在感」的に把握し、その状況に支配されることから行動を起こすから、それは別の感覚としては、直観力は豊富だという性質も有しているから、論理的な説明考え方では絶対に動かないのに、瞬間的には即反応する天才的気質も持っている。

それが飛び上がるほど熱いものだと、いくら論理的に説明してもそれだけでは動かない。しかしそれがジュッと飛び上るほどに熱さを感じた時の対応は、驚くほど巧みで大ケガはしないという天才的素質も持ち合わせている。

そうは言っても、やはり場の空気から生じる群れる気質、それは向こう三軒両隣的な町会などの場で、先行きの大きな問題にもならない程度のことなら、まあいいか、で、場の空気を読んで同調する程度のことなら別に問題は無いのだが、国の、延いては文字通り己に降りかかってくるような大事に対しても場の空気で事が決まって行くのが怖い。維新以降、その実例には事欠かない。

SUICA販売や北陸新幹線チケット初売りに群れる群衆。この国でのその心理は権力の騙しに対抗する群れにはならない。毎年ランキングが下がり、昨年では61位にまで下がった国境なき記者団による言論の自由度ランキング。論理的に社会、政治風潮を監視すべきマスコミからして場の空気ばかりを気にしている。

状況の変化には対処しても、将来の状況を言葉でリード出来ない国なのだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存