ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

M資金→小林秀雄論→吉本隆明→?? ( No.545 )
日時: 2017/07/17 13:46
名前: イントィッション ID:n/lgTdUs

日時: 2015/08/27 20:46名前: 満天下有人 ID:Qigtek9.

M資金の話が、暗い小林秀雄論となったので、むしろ小林は、吉本と違い、文学者的人間探求の士ではなかったか、それを示す話として小林が、大和心、大和魂の探求にも思索していたと、本筋から少しはずれた話をちょっぴり書きましたら、大和魂論も出てきて、青トマトさんが言われているように、話が広がってしまって、何をやっていたのかな?と、目下頭を整理中です(笑)。

小林秀雄の平家観、はっとするようなことを言っており、そしてキリスト教に対する見方も、小林思想の思索の脳の展開、順序が見えて、興味深いものがあるのですが、吉本隆明はむしろ思想を、現実の社会構造を創っている要素として展開する、形而下的な思想家且つ実践運動家であったのに対し、小林はどちらかと言えば、純文学的な分析から、人間社会に迫っていたように感じます。

はてさて、話はM資金でした。仰る通り、<もしもですよ、残高を国民に明確に表示して、戦後復興に当てると宣言して、財政も明示すれば、戦後インフレも軽減された可能性はあるのではないでしょうか。>

中断しております高橋是清の財政政策とて、戦争財政拡大は国民に示さず、ただデフレ脱却とのまやかし大義を掲げました。国家とはそのようなもので、インフレ軽減とか、そんなことは最初から考えてもいない。ただ政治権力維持が目的ですから、召し上げた国民の金銀ダイヤを、復興にあてがうなどと言うことは、最初から考えてもいない。貴金属を返すどころか、更に国民預金封鎖までやって、政治、財政政策の尻拭いをやったのです。貴金属資産は児玉誉士夫やキャノン機関などを通じ、都合よい政治権力再興の為に使っている。

青トマトさんが、吉本隆明を持ち出されての主張の意図が、少し見えて来ました。

<要は、インフラや生産設備が破壊されただけでなく、戦後において、国民の資産が返却されずに略奪されて、戦後政治支配に役立てられた可能性を探る、“その権利を、国民は有する”、と言いたいわけです。>

ここですね、論点の趣意は・・・色んな要素が盛り込まれていたので、よく分かりませんでした。

その国民が、政治権力に好き放題やらせている、何を言っても徒労だ、そのニヒリズムが国家を更に悪循環に落とし込んでいく。だが吉本隆明的思想では、今の社会をリードできないのでは・・・何と言えば良いか、もっと生活実感的に、それも今様の感覚に合うように持って行かないと、理解されないような感じがします。

国家とは、贅六さんが続く投稿で言われているように「クニ」として枠がはめられてしまいました。これを打破するには、余程のことがない限り、ムリでしょう。山田洋次監督の名作、ふうてんの寅さんで,寅次郎の本家二階に下宿した妙齢の小学校の先生に、寅さんが日本の歴史を教えを受ける。途中で居眠りしてしまった寅さんのノートには、カタカナで「クニのハジマリ」としか書いていない(笑)。

これほど近代化された社会に住むようになっても、民衆による国家観とは、寅さんのクニのハジマリと、同程度のものでしょう。だがせめて身近にいて、投票する対象としての政治家を厳しく見ることくらいは出来る筈です。滋賀県の武藤議員のデタラメさ、いくら何でも身近に居る者なのに、それも分からないでは話にならない。
そんな政治を行う中央の連中、先ほどTV見たら、維新党創業者の橋下と松井が党を離脱すると言ったら、安保法案の国会扱いについて、脳タリン高村と、えせ信者公明の北川が、維新の党の出方が重要になって来たから、そこを見極めつつ対処せねばならないと・・・・

もう手の付けようの無いクニに成りました。戦争法案をどうするか、一重に国民がどう望んでいるかは関係なく、これまた低脳集団の維新の党の動向が、重要になったと、丸で方向違いの、ただ保身だけの為に政治の実態をむき出しにして、はばからない。M資金を役立てようなどとは、ハナから考えてもいなかった戦後と同じです。

何度も言いますが、もうこのクニはダメですね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存