ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・F ( No.55 )
日時: 2017/06/24 11:47
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/11/23 07:22名前: 満天下有人 ID:wV7GiXC2

・・・穀物メジャー帝王のカーギルが、国家に税を払いたくないもので税金天国のパナマ運河に仔会社トラッダクスを設立し、その株式50%をスイスのクレデイスイス銀行に譲渡・・・その話を紹介していたら奇しくもオリンパスが、スイスの地下トンネルに利益を隠し、それを担保に巨額株式損失を税金天国カリブ海のケイマン島投資フアンドを起用して、カネの流れの痕跡を絶とうとしていた・・・まあ、オリンパスは精密機器企業だから、精密機器で有名なスイスとは古くから馴染みがあったのであろう・・・

・・・ロスチヤイルドが200年も前に編み出したスイスを舞台に作った古典的な利益隠し手法を用い、そこへ21世紀型証券金融手法を加えてカネの流れの痕跡を消すやり方は、天晴れというべきか、やり方は何時の時代でも同じと言うべきか、しかし巨大資本や同族系企業なら、どこでもやっていることであろう・・・

・・・パナマからオランダ領アンテイル諸島を通り、英領ケイマン島にヴァージン諸島を始め、このカリブ海には、どうしてこんなにオカネ隠しの天国が広がるのだろうか・・・税避難所と言う意味でのタックス・ヘイブンの「ヘイブン」発音が天国ヘブンの発音と似ていることから、税金天国ともじられるようになったのだが、紺碧の海と空の下で、ワル知恵も含む知能の限りを尽くしてせっかく儲けたオカネだ、せめて青い海と青空の下では羽を伸ばせという思し召しでもあるまいが、とにかく歴史的に海にもトンネルが作られて来た・・・誰がそんなことを思いついたのであろうか・・・

・・・キーワードはやはり船と穀物、石油の関係にある、そこから上がる巨額利益、それを税の生贄にしてなるものか(笑)・・・船会社にとって季節に関係なく積荷があり、しかも大量で安定商売になるのが穀物と石油である・・・船舶と穀物の関係は後述するとして、船と石油の関係からカリブ海を見ると、ヴェネズエラ沖合のアンテイル諸島はオランダ領であることに目が止まる・・・ヴェネズエラは石油産出国である・・・

その北部キューバーの下には英領ケイマン諸島があって、その西側の大西洋に面する海域に英領ヴァージン諸島がある・・・言い換えるとカリブ海は、外国領としてはオランダと英国が番長を張っている・・・英国中央銀行イングランド銀行設立の経緯で紹介したが、ウイリアム三世がオランダからユダヤ金融商を引き連れてイングランドに入って、対仏戦争で枯渇していた財政立て直しの為に中央銀行を設立したあの頃、英蘭は既にカリブ海諸島を植民地化していた・・・そして労働力はアフリカ西岸や南アフリカから連れて来た奴隷である・・・

・・・南アフリカにおける金銀、ウラン、ダイヤモンド鉱山を手中に収めたロスチャイルドが、鉱山開発に現地黒人を奴隷化したのが1800年末のボーア戦争、同じ構図がカリブ海でも展開された・・・石油が噴き出たヴェネズエラ沖のオランダ領アンテイル諸島のキュラソー島に財団を作ったのが仏ロスチャイルド家であり、島民の殆どがアフリカ奴隷の子孫である・・・彼らの明るいが哀愁を帯びた労働歌、世界中でヒットしたあの、ハリーベラホンテの「バナナボート」に、心情が滲み出ている・・・

さて、その石油と輸送船舶の関係はどういう構造であったか・・・穀物メジャーと船舶の関係から横道に入るが、穀物と石油が戦略物資であることから、両者を切り放すことが出来ず、話が錯綜してしまうのだが、当時の船主は穀物の場合は粉じん爆発の危険性、原油の場合は船倉の再洗浄にすごい労力とコストがかかるので、運賃が最も高かった・・・故に穀物の場合はメジャー達が自前の船舶保有に走ったのだが、原油、石油のケースでは、オランダも英国もまだ手を出せずにいた・・・

・・・英蘭における石油メジャー、すぐに出て来るのがロスチャイルドが手に収めた英ブリティッシュ・ペトロのBPとオランダのロイヤルダッチである・・・このオランダ・ロイヤルダッチは、現在、誰もが知っているロイヤルダッチ・シェルである・・・街中でガソリン給油するとき必ず目にする貝殻マークの「シェル」・・・このシェルマークのシェル石油を創立したのは、イギリス下層階級ユダヤ人であったマーカス・サミュエルであり、彼が今日の原油輸送タンカーを開発し、その権益を原油と共に条件付きでロスチャイルドに譲渡した・・・

・・・マーカス・サミュエルは、自分の将来を決めるのは、維新で開国した日本であると目標を定めて1871年にスエズ運河からインド洋に出て、東南アジア経由横浜にやって来た・・・懐には僅か5ポンドの所持金を持って・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存