ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

食い合い=M&Aの時代=カネが鳴ります ( No.455 )
日時: 2017/07/13 09:54
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/06/09 08:32名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

流行っている店ならヘッジフアンドは、それを乗取って、その企業を更に高値で売って儲けようとします。小泉時代に資本の自由化によって、大流行になったM&Aです。それに沿うように会社法も改正されたのですから、法を国際金融資本に合うように改正したのですから、もう話になりません。

そして当時、自民党は法改正と同時に、それまで禁止していた外資による政治献金も、解除していたものです。自民党商法、会社法改正部会が、そのような案も抱き合わせで出していた、空いた口が塞がらない思いでしたね。
青トマトさんの例は、むしろ優良企業内部が、変な事業にのめり込んで、自業自得で会社を傾かせるケースですが、まあ我が国が更に儲けようとのスケベ根性で、外資ヘッジフアンドにも自由に行動の場を解放して国産企業を傾かせてしまう光景は、その例に当たるとも言えます。

このような光景が何時始まったか、ライブドアのホリエモンの名がすぐに浮かびます(笑)。ニッポン放送の仔会社化を巡って、ホリエモンとフジTVの、すさまじい株式奪い合いが始まりましたね。双方、お互いの企業株式を奪い合って、経営の主導権を握ろうとする。そして左様な手法で日本企業を支配しようとした外資が、三角合併方法を編み出し、当時の自民党に法改正を求める。

三角合併とは、株式争奪戦において、双方物量に限界がある時、外国企業が日本に置いた仔会社がその株式争奪戦に参加させ、本国外資親会社の株式評価をも、日本設置の仔会社に適用できるとする手法です。例えば、日本に置いた仔会社が資本金10億円程度で、狙う企業相手に株式交換による経営支配には、数が足りない。さような時には、本国親会社が100億円の資本金で時価もかなり高い位置にある場合は、その株数も、時価を簿価に換算して株数を増やし、日本に置いた仔会社の株数に適用できるとするものでした。これじゃあ、相手外資が巨大企業では勝てる訳がありません。

郵政民営化の時に、トヨタの奥田が経団連会長になり、民営化に大協力、民営化に一定の役割を果たした後、キャノンの御手洗が後継経団連会長に座りました。当時キャノンは既に外資株主が50%を超えていました。旧法では外人持ち株が50%以上の企業が政治献金することは、禁じられておりました。そこで新経団連会長に座った御手洗が、自民党への献金増やして、大企業の海外活動に有利な法改正をさせる為に、外資による企業献金を解禁させ、外資にも日本国内活動に自由を与える。その見返りに日本企業も海外で動きやすくさせる。

NHK籾井会長が社外取締役を務めていたグロ−バルアジア社の増資に絡む株価上昇煽り、その原型が05年前後に一気に増えた、株式市場における敵対的M&A=TOBの乱舞でした。楽天によるTBSへの敵対的TOB、王子製紙による北越製紙の乗っ取り、インスタントラーメン屋の明星食品までが外資ハゲタカフアンドのステイール・パートナーシップとかいう、得体の知れないフアンドに狙われて世間を騒がせたものです。

普通に経営し、まあ波風立たずに順調に行ってる企業の株価が突然、上昇を始める。別に何の新しい画期的な新規事業も無いのに、株価が上昇し始める。大抵の場合、背後でヘッジフアンドがその当該企業の株式を買い増し始めているのです。そして新たな役員を送り込み経営に参画する。この手法はまあ、旧態已然たる経営を行っている企業に、新風を吹き込むと言う点では、効果もあるでしょうが、本質は乗っ取るとみせかけて株価を上げ、儲けたらさっさと手を引いてしまう、それに乗せられて調子に乗り過ぎた大衆投資家は、いつも損させられる。バクチ世界における自己責任の問題ですから、こちらは関係ない(笑)。

まあ、さような金融資本主義的手法が世界化し、企業は常に大株主におびえる株主資本主義時代。非正規労働制度などの促進も、株主資本主義時代の結果でしょう。それを是正するのが政治と言うものなのでしょうが、政官財が一体化しておりますから、どうしようもないのですね。カネ、カネ、カネの時代です。

昔、NHKのラジオドラマで、菊田一夫の曲、♪緑の丘の赤い屋根・・・鐘が鳴りますキン、コン、カンという主題歌がありましたね・・・後の歌詞がメエメエ 小山羊が鳴いてますぅ〜〜と続いておりました。カネが唸り声を上げて、小国民がメエ、メエと鳴いているように聴こえます(爆)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存