ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本を取り戻す政策の、方向違い ( No.431 )
日時: 2017/07/13 07:11
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/04/10 19:27名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

憲法、尖閣問題に関する補足意見資料、どうも有難う。

シンゾー一派が権力を握ってから、とんでもない方向へ走るばかり。米中が明らかに手を組んでいる所へ、トンチンカン中国対決姿勢を強める(笑)。それが最もよく現れているのが尖閣問題に対する一方的解釈、しかも教科書を使って子どもにも一方的洗脳を始めたようです。

領土問題は存在しないとする根拠がそもそも薄弱で、ただ琉球人が長年に亘って島を利用していたとの実効支配だけを根拠にしている。前回触れた明治維新政府による琉球処分の時でさえ、当時の清朝が航海の目安として尖閣諸島それぞれに中国名を記していたことが、日本の一方的地図記載をためらわせたくらいに、領有権宣言には慎重に臨んでいる。

数え上げれば切りがない史実が錯綜しているあの島、だから日中国交回復時に角栄・周恩来会談では、双方が俺の物だと正反対の主張をベースにしていたのでは、何も出来なくなるとして問題を棚上げにしたのに、何故石原新太郎や野ブタ首相にシンゾーになってから、ケンカの材料としてしか扱わなくなったのか、やはり1968年の国連調査による原油の巨大埋蔵量が判明してから、双方賎しくなってしまった(笑)。

米国の立場では、沖縄占領の時、尖閣も米占領行政下に置いたことも、島嶼帰属権をややこしくしてしまっていますね。日本側としては、その米国が沖縄を日本に返還したのだから、その占領行政下にあった尖閣も当然、日本に返還されたものと見なす、つまり日本の領土であったことを米国は認めている、そんな主張なのにアメリカは、明確にそうだとは言わない(笑)。

日中国交回復の時に、両者棚上げにしたのだから、話し合えと逃げる米国、その表れが1997年の日中漁業協定で、尖閣周辺は暫定水域として排他的海域から除外している。つまり双方自由に操業できるとの了解があったのに、石原新太郎などが日の丸を立ててしまったものだから、話がややこしくなり、民主党のブタ宰相野田が、東京都が買うなら、あそこは日本国のものだから、国が買うとなって、つまり領土問題は存在しないとの規定事実をこさえてしまった。

前原も勇ましかったけど、アフガニスタン問題会議に訪日した当時のヒラリー米国務長官は、尖閣問題に関し米国の姿勢を確認したいとする民主党政権の要請を振り切って、本国へ逃げ帰ったくらいだから(笑)、尖閣が日本領土であるとアメリカは明確には言っていない。

一昨日、石原元都知事が竹島問題について、往年の軍事政権大統領で、親日派であった朴韓国大統領が、ややこしい竹島問題にはウンザリする、島ごと爆破してやりたいくらいだと激白していた事実を公表していた。シンゾーも、もっと太っ腹になって、沖縄を解放してあげれば良い(独立)、さすれば基地問題も尖閣帰属問題も一挙に解決するのだが(笑)。

いずれにしても尖閣を教科書までにも規定するとは、子供まで巻き込んでケンカを売るような行為が、果たしてシンゾーの呪文1である日本を取り戻す正しい道なのか?。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存