ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

AIIB参加の是非よりも、戦後世界通貨体制の変化として見たい。 ( No.433 )
日時: 2017/07/13 07:27
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/04/12 18:28名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

勿論、贅六はんの言われる通り、この赤い投資銀行の対象範囲は明らかになりましたが、リスク・テイキングについては、詳細はまだ見えません。参加については当然、判断の基準をどこにおくべきか、それさえも分からない状態です。

故に私は、この新世界投資銀行を見る時、わが国の場合なら、参加リスクを基準に参加の是非を議論しているなら、それはそれで当然、だがむしろ、詳細に関する情報が全然取れていなかった、英国を始め、EU主要国の参加についてもまさか、と驚いたが如き、その単視眼的物見の姿勢に、いつもと同じようながっかり感に襲われてしまい、わが国を軸にした角度からAIIBを見る気は、完全に失せてしまいました。

価値観外交を唱えながら、それは米国価値観に準じているだけで、だから戦後70年続いて来たドル基軸による通貨体制が、変化の兆しを現した、中国がIMFでSDR引出権に元通貨を加えよと主張してもそれが認められなかった、その突破口としてのAIIBだとして見る大事な視点が抜けてしまっている。

EUの参加もむしろ、通貨体制の変化がいよいよ始まると分析した結果、やはりAIBに参加しておくべきだとの判断になったのでしょう。勿論、目先の1000兆円にも及び商売上のメリットも計算するのは当然としても、やはり米ドル、ユーロだけでは世界経済は限界に来ている、巨大市場を持つ中国圏経済、そしてその決済に関わって来る通貨に、元を無視してはやっていけない、そのような大局観が働いたものと思います。

そして勿論、我が国は既にADBを持っており、それを中心にアメリカと共にやって行くことに、そうしたいのであれば、それはそれで構わないことでしょう。でもね、アメリカには一体、どれくらい損させられて来たか(プラザ合意による円切り上げ及びその結果としてのバブル崩壊)、更にどれほど支援して来たか、その損失をレビューした時、果たして赤い銀行のリスクは計り知れないと言える資格があるのかどうか・・・だからAIIBに参加すべしと申しているのではありません。

もっと、広い角度から見て、故に日本は参加しないと、納得させ得るような包括的なものがない。英国が参加した目先の損得勘定では、シテイにおける元通貨取引の取引額が既に大きくなってしまってる、それを失いたくないのが目先の理由のようですが、中長期視点では、世界はそのうちにドル、ユーロ、元の三極体制になるだろうとの大局観が働いているものと思えます。つまり元主導のAIIBには参加しておいた方が良いとの判断になったのでしょう。

リスク回避については、時々の状況に応じて是々非々で臨めば良いことです。とにかく、世界経済の牽引車になってしまった中国なのに、、世界通貨体制では元通貨が通用しない矛盾を、中国自らが解決しにかかった、そういうことであり、AIIBを見る時、そこに重点を置いて見て行きたいと思うのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存