ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

余暇と経済関係 ( No.441 )
日時: 2017/07/13 08:24
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/05/09 18:39名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

産業革命と言う用語を創出したアーノルド・トインビー。そのトインビーが未来において必ず生じる余暇の問題を取り上げていたということは、氏は経済学者ですから、生産性の向上によって生じる余暇の事に論究したのでしょうかねぇ、氏の著書は読んだことが無いので、なんとも言えませんが、仮にそうだとしても、人間にとって余暇とは、その発生源にも大きく関係することで、故に、生産関係から発生する余暇であれ何であれ、そもそも余暇なるものに人間が向かい合う事は、経済に関係なく、大昔から人間の形而上的資質に関わる問題であり、何故そのことが近代になって大きな問題として浮上したのか、問題提起のプロセスが、今一よく分かりません。

例えば労働と余暇の関係から考察するにしても、働き過ぎで考える余裕も無いと思う人間と、そうではない人とでは、同じ余暇が生じても、それに対処する場も変わって来ることでしょう。

高齢化社会においても、同じことが言えると思います。もう働く必要が無くなった、否、働きたいにも社会がそれを不要としている以上、どうにもならない。いや人生タップリ稼がせて貰って、もう働く必要が無いとする人たちと前者では、余暇に対する取り組み姿勢も違うものになりそうです。

あるいは時間が余ってしょうがない、何故なら、リストラされてしまったからだ・・・このタイプの人の余った時間に対する処し方、これもまた自ずと違ったものになって来る。要するに、余暇の発生源によって、それへの対処の仕方は、それぞれ違って来るのではないかと思うのです。仕事を天職と思う人が仕事が無くなってしまうケースでも同じことが言える。でも、働くことは生命維持の手段であって、労働は一時的拘束にしか過ぎないと、最初から割り切っている人では、これまた余暇に対する姿勢が違ってくる。

要するに、人間にとって余暇とは時間の空間ですから、人それぞれの形而上の空間であり、そのことについては古代から人間は千差万別に対処して来たのであろうと思います。

トインビーも経済学者ではあっても、宗教の根源にもかなりの洞察を行っているようですが、むしろそれとの関係で人間性を考察している内に、余った時間について何か論及したのでしょうか。むしろ特権者があり余った時間を弄ぶようになることを懸念されていたのか・・・

現状、労働の場も無くて困り果てている状況の改善も出来ずに、先々の余裕時間の心配をしてもしょうがない気がしないでもありませんが、むしろ、有り余る余暇を生み出す前提となる生産経済の問題に目を向けよ、という趣意なら問題提起の意図が理解できます。それに対する処し方が甘いことも、現代民主主義の特徴でもありましょうか。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存