ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

政治における民衆の疎外感>高校生にまで広がったデモ ( No.519 )
日時: 2017/07/16 11:38
名前: イントィッション ID:rhTmK/mw

日時: 2015/08/05 07:48名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

「疎外」なる難しい言葉は哲学用語で、少なくとも私にとってこの言葉を知ったのは、遥か昔の学生時代での、経済学用語としてのマルクスによる労働の疎外論であった。

些か理屈っぽい話になるが、ドイツにおいてヘーゲル、フオイエルバッハを経て、カールマルクスが経済学・哲学草稿で持ち出したこの疎外理論は、人間が創り出したものが人間から離れ、それが逆に人間を支配してしまう現象として理論化したものだ。

経済行為において生活や社会に必要な財貨は、資本の基で商品として生産される。機械を使うにしても人間が働いて商品を創りだす。だが、その商品は人間が創り出した途端に、手元から離れて自分の手元には残らない。同時にそれに見合う労働の対価は賃金によって充当される。人間が生産するもの、それを通じて得られた賃金によってしか人間は明日の命を再生産できない。

商品を創りだした者に商品は帰属せず、且つ、その生産行為を通じてしか明日の生活が維持出来ない、これをマルクスは労働の「二重の疎外」と理論付けした。そして逆に、そのシステムによって人間が逆に支配されてしまう。最も身近な現象では派遣労働法などが法として成立してしまうような状況がそれに該当する。もっと広い範囲で言うなれば、人間疎外が世界規模で広がってしまったのが、現在の醜い生き物の本性を顕し始めた世界ということになる。

その現象を起こしているのが、政治の世界であると言える。だが疎外という哲学概念が政治面で用いられた例は無いように思う。狭い範囲で言うなれば、シンゾー政治など民衆にとって、正に現代における「政治の疎外」現象なのだが、経済的疎外概念は既に150年前から理論的に形而下の問題として体系的に論じられているのだが、政治学者の所為なのか、政治面でそのことが指摘された例を知らない。

つまり、単なる選挙制度による民主主義として政治システムが捉えられているからなのか、つまり政治制度は「形而上的」にしか把握されていないから、有権者の政治に対する乖離が生じて来るのではないか・・・簡単に言えば、こうこうあって欲しいと投票しても、大概の場合は、その思いは政治の場では通じない、逆に有権者の意思とは反対の状況が多く、しかもそれによって逆に有権者は支配されてしまう。それは正に「政治における疎外感」となって政治離れとなってくる。更に言えば、その現象は、そもそも人間の社会生活上必須のこととして編み出された制度を、人間から離れた状態にしてしまう。

その現象は、経済行為において、人間が人間の為に生産した物を、人間が直接手に出来ない、自由意志では決められない賃金の多寡によってしか必要な財貨が得られ無い「二重の疎外」と、政治上のそれが非常に似ている・・・故に「政治における疎外感」と命名してみた。

デモはそのような政治における疎外感の一つの対抗として現はれる。まだ政治的権利を持っていない高校生までが、将来における自分たちも政治的に疎外されてしまう危機感からデモを始めたのなら、それは意味のある行為ではある。願わくはその行為が、感覚的な=形而上的な行動ではなく、具体的な=形而下的なしっかりした、身に跳ね返る危険な政治に対する断固とした排除の運動であることを願うばかりだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存