ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

中国の八紘一宇が始まった(5)>河野談話の河野元衆院議長に同行する翁長知事 ( No.430 )
日時: 2017/07/12 11:18
名前: イントィッション ID:pKThwMX2

今日はここまでです。。。

日時: 2015/04/09 08:45名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

パナマ運河を上回る壮大なグアテマラ運河建設に踏み切った中国。デカイことをやるものだとその壮大さには驚くばかりだが、考えて見ればあの万里の長城を建設したお国柄だ。驚くこともないか・・・

米国は、経済の立て直しに少しでも寄与すれば良いと思ったか、あるいは、中国のこのベネズエラを中心にしたカリブ海経済圏構想に焦ったか、キューバに対するテロ国家指定解除も、この中国のカリブ海戦略と無関係ではあるまい。

一昨年の米中首脳会談で、二人だけで何が話合われたのかは、其の後全く漏れて来ないが、米中新大国による世界リードについて合意されたことは確かだろう。対立することもあるが(エネミー関係)、基本的には争わない(フレンド関係)、フレネミーなる造語の下にやって行こうということのようだ。

この米中関係の下でシンゾーにかなり影響を与える元大蔵官僚で政権の経済顧問である本田悦郎など、昨年2月にウオールストリートジャーナル紙インタビューで態々、アベノミクス経済強化の狙いは、軍事力を強化し中国に対抗することだと、手のつけようがないトンチンカンさである。続いて昨年暮れには、衛藤首相特別補佐官までが、米国によ靖国参拝批判を、そんなアメリカに落胆したと批判する有り様である。

そして昨日、中谷新防衛大臣は日米軍事会談で、日米の共同軍事力をグローバルな方向に拡大することで合意した。東南アジアにおける中国封じ込めだと明確な言葉を使って。こいつらは要するに変態なのである。故に、世界トップクラスのサンゴ礁と言われる辺野古を、ジュゴンより人間の安全保障が大事だとして、鉄杭を容赦なく打ち込めるのだ。

今更のことでもあるまいが、翻って国内を眺め直した時に、小さな池の中で小物どもが相変わらずチマチマしたことでの揚げ足取りに終始し、聴こえて来るのはテロには屈しないとの遠吠えだけだ。歴史認識では両陛下が未だに慰霊の旅に出かけられているのに、戦後70年も経って、一つの節目に差し掛かっても、あの戦争は正しかった言うだけの一派が政治権力を握っている異様さ。沖縄辺野古問題では、現地住民の意向など無視する異常さ。

その翁長知事は来週、あの戦争による日中、日韓のわだかまりを解くべく談話を出した当時の河野官房長官(後で衆院議長)が、現在でも国際貿易促進協会会長として訪中するのに同行、沖縄における中国観光客の勧誘促進を表向きにしているが、何かを中国と話し合った後で訪米する匂いが漂っている。

琉球は17世紀に鹿児島藩の攻撃により、鹿児島藩の支配下に入ったが、鎖国を続ける江戸幕府にあって、実質的には独立王国として中国との間に入って仲介貿易を進めるなどしていたが、、明治政府のもとでなされた沖縄に対する強行的な廃藩置県の際に、中国との関係を断絶するように命令し、中央政府の直轄地とされている(1875年の琉球処分)。

沖縄が昔の琉球王国のように、独立すると読む向きも結構多いが、同じ日本であっても歴史的には王国として独立していた期間も長いから、日本中央政府と離れた位置から日本政治が客観的に良く見えるのだろう。単に利権屋の利用の場、草刈り場になってしまっている思いをしている県民が、相当数に上ると推察できる。河野談話は見直すべきだとの歴史認識しかなかったシンゾーが、戦後70年記念日が近づくと共に、河野談話は見直さないと、例によって狡猾さを匂わせ始めたことにも、ただ利用するだけの本土政治の本質に対し、反発が強くなって当然である。

姿を現し始めた中国の巨大戦略、それを推進する中国覇権の全てを支持している訳ではない。その覇権の用い方に危惧される面は大いにある。だが、それを批判するシンゾー一派的批判よりは、やることの壮大さがむしろ、立派に見えてくる。故にシンゾー一派政策の矮小さが、余計、浮き彫りになるのだ。

所詮、小山の対象のガキ小僧を掲げて遠吠えする、極東の島国だけのことはある。そう、まだまだ威張り足りないよ、もっと威張りなさい(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存