ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本人は、形式的に白人になりたいのか? ( No.418 )
日時: 2017/07/12 10:12
名前: イントィッション ID:pKThwMX2

日時: 2015/03/22 12:32名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

神話にリードされて来た日本民族、戦前までは天皇絶対主義で、敗戦によってそれが、米国にとって代わられた。要するに自前の政治的訓練が何も無されないままに、2千年を過ごして来た、そういうことですね・・・

では、その核となるものが中国であったらどうなっただろうか、それがロシアであったら、どう変わったか?歴史にタラレバを当てはめてもしょうがないのですが、日本歴史文化の源流は中国なのに、そこに対してはむしろ、反発して来ている。

古代において既に、「日出る処の天子、日没する処の天子に書を・・・」云々との遣隋使が持参した書簡からも感じられるように、中国を対等に、あるいはそれ以下に位置付けている風情が感じられる。

ならばロシアであったらどうなっていただろう。日経BP対談でインドの哲学者?ミシュラと言う人が、興味ある日本観を披露していた。日露戦争で日本がロシアに勝ったことについてアジア人は当時、アジア人である日本が白人文化に勝った、ということで日本にたいする価値観が一気に注目された筈だと。

19世紀にアジアの知識層は既に、欧米文化とアジアは違うとの認識を持っていた、そこえ日本による日露戦争勝利があった訳で、ロシアも白人社会であり、白人列強と見なされていたから、日本勝利はアジア人として尊敬を引き出すほどの出来事であったのに、その後、肌の色まで変えることは出来ないのに白人化しようとする日本に、落胆したとの趣意を述べている。

まあ、この人の歴史事実の見方も甘い、ロシアに勝ったのは白人列強に勝ったのではなく、英米白人列強の支援を得て(戦費を英国ロスチャイルドの指示で、米国ロスチャイルドのクーンレープ商会が拠出し、故に、東郷艦隊の旗艦・三笠には英海軍顧問が5名も乗艦して、あの有名なT字型砲撃など、海戦の事実上の指揮を取ってロシア・バルチック艦隊を撃滅したのが、真実。

話が横路に入るが、先月国会でのシンゾーによる「列強」なる言葉を使った答弁があって、通産OBの古賀芳明氏がこれに噛みついている。

シンゾーの発言は『明治国家の礎を築いた岩倉具視は、近代化が進んだ欧米列強の姿を目の当たりにした後、このように述べています。「日本は小さい国かもしれないが、国民みんなが心を一つにして、国力を盛んにするならば、世界で活躍する国になることも決して困難ではない。』

維新当時の列強とは、欧米植民地帝国を覇権とするものであったし、しかも現代では既にG7からG8→新興国を含むG20までも拡大されている。それは何かと言えば、昔の列強思想では世界は最早成り立たなくなっている、ということなのに、この頭悪いバカボンが墓場を掘り起こすようなことを言いだすからインド人のミシュラ氏も落胆してしまっている。

そして5月連休の訪米で、上下議会での演説にアメリカはやっとOKを出している。演説中身が見物だが、恐らく日米で八紘一宇の実践をやろう、そういう意思表明をするだろう(笑)。岩倉使節団の史実は、マンガチックで、下手な小説より読むほどに面白いのだが(笑)、京都公家の岩倉を団長に担ぎ、実質は長州伊藤博文などが仕切り、維新の時から白人化しようと一生懸命であった。

その歴史的良し悪しは別にして、白人思想、社会政治文化は、彼らが彼らの頭と実戦によって創り上げて来た物であって、それを黄色人種が遺伝子はそのままにしておいて、色だけを白くするなど、出来る話ではないだろうに、この国の民族気質は、一体、どこに核があるのだろうか?自ら考えて創り上げて来た社会政治的遺産なるものが、どこを見ても見つからない・・・敢えて言えば、八紘一宇がそれに該当するのか(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存