ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

見え見えの、投機による株式市場の戻り ( No.547 )
日時: 2017/07/17 14:02
名前: イントィッション ID:n/lgTdUs

日時: 2015/08/28 19:52名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

結果論ではないかと言われてしまえば、何も言えなくなるが、暴落過程で三日間の大幅下げは、三兵黒カラスの出現と言って、更なる暴落が続くと、一丁前の解説をさせて頂いたが、その通りになってしまった。その後更に三日間の暴落。

胸に手を当てて考えて見ればよく分かる投資家心理が存在するのだ。クライマックス場面になると特に、大衆心理がワッと出てくる。そうなると経済の実態など、どうなっているか、先行きはどうか、などと言う冷静な判断が出来なくなる。その逆も真なりなのだ・・・上昇パワーがえらい早いな、と警戒している内に、それに乗ってしまう。これを逆クライマックスという。素人ほど高値掴みをやってしまう。

さて三日連続大暴落の後の更に三日後の25日には、投資家にとっては腰が抜ける程の▼733円もの大暴落に見舞われた。これを陰の極と言うのだが、様子を見ていた者が全員、これはやばいと思って最後の一斉売りをやる。

それまでの下げ過程で、東証の売買株式数は、一日21億〜25億株であった。今日は下げ止まるかなと淡い期待をかける投資家心理が出ていたのである。だがどうも中国発世界経済はおかしくなって行く気配が濃厚で、もう大損こいてはいるけど、泣く泣く売っておこうと決断したのが、25日で、この日の東証出来高は45億株であった。つまり実弾売りを伴ったということで、皮肉にも、そこが当面の下げの底になるケースがしょっちゅうある。

そうなると、売りは出尽くしているわけで、力のある機関投資筋は、待ってましたとばかりに買いに入る。売りは出尽くしているのだから、今度は逆に暴騰する。それが一昨日から今日にかけての日経平均の戻り上昇なのだ。背景には27日の米NY連銀総裁が、これで金融政策は引き締めるのが困難となったとの発言で、まだまだ資金の流動性が続くと見て、相変わらず資金を株式市場に戻し始めたことも大きく影響した。

それは、世界経済が、中国だけによって成り立っている訳ではない、他にも成長の芽はあるとの確固たる客観的分析によって、下落自体がおかしかった、そんな筈は無いとの判断によって、株式市場が再騰し始めたものでもない。巨大投機筋による市場テクニカルな売買によって中間戻しを行っただけである。

日経平均で言えば、目先下値の抵抗線であった75日移動平均線の18000円どころを大きく下に割れてしまって、ここ二日間の上でやっと18000円に戻っただけである。

戻ったというより、大幅下げの6日目から、明らかに最後の買い手である政府筋の買い支え買いの跡が見えた。恐らく年金基金、日銀などが買い支えを行ったことは見えている。

どうしてそのようなことをするの?(笑)、答えは簡単(笑)、政権の経済政策の化けの皮が剥がれてしまう・・・暫く冷却期間が来て冷静に考えたら、世界経済はマイナスフアクターがゴロゴロ転がっている。中国が国家権力によって通貨切り下げをやったのだが、自然市場でも新興国の通貨は弱い方向へ向かい始めている。FRBによる金融緩和政策の転換=ドルの引き締め=新興国からの投資引上げ=新興国の通貨安=新興国のインフレ萌芽・・・恐らくこのようなパターンで動いて行くことだろう。

成長無き資本主義経済制度の宿命とも言える金融市場の変動。その下で我が国防衛予算は今後、増額していくようだ(笑)。経済のリセットは、インフレターゲットでは出来ない。戦争によって一旦
破壊されなければ、一からの成長ができないのである。ノータリンシンゾーどもは、そこまでは考えてはいない、そんな頭脳が元々あるはずもないから(笑)、でも戦争に突き進むのは案外結果オーライで、経済再生に有効かもだな(笑)・・・もう勝手にしやがれ。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存