ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

官邸による報道規制の実態を曝け出した古舘VS古賀バトル ( No.424 )
日時: 2017/07/12 10:44
名前: イントィッション ID:pKThwMX2

日時: 2015/03/30 09:22名前: 満天下有人 ID:YtK5fuu.

テレ朝古舘の報道ステーションに出演していた元通産官僚の古賀茂明が、今月で降板、その最終出演日であった27日の出演で、降板させらた裏事情を冒頭からしゃべり始めたものだから、古舘及び局側とすごいバトルの展開となり、CMタイムの鬨に、フロア全体が騒然となったようだ。

観ていた家族は、すごいケンカだったと。降板させられるのは自分だけではない、番組冒頭から、プロデューサーまでが降板させられる羽目になっていると古賀氏が発言した途端に古舘が、ビックリ仰天、しかし怒ってプロデユーサーについてはあれは降板させらてのではないと古賀氏に食ってかかったら今度は古賀氏が、古舘さん、何故態度を豹変するのか、あなたは私の降板について、力になれずに済まなかったと謝っていたではないか、その時のあなたとのやり取りは、ちゃんと録音しているから、テレ朝全体が官邸に屈している。私に対する菅幹部長官の排除圧力は、並みのものではなかったと・・・・

CMタイムになって、この古舘VS古賀氏のやり取りに激怒した番組幹部が激怒して古賀氏に、打合せに無かったことをシャベるな!と、すごい剣幕だったらしいが、古賀氏はそれも逆手に取って、番組再開と同時にあなたが今言った事も冒頭で言います。何故なら、私はあなたの指示により、打ち合わせていないことを仮に質問されて黙っていたら、視聴者は何故古賀は答えないのかと、私に疑惑の目が向けられます。私はちゃんと名前を出して喋っているからには、言いたいことを何故言えないのか、その理由をきちっと言わなければならないのだから、打合せに無かったことはしゃべれないと言わないと、私までが何か公表を禁止されている事情に迎合していると思われてしまう。

・・・まあ、古賀氏は言うべきことは全部言って局を後にしたそうだが、幹部たちは車の乗り場までおいかけて来て、しつこく言うから、何が問題なのかと聞くと、圧力がかかっているとかを匂わせていたらしい。古賀氏はそれが菅官房長官であることを暴露している。

古賀氏は現役通産官僚時代に原発推進の国策に疑問を持ち、更には霞が関全体にまたがる官僚現状について改革を唱え、排除されて官僚社会を去った人のようだ。だからシンゾーによる原発再開については、官僚時代に原発実情の隅々まで熟知していることから耐えがたく、批判の先鋒に立っていたことが原発村の目の上のタンコブのような存在になり、常時目をつけられる羽目になっていたのだろう。

27日の降板裏事情を巡るバトルでは、売り言葉に買い言葉のようなケンカの様相になったようだが、その背景には大きな問題が横たわっている。批判を権力で封じる世相が一挙に強まっていることにある。全体主義国家への回帰が一挙に始まっていることにある。

戦後70年に亘って、良きにつけ悪しきに付けて、批判の声は世に自由に流れていたのに、70年もかけて出来上がったそれが、僅か2年くらいの短い期間で元の木阿弥の状態に戻ってしまう怖さ、いや、小泉が新自由主義を取り入れてからなら、15年経っているが、それでも短い期間だ。そしていつの間にシンゾー的気質の人間がかくも増えていたのか、知らぬ間にそうなってしまったことへの怖さ。

彼らはどのような教育を親から受けたのだろうか?いや、今の世相では親の言う事など聞く子もいないから、シンゾー的ガキどもを批判してもしょうがないのかも知れない。しかしそれにしても、何と多い事よ、シンゾー的ガキどもの数が・・・やはり成長の過程で親と表裏一体でないと、そこまでにはならないだろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存