ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

社会制度による歪みも、形而上的に吸収しますか・・・ ( No.443 )
日時: 2017/07/13 08:35
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/05/12 07:25名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

<私は人間は不公平があるから、格差があるから、悩みがあるから平穏に生きられるものと思っています。>

まあ、結局のところ何事も、自己精神と向き合うことで己への鍛錬として世の矛盾も吸収して行かねばならないということのようですね。そのように収斂して行けば、糾弾する対象も無くなって、平和に過ごせる、そういうことのようです。

原著も読んでいないので何とも言えませんが、どうもJ・トインビーも、人間が産み出した物理的な社会制度による歪みとて、所詮は信仰的な世界において、個人の問題として形では捉えられない形而上の世界で、それぞれの人間が己と向きあって解決して行かねばならない、そういう事を言ってるようですね。氏の力点が古代から存在する人間の目に見えないものへと畏怖感、そういう事象について思いを深めよ、そのような深遠な哲理を基準に、むしろ人間が創りだしている人為的な歪み(社会的な不平等)などは、取るに足りないことに見えて来て、むしろ左様な矛盾があるからこそ、人は生きていける、そういう論理のようですねね。

何事も、文明草創期にあった天地と人の一体感からすれば、全てはそこに吸収される、つまり人為的な矛盾から生じる悩みなどというものは、取るに足りないことだ。そう思えば世俗的な、資本による飽くなき利潤追求オンリーの本質から受ける影響なども、単なる悩みに過ぎず、神仏的大きな抱擁に包まれることに思いが至らない民衆の浅はかさが、格差にうるさくなっているだけのことだ。そういう事のようですね。

仕事の有無とて、そのことによって精神的に平穏に過ごせるはずの事なのに、それを騒ぐ民衆の方が、未だに文明の何たるかに至っていないことの証ではないのか、確かにそう思えば、では人間、何に対して糾弾を続けるのか、神仏一体的な抱擁の中に入れば、不公平も格差も何も問題があるとは感じられない筈だ・・・J・トインビーは、多分、そういう事を言っていたのでしょうね。

ただ、よく分からないのは、仕事こそ、ロクでもない考えを起こさない場であるのに、その仕事を奪うようなオートメによる余暇の増大に、J・トインビーは何故警告を発したのか、そこがさっぱり分かりません。経済関係から生じる形而下的で人為的な事象に対してさえも、個々人ではどうすることも出来ない物理的人為的な事象までをも、形而上的な個々人の情念の世界で解決せよと言ってたのでしょうか。

21世紀における文明崩壊の危機は、むしろ形而下的、人為的な操作によって為される傾向が強くなっていると思えます。環境問題とて、資本の本能による論理で悪化し、人の生活を不安定にする雇用の問題にせよ、むしろ人為的な操作によって不安定化されている。その不安定さの中に平穏さが存在するのであって、それに気づかないことが文明の崩壊につながるとの論理になって来て、どうもよく分かりません。逆に現状のおかしな現象に不満を持つ、その事の方が、文明の崩壊につながるとの文脈になって来ます。

仕事にこそ生き甲斐がある、でも人為的にその仕事にもありつけない状況を作り出した結果としての不安が、平穏さにつながるとの論理がよく解りません。橋立さんがよく出されている格差のデータ。よく調べておられると何時も感心していたのですが、その格差データ提示の意図も、このような格差がある事に驚いてはいけない、惑わされてはいけない、その中にこそ平穏さが隠されているのだとの意図であったとは、とても思えないのですが。

つまり、個々人の宗教観、芸術観的な形而上的で抽象的な場で、社会制度的矛盾に対する人間の思いも消化すべきだとするなら、糾弾とは、何に対するものなのかが、分からなくなってしまいました。これは、原著も読んでいないけど、どうもJ・トインビーに対する私なりの疑問にもなって来ます、特に文明と宗教的考察をしておきながら一方で、資本主義をバネにする生産性の向上から生じる暇な時間に文明の危機を設定している文脈が、さっぱりわかりません。まあ、それに対する世間一般の消化不良的解釈に危機感を持たれることについては、よく理解出来ますが。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存