ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

米国八紘一宇が後退し、中国のそれが始まる(3)>対するお子チャマ国家ニッポン ( No.428 )
日時: 2017/07/12 11:08
名前: イントィッション ID:pKThwMX2

日時: 2015/04/07 08:17名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

八紘一宇なる日本概念は、厳密には米国、中国の世界戦略とは本質が違うことは分かった上で、だが世界を同じ傘の下において影響力を維持しようとする点では、共通の意味を持っているとして、敢えてその言葉を用いさせて頂いている。

それと勿論、お子チャマ国会議員がそれを持ち出した事に対し、その使い方が今の我が国政治からして矛盾極まりない使い方だとの、反発心もある(笑)。

いずれにしても中国が、資本主義的世界戦略を勉強して来て、まだ不十分さは残るとしても馴らし運転は終わったとして、いよいよその戦略を表に出し始めた。そのサインはイントちゃんが別スレッドで紹介した、IMFがSDR引出権使用通貨に「元」を認めたことと、中国おばチャンたちのすごい購買パワーに現れている。それとアフリカでの原油確保の橋頭保を構築したことが加わって、世界戦略に向けて動くことが可能になった。

前者は、新シルクロードをキイワードにしたAIIBの設立と相まって、元の流通度の拡大を米国が認めたということだ。それは後者の中国富裕層のすごい購買力が後押ししているからでもある。一方で中国とて格差拡大が進み、不安定貧困層の数も、あの人口からして柔なものじゃない。恐らく将来的にはアメリカと同じ苦痛を味わうことになりそうだが、目下のところでは、アメリカのように格差が極端に開いて経済全体の足を引っ張るには至っていない。

経済規模でも、GDPでは既に我が国を追い抜き、これにAIIBをエンジンとする経済圏の拡大が期待されるとあっては、英米独仏がよろめいてしまうのも、当然の動きとなる。前回ユーラシア大陸における開発資金需要は84兆円と紹介したが、これは年間金額である。アジア開銀試算では、これが10年間かかる。総計約1000兆円の需要がある巨大なものなのだ。しかもその新シルクロードを通る周辺国の人口は約30億人である。投資だけでなく、その投資による後の回転する経済循環では、もっと規模が大きくなる。

それに要する資金通貨がドル、ユーロでは、その原動力となる巨大市場を有する中国が、「元」を使えないでは意味がない。少なくとも基軸通貨の仲間入りしないと、通貨変動リスクを回避できない。現在の基軸通貨ドルの世界経済における使用率は約40%。ドル弱体化と言ってもドルはドルなのである。国際最終決済通貨が自国通貨であれば、すぐに用意できる。基軸通貨が強い手品はそこにある。

中国が狙う事も同じである。昨日イントちゃんが紹介した、元がIMF決済通貨の仲間入りしたというニュースは、実に大きな意味を持っているのである。これで既にGDP規模では日本を追い抜き世界第三位となった中国は、あと数年で日本の3倍に膨らむとIMFは試算している。これじゃIMFも元の存在を無視するわけにも行かなくなる。

戦後70周年を迎え、わが国ではシンゾーによる演説に、歴史認識がどのように盛り込まれるか注目されているが、それとは別の意味で、ドルを基軸通貨とし、世銀総裁は米国、IMFは欧州にするとの戦後通貨体制とその管理覇権の構図が、大きく変わろうとしている。その意味での戦後70年のことも見落とし、未だに靖国参拝がどうの、八紘一宇がどうの、沖縄基地がどうのと、脱皮どころか古い構造に戻ろうとするようでは、対中対峙政策も犬の遠吠えにしか聞こえないだろう。

ドイツ・メルケル首相など、首相になってから8回も中国との首脳会談を行って来ている。今回のAIIB構想が既に頭に入っていたのであろう。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存