ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ノーベル賞でくだらんのは、平和賞に経済学賞 ( No.439 )
日時: 2017/07/13 08:10
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/05/02 10:00名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

平和賞も、オバマが貰ったり、わが国では沖縄返還密約を隠して受賞したシンゾーの叔父・佐藤栄作などが居りますが、まあ、どちらかと言えば、その業績に値する人物が選ばれているのに対し、経済学賞の何とお粗末なこと。

過去受賞者の中で、その理論がどのように人類に寄与したのか、殆どが分からないものばかりです。特にレーガン、サッチャー以降では、ビッグバンと称して経済理論なるものは、ユダ菌どもの資本蓄積に寄与しただけで、結果は人類に迷惑な事しか与えなかった。

ノーベル罰則賞も同時に設けておくべきです(笑)。

土台、マネタリズムなどと言う物は、経済のパイがまだ小さい頃の100年前、いや150年前なら通貨の総量も少なくて済みましたから、発行操作の効果もまだ計量できたことでしょう。今や、巨額のマネーが世界を飛び回り、それは蓄積ある所を更に蓄積させる効果しかない事は明らかで、加えて消費の需要がありませんね・・・根本的な分配の問題を考えねばならない時が来ているのに、ただカネを増やせば良い、それしか能が無いのですね。

まあそのような構造の中で金融当局がやりたいのなら、超金融緩和であれ何であれ、好きにやったら結構。但し、悪影響が出た時には責任の所在を明確にして・・・と言った所で誰も責任は取らないのだから、空しい叫びとなる(笑)。

超金融緩和によって上がったのは株。市中金融機関も相当買い込んでいることでしょう。目下はまだ日銀が国債買いを継続するからまだ、買いつき資金はあるのでしょうが、それをずっと続けることは不可能であるし、ある時点で世界が更に何らかの変調をきたした時の暴落によって、これまで何度も痛んだ金融機関の財務の、数倍もの痛手に襲われ、そしてまた、失われたウン十年とかが繰り返される。

国債の外人比率が徐々に増えているのも感じ悪い。まあ良いことではないにしてもまだ、国内引受が国債暴落の歯止めになっていたのが、今後は予断を許さない構造になって来る。その構造の最たるものが、今回のシンゾー訪米による日米同盟の強化、これからの複雑な世界状況に対処して行かねばならない時に、ただ日米同盟しか生きる道が無いとの柔軟性に欠く姿勢では、財務面でも米国協調が強化されて、その硬直性が国債暴落の引き金にならないとも限らない。国債先物市場、3月の平均取り扱い高は1日約6兆円でした。その増加傾向に占める中で外人比率が増え始めている。まあこれが一気に外人による縦横な売買となって来ると、低金利が一気に破滅することもあり得る。何故か、いくら何でも日銀が、現物買上げ(=日銀による事実上の国債直接引受)ならまだしも(これとて既に財政法違反)先物市場で証拠金積んで、丸で市中の仕手筋のような行為が中央銀行としてやれるものなのか・・・円に対する印象は最低に落ち込むことでしょう。
でも現実にはあり得ることです。何故、どうしてそんなことまでせねばならないのか?ただ株を挙げてシンゾー政権の印象をよくしたいだけで、同時に、財政金利負担を軽減させる為だけが目的で、所謂財政フアイナンスやってるだけで、一般大衆には何の関係も無く、ただ将来の大衆負担リスクが増えているだけです。

中央銀行が政府財政金利負担を軽減させ、そして施政者達には好き放題カネを使はせ、その為に国債はいくらでも引き受けるとし、そしてその穴埋めとして再増税を早くやれと言う、その理屈の根拠としてウン百年前の理論を振りかざして来る。国債市場の変化に気がついている証拠です。その点からも国債取引における外人比率の上昇傾向は気味悪いです。

英国債売り、英ポンド売りで巨財を成したジョージソロスも、既に若い敏腕の後継者に経営をゆづったようで、特に若い連中は何を仕掛けてくるか分かったものでは無い。我が国のバカ経済学者などが太刀打ちできるシロモノではない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存