ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

見向きもされなくなったアベノミクス(3) ( No.527 )
日時: 2017/07/17 10:49
名前: イントィッション ID:n/lgTdUs

日時: 2015/08/13 13:37名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

このように、株以外では何の効果も出せなかった日銀異次元の金融緩和だったのに、副総裁の岩田規久男元東大が 、超金融緩和解除の出口模索を始めると言い出した(笑)。効果が出るには時間がかかると言いながら、効果も出ていないのに、アメリカが金融緩和中止と言い出したら、一丁前に止めると言い出した(笑)。まあ戦後、失った自主性を絵にかいたような政策ではあった。

金融緩和を中止するということを国債市場の専門用語ではテーパリング(=ロウソクのロウが徐々に減って火が少しずつ消えて行く様)というのだが、これがなかなか難しい業なのである。

FRBもサブローン破綻救済の為に、成り振り構わない姿で目茶苦茶な国債買入れと私企業の社債まで適格担保として金融緩和をやった。その後始末の意味も兼ねてFRB議長はバーナンキからイエレン女史に交代した。当然の人事で、収束始末は新しい議長じゃないとできない。

そしてどの程度の経済打撃が回復しているか、その見極めも併せて政策を変更しないと、景気も回復していない時に、金利が上昇し始めてスタグフレーションに陥ってしまう。イエレン女史は就任と共にそのテーパリングを始めるぞと、盛んにアドバルーンを上げてきて、なかなか金融緩和は解除しなかった。緩和中止するぞと匂わせながら、金利動向=国債買いを止めるのだから少なくとも金利は上昇のスタートラインに着く。更には我が国の野方図な国債発行と違い米国の場合は、発行限度額の上限が厳しく設定されており、ここ数年、年中行事のようになってしまった予算編成の遅れにより、」警察官などの公務員給与支払いが遅れたりして、社会不安を起こす有り様であったから、むしろ国債発行中止=FRBによる金融緩和停止をやらねばどうしようもない状況ではあったのだが、しかし金利上昇すれば、緩和中止の材料であるべき経済回復の足を引っ張る。

とにかく難しい操作を求められ、その見極めをやっていたのであるが、どうやら今年一杯で中止のハラを固めた気配があった。ところがだ、一昨日中国が、元の変動固定幅を2%下げると、突然の決定。どうやら不動産バブルがはじけて株式市場が大暴落した為に、景気悪化で輸出不調の懸念が出てきたものだから、あっさりと元切り下げを実施してしまった。さすが一党独裁の国家ではある。こういう決断がすぐやれるという、独裁政治の利点ではある。

シンゾーの独裁など、アメリカ鼻息次第の独裁である(笑)。

だがアメリカも一昨日の突然の中国元切り下げによって、せっかくテーパリング開始しようとしたのに、それが出来なくなったと思う。

だが我が日銀岩田副総裁殿は、アメリカがテーパリング開始する気配を感じたら、こちらもそれに連れて超金融緩和は停止すると言い
出したのだから、今週の発言が見ものではある。デフレ転換により景気回復させる為に行った超金融緩和の効果は何も出ていないのに、アメリカが金融緩和止めると言いだしたら、一丁前にに止めると言い出す。いや、これ以上やると今度は、止めるに止められなくなるから、止めると言う行為を止めるのもおかしな話になる。

出口が見つからなくなる状態を、ホテルカリフオルニアの比喩で例えた投稿は、今年春だったか既に書かせて頂いた。出るに出られなくなる状態とは、1000兆円にも負債が積み上がると、これ以上の負債積み増しは、将来かなりの影響が出て来る。国債買いオペを中止するだけで済めばまだしも、、次は買った国債を売却処分しないと、複利計算での利払いがどんどん膨らみ始めるから、今度は手持ち国債を売っていかねばならない=売りは金利上昇を起こすのです。それは同時に国債価格の下落を招きます。売るのですから・・・すると政府借金に莫大な負担がかかり、財政悪化に拍車がかかり、日銀に残る国債も資産価値が下がれば、それ見合いに供給していた円価値に影響が出始め、為替が混乱してくる。

それでも国民が生活が苦しくとも、将来不安に備えて貯蓄するから政府は、それを間接的な返済財源として、国債が発行できる。何故こんなに借金が増えても破綻しないのかという謎は、ここにある。しかも借金の相手は国内金融機関であり、そのオカネは国民が預けているもので、それを先々のY担保にしているようなものだから、まだ破綻はしない。でも必ず限界は来る。

財政は破綻してもおかしくないのに、まだ国債によって借金が出来るものだから破綻しない。それはミクロ分野である国民の勤勉性がまだ有効になっているからで、マクロを構成している個々のミクロ分野がおかしくなってくれば、マクロも破綻を見ることになる。
既に資本主義の限界は見えてしまっている。何故限界かと言えば、ただ成長率で以ってしか、金融制度も含めて成り立たない宿命がある。も一つの要因は、需要あっての経済なのに、需要の担い手である消費生活者への配慮が無いから、限界が来て当然である。

要するに分配の問題なのに、そこを全く考慮しないのが資本主義の宿命であり、故に限界が来て地球自体がおかしくなってしまうのも、自然の理である。分配が歪んでおれば、需要したくても需要できない。デフレギャップの差を埋めることができなければ、いくらカネを日銀に積み上げてもデフレを解消することなど、不可能である。そのギャップ=差は何か、それを埋める方法は簡単なことなのに、それに気が付かない施政者では、いくらカネ積んでも経済が復活することなど、望む方がムリというものだ。

いや、気がついていても資本主義ではギャップを埋めることは出来ないのである。だから必ず限界が来るということになる。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存