ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

強行採決のためのセレモニー、中央公聴会が終わり、いよいよ狂犬が発狂する ( No.491 )
日時: 2017/07/15 17:26
名前: イントィッション ID:5nHhSTPA

日時: 2015/07/14 01:27名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

昨日、衆院安保特別委員会は、5人の識者なる者を呼んで意見を聞いた。

野党側の三名は当然、この安保法案に反対意見。反対しようがこれは関係ない。採決の為の単なるセレモニーで、これで形式手続きは済んだとして、シンゾー狂犬が公式に首輪を放されて戦争反対者に噛みつくことになる。

しかし与党側識者の意見って、聞いていて、一体、目はどこについている!と怒鳴りたくなってしまう。典型は外務省出身の岡本行夫の意見。海外で外国軍隊が日本人を救出した例を挙げ、安保法制を『各国の善意と犠牲で国民の生命、財産を守ってもらい、それで良しとしてきた日本の在り方を転換する』

では存立危機事態を何故標榜する?これは単に日本人救出などの問題を遥かに超える、戦争そのものに対する防衛概念であり、しかもその防衛を、個別自衛権から離れて集団でやろうとするものだ。それを単に日本人が救出されたとの、ほんの一、二例をあげて、それを今度は日本軍も参加しての集団的に救出するとの趣旨だから、画期的な転換だとするのは、外務省官僚でありまがら、ちょっと大げさすぎるし、集自権を一番最初に持ち出した時のシンゾーによる、日本人じっちゃん、子供を救出してくれる米軍の行為を想定したあの、子供じみた発想と何ら変わらず、日本人を助けてくれるとの美徳に、戦争法案の本質を隠そうとする以外の何物でも無い、子供じみた見解である。

あのイラク戦ではっきり覚えていることがある。米国による軍事開始の名分は、イラクによる大量破壊兵器の存在であった。結果、何も持っていなかった。多国籍軍もその頃から、何だかこの戦争、怪しげなものだと思い始めていた時、スペインだったと思うが、イラク戦報復としてすごい列車の転覆テロに見舞われて、スペインは、イラク戦から撤退してしまった。確かドイツもさっさと引揚げた。

残ったのは英国と日本。その英国も撤退開始したのに、後方支援であった自衛隊だけは、誰かの指示を待つかのように、最後まで残っていた。昨日のシンゾーによる、辻元議員の追及に対する答弁、後方支援であっても自衛隊は、生命の危険があるときは、撤退できるとする答弁。お前、イラク戦の時の小泉内閣で官房長官ではなかったか?米軍と共に事実上最後まで残っていながら、その実績も隠して何が日本の自主的撤退ができる安保法案だと言うのだ・・・

最初は日本人救出の為に、集自権が必要だtの改正目的の説明から始め、途中から段々その安保法案の本質が見え始め、すると、わが国に対する存立危険が発生した時にしか、集自権は発動しないとなり、裏返せば安保法制は、日本人救出を目的とするものではなく、要するに海外で戦争に参加する為の、しかも米国の戦争に加担する輪郭が浮かび上がってきた。

そして国民側が、この法案を理解していない、説明して行くといいながら、ジミンお手盛りのネットTVで説明、それも説明と言えるシロモノでもない、そして国会の公式の場での答弁は、子供でも分かる矛盾した物言いに終始する。しかも恥じらいの片鱗も無くだ。

そして多分、16日には強行採決に入る。それは参院での審議を睨んだ憲法59条による60日ルールを睨んだ日程の逆算しての採決と思われる。参院では与野党は過半数の議席は持っていない。参院が否決、あるい衆院で議決されて送付された法案を、60日以内に議決しない時は、議決した衆院に送り返されて、2/3の賛成で成立してしまう。衆院は目下、自公で2/3以上の議席を持っているから、この戦争法案は成立間違いない。

シンゾー狂犬が発狂するのは、その日程が頭に入っているからである。矛盾した説明など出来ない空っぽ頭でも、発狂の日程は計算できるのである。狂犬とは、元々から狂っているのだから今更発狂でもないのだが、潜在的に持っていた狂気が、表に出るという意味で、発狂するのだ。

この責任は、狂犬に権力を与えた国民にある。狂犬注意立札に該当するのが、憲法9条なのだが、立札など狂犬には何の役にも立たない。保健所で殺処分するしかないのだが、保健所に該当する司法がこれまた、立札無視の狂犬野放しだから、どうすることもできない。

残された手は、強行採決しても、次の発狂、わが国を現実に戦闘に参加させる海外派兵を、事実上できないように監視するしか方法がない。繰り返して言おう、全ての責任は国民にある。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存