ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

民主主義のコストとは、何を基準にしているのか? ( No.422 )
日時: 2017/07/12 10:33
名前: イントィッション ID:pKThwMX2

日時: 2015/03/28 18:24名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

民主主義とはそもそも、多数の人間が生きるこの社会にあって、何を間違へて社会を構成する多数の人間を不幸にしているのか、同じ生存権を持つ生き物なのに、何故絶対多数を占める人間が、理不尽なことで苦労せねばならないのか、その間違いは何によって生じているのか、先哲たちがあれこれ思索した結果、絶対多数を占める人間社会なのに、その人間をないがしろにしていることが、おかしなことであるとの思想を生み出した。

つまり、民が主である筈だ、民が主でない社会はあり得ない、そこから民主主義という思想が生まれたのだろう。その意味から考えると、民主とは、個人的な民主ではなく、社会を構成する一人一人の民が集まっての民主、社会性のある民という意味での民主主義であらねば話がおかしくなってしまう。

個人でなく、複数の人間の為にということになると、複数の民を束ねるには、代表者が必要になって来る。民が主である社会運営を委任する者を選ばねばならなくなる。そこで選ばれた者は、政治家として、民の代理人となって複数の民のために働くことになる。

代理人である以上、その費用は民に負担してもらわねば、誰もタダ働きなどする筈がない。昔と違ってタダで政治をやるようなお目出度い政治家は、現代では居ない。政治家の根本には、そのような考えが横たわっているのだろう。だから、それにかかる費用を、歳費で賄ってもらうことは当然であり、足りなければ献金で補ってもらっても別におかしなことでもないとの主張も出て来るのだろう。

その一つの証かと思われるような記事が目に止まった。東京都議会で、議会出席を含む都政上の活動でかかる交通費について、一回1万円を支給するとの条例を改善しようとの動きに対し、自民、公明、民主が反対し、先送りにされてしまった。数百円の交通費で済んでも、最低1万円は支給されるのだから、そりゃ政治家も動きますわ(笑)。

あれっと思ったことは、他にある。その交通費支給の名目が「弁償費用」と呼ばれていることに奇異な感じを持った。弁償とは通常生活者なら、何か相手に損害を与えたら、弁償せねばならないと、咄嗟にそういう意味で弁償なる言葉が出て来る。民事和解だから弁償で事を荒立てない生活の知恵であろう。それで済まないケースになると立件になって「賠償」請求となる。

これが普通の人間感覚なのだが、政治の場になると話が逆になって来るのだねエ〜(笑)。政治家であるが故に、政治活動としてあそこも見て欲しい、こっちも見てくれよという要求を出すと、その交通費は政治家という人に「弁償」せねばなないのだ(爆笑)。

その根拠は地方自治法に定める「議員は職務を行うため要する費用の弁償を受けることができる」との条項によるのだそうな・・・・前稿でも言ったが、一旦、文章で書かれた法になると、それが最高の規範になる。民主主義の基本思想は、間接代理人として政治家に社会運営を委ねることなのだが、その民主主義によって政治を行う者にとっては、それよりも政官主義が上位に位置するのだ(笑)。だからその費用=民主主義のコストとして、民から費用を徴収するのは当然との解釈が正当性を持ってくる。

こうなると、民主主義とは実に面白い二面性を持った社会思想という姿も見えて来る。やはり、元々からして、この世は民主主義なんぞで成り立っているのではない、そう解釈すればよく解る。民主主義とは、少なくともこの国にあっては、成立させ得ない一種のユートピアであるかも知れない。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存