ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

70回目の敗戦記念日(2)>米英との講和仲介をソ連に依頼した方向音痴 ( No.523 )
日時: 2017/07/17 10:21
名前: イントィッション ID:n/lgTdUs

日時: 2015/08/09 12:35名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

対独戦にケリを付けたら当然に、満州ソ連国境に居座る日本軍に対峙するソ連に、どうして講和の仲介を頼んだのか・・・昭和20年4月から既に終戦処理工作案の準備を始めた松谷誠陸軍大佐が戦後書物にした「大東亜戦争収拾の真相に書かれている。

松谷大佐は、陸軍内少数派の早期講和派で、東条英機の怒りに触れて中国戦線へ左遷されていた所、杉山陸軍大臣、梅津参謀総長に呼び戻されて終戦工作計画作成に従事。

1945年4月7日:自動更新となっていた日ソ不可侵条約の更新をソ連が廃棄。

東郷駐ソ大使は、対ソ施策はもはや手遅れで、軍事的にも経済的にも、ほとんど利用しうる見込み無しと主張。しかし陸海軍首脳はそのことが理解できないものだから、鈴木貫太郎首相は仲を取って、ソ連の腹を探りつつ、事を運んで見よう、その為に三つの原則を建てた。

1、ソ連の参戦防止。 2、ソ連の好意的態度の誘致。  3、戦争終結につき、ソ連をして有利なる仲介をなさしめる。
これ、あっはっは、ですね。この期に及んでもこちらの勝手な条件で相手を見ようとする。目下のシンゾーもそうです(笑)。

外相になった東郷だけが、ソ連は英米と組んで利益を得んとしている、故に対ソ代償を考えておかねばならない。その為には、日露戦争以前の状態への復帰も覚悟しておかねばならない。だがこれに対し阿南陸軍大臣が「我が国が負けた形で終戦条件を考えることに猛反対。だが米内海軍大臣はこのままでは国体の護持もままならぬ、一刻も早く講和の体裁を整えるべきだとし、天皇も東郷外相の意見に傾きつつあった。

そこで8月に入って、大本営会議とは別に、最高戦争指導者会議の設置が決められ、大本営会議では参加できなかった鈴木首相、東郷外相も会議メンバーになれた。

1億総玉砕の思想から抜け出せない大本営に代わって、最高戦争指導者会議でも、ソ連に米英講和の仲介を頼み続ける理由として、

(1)スターリンは独ソ戦争後、左翼小児病的態度を揚棄し、人情の機微に即せる左翼運動の正道に立っており、従って恐らくソ連は   我々に対し国体を破壊し、赤化するが如きは考え得ない。
(2)ソ連の民族解放政策は、白黄色人種の中間的存在として、スラブ民族特有のものとして、スラブ民族は人種的偏見少なし。され   ばその民族政策は民族の自決と固有文化を尊重し、内容的にはこれを共産主義化せんとするにあり。よってソ連は、我が国体と   赤とは絶対に相容れざるものとは、考えていない。

もう何と言いますか、初心で表層的な物の見方です。シンゾーなど、相当な費用をかけて世界を飛び回っているが、どこまで文化人種の深層を見極めているのか、ただ人気取りに国税をムダ使いしているだけで、何も学んではいない。あの当時の表層的な物の見方でただ、対米隷属に走る。当時で言えば、上記のようにただソ連崇拝で和解工作を依頼した、あの当時の表層的物見を、再現しているだけである。

今日は長崎原爆投下の日。疎開先長崎で虫の知らせでもあったのか母親の指示で、他所にさらに疎開して被爆せずに済んだ。3か月後くらいだったか、長崎を通過した時のあの長崎駅における、この世のものとはとても思えない幽霊のように彷徨う、大勢の被爆者の姿が目に焼き付いている。

それでもシンゾーは、広島式典では非核三原則には一言も触れていなかった。世論を気にしたのか、今日長崎での式辞では触れるとか言ってたが・・・。

メンテ
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存