ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

余暇の問題。21世紀ラッダイト運動は起こるのか ( No.442 )
日時: 2017/07/13 08:29
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/05/10 20:45名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

未来の世紀文明に余暇問題が大きな重しとして登場して来るとの、J・トインビーの警告。

氏が論じた余暇の原語は、どのような英単語だったのか、それを知らないものだから、翻訳された余暇という言葉だけを聞くと、氏が言わんとした事が何だったのか、よく分からないもので、対論が途切れてしまいました。

氏が指摘したかった事を理解するには、原著をじっくり読まないと分からず、かなりの時間を要しそうです。ただ断片的に拾ったアンチョコの範囲では、文明が生成される本質論からの余暇問題なのか、単に経済生産的側面から生じる余暇の事なのか、両方の命題を含むとするなら、これは1カ月程度の原著の読書だけでも足りない、生涯をかけた、膨大なライフクワークに匹敵するテーマになります。

ただ日本語で表現される「余暇」という単語から受ける印象は、暇を持て余すという印象が先に来てしまって、故に犯罪とか、あるいは時間を持て余す富裕層のロクでもない発想しか産まない、そういう意味で警鐘を発していたのか、「余暇」と言うだけではそこら辺がよく分かりません。

産業革命時代では、機械生産が生産性を挙げて、労働者は仕事にあぶれる危機感から、機械打ち壊し運動=ラッダイト運動が勃発した。当時の労働者の危機感を想像して見るに、それは、仕事が無くなって持て余す時間への恐怖感というよりも、仕事そのものを奪われる恐怖感の方が強かったのではないかと想像します。所謂マルクスが指摘した、二重の労働の疎外感、というものではなかったか・・・仕事は大事だ、人間、仕事をすることで生きていることが出来る第一の要因は、生活のカテを得られること、同時に生きている喜びを感じる、そして暇を持て余す恐怖を抱え込むこともない。

余暇と言う一語でも、そのように、そのことが内包するフアクターは、多様に複雑に絡み合っているのではないかと思うのです。私が先に余暇とは、「形而上的」概念も含んでおり、その範疇でなら、それは個人の人生哲学の範囲の問題であり、別の、生産性向上による経済的側面から生じる余暇と捉えるならば、考えの方向性がまた違ったものになって来る。社会関係と無縁で生きることは出来ない社会生活的な意味での余暇と、そこに宗教的な思索をも含めると、何が危機なのかの意味合い合が大きく異なって来て、凡人には整理がつきません。

J・トインビーも、そのような発想で余暇発生の危機感を述べていたのか、とにかく原著を読んでいないので、トインビー批判への批判も、ままなりません。そして氏は、文明に危機をもたらす余暇は、止めようがない、故に生じてしまう余暇に対して対処すべきだ、と言われたのか、或いは、事前にそのような余暇の発生を食い止めよとしたのか、そこら辺のこともよく分かりません。

仮に経済的生産性の向上によって生じる余暇が問題であるとするなら、現代にあっての生産性の向上は、PCの発達と無関係ではない。そう考えると、仮に余暇の発生を事前に食い止めるべき、PC打ち壊し運動が起るのか・・・

とにかくJ・トインビーが出した余暇によって生じる文明の危機には、膨大な要因が含まれていると思います。まあ、書評家の連中が言う事、かれらは書評と言う商売をせねばなりませんから、その程度に受け止めておけば良いと思います。世に言う評論家として・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存