ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

国際天然資源メジャー ( No.457 )
日時: 2017/07/13 10:05
名前: イントィッション ID:Hcd76eow

日時: 2015/06/10 12:38名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

NHK会長籾井が昔、社外取締役を務めたグローバルアジア社時代の疑惑、株価暴騰させるために、誰でもがそう簡単に扱えない、業界参入が難しい金属関係、原油などの天然資源を定款に取り入れさせて一般投資家を騙した話が、中途半端になってしまった。

もう、どうでも良い事だが、この地球規模で存在する鉄鉱石、銅、金銀、アルミ、ウラン鉱などが、僅か三社+1で支配されている事は知っていて損はしないので、序に書き足しておこう。

その三社とは、
〇リオ・チント・ジンク=リオ(スペイン語の河。チント(スペイン語の色調、顔料)。ジンク(英語の銅)元々はローマ帝国時代に ローマに銅を供給していた南部スペインの鉱山。1873年に英仏ロスチャイルドが、鉱石から金を抽出するのに水銀が有効であることを発見し、同鉱山を買収)
〇BHBビリトン=豪州の石炭鉱山BHPと英ビリトンが合併。そのビリトンがロスチャイルド系
〇アングロアメリカン=ロスチャイルドのダイヤモンド鉱山である南アのデビアス及び南アの金鉱山アングロゴールドを運営する会社。カナダではミノルコ・カナダを通じ、ウラン鉱山や銅鉱山を所有)
〇+1=ブラジルのヴァーレ。ロスチャイルド系とは関係なく独立系。でも長年に亘ってロスチャイルドに系列化を狙われている。

上記三社の基は、英国及び仏ロスチャイルドです。そして5年前?だったか、その豪州BHBビリトンとリオ・チント・ジンクが合併しようとした。もう想像を絶する巨大な資源支配企業となり、資源価格がいかようにも動かされてしまう。さすがに世界最大の鉄鉱石、石炭消費国である中国が猛反対して合併話は頓挫してしまったが、やることが柔じゃない(笑)。

2014年鉄鉱石世界生産量 約20億トン

ブラジルヴァーレ3億トン
ロスチャイルド系3社3億トン(リオチントジンク、BHBビリトン、アングロアメリカン)
中国8億トン
他ロシア、インドなど6億トン

最大消費国は中国。年間11億トン。内輸入が3億トン。これを全部ロスチャイルド系3社に頼っている。価格を好きなように決められるリオとBHBの巨大合併に猛反対する訳だ。何故ロス系の鉄鉱石が優位にあるのか、品質が全然違うそうだ。そしてその取扱い権益を三井は40%も有している。NHK会長が元三井出身で鉄鋼屋であったからには、一製糸業に天然資源鉱物を取扱い品目に掲げさせ得る理由が、そこにある。

歴史的にも日露戦争では、戦費18億円の内、8億円を国家要請により、ロスチャイルドから調達する仲介を行ったのも三井財閥。そしてそれを全部返さない内に満州事変が始り、ロスチャイルドの代理人としてアメリカからはグリューが駐日大使として、英国からはリンドレーが駐日大使として赴任。

グリューはペリー提督の閨閥に入り、そのペリー家はロスチャルドと閨閥を持ち、英国からのリンドレーは英国ネイサンロスチャイルド銀行の番頭であった。両者は、日露戦争時の債権の取り立てを三井財閥を通じて行い、三井本社に日参(笑)。交換条件は、日本が満州で得た天然資源権益の譲渡であった。

いずれにしてもロスチャイルドとの関係は、三菱より三井が歴史的にも緊密であったし、国際商権にも強い。昨年、ロスチャイルド石油であるブリテイッシュペトロ・BPと合弁で、米湾岸ガルフ、メキシコ湾で原油掘削に着手したは良いが、ドリルが折れて原油が海を汚し、巨額訴訟を起こされていた。損害額は約1000億円だっと記憶する。他にも米国シエールガス掘削で大損こいている。

でも絶対に潰れない。国家独占資本なのだから(笑)。国際金融資本然りです。バックで天然資源を押さえてしまっているのだから。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存