ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

中国張り子の虎論>紙製中国に振り回される西洋紙切れ ( No.557 )
日時: 2017/07/18 16:02
名前: イントィッション ID:PyMyARwU

日時: 2015/09/05 16:01名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

昨日も紹介したが、ロイターは中国軍事武器を、紙の龍・ペーパードラゴンと評していた。一昔前では、中国全体のパワーは張り子の虎と評し、図体はでかいが所詮、飾り物のトラに過ぎないという評価だった。

それがいつの間にか、世界経済はその張り子の虎に頼るようになり、それが減速してくると軍事誇示批判を起こし、今度はペーパードラゴンに過ぎないと言い出した。

一方で、その紙オモチャに頼ってきた米欧経済は、株式市場という、今ではデリバテイブ先物取引発達で、いわば空中戦のような市場で手にする証券なる紙切れが振り回されている。否、証券さえ不要な記帳だけによる売買によって、実態経済が大きく影響される。紙のドラゴンに吹きまわされる米欧ペーパーは、一体何なのだ?ということである(笑)。

ちなみに昨日の世界の市場は、大暴落が始まった時と同じような、しかもかなり下落した下の水準で、更に下へ向かう動きを暗示し始めている。

米NYダウ▼1.66%  日本日経▼2.15%  上海総合休日、一昨日▼0.20%
インド▼2.18%  英国▼2.44%  仏▼2.81%  ドイツ▼2.71%  イタリア▼3.18%

かくの如しで、何だか世界中で紙屑が舞い上がりそうな予感だ(笑)。そして必ずどの国でも最後の守り手である国家証券の国債に逃げ込んで行くのだ。バカじゃないか、その国家経済がどこでも破綻しそうになっているのに、その国の紙切れ化する紙に逃げ込んで行こうとする。まあ、金利がその分下がるから、富の評価損のいくばくかは救われる勘定にはなるのだが、で、その先、ジャブついた紙切れはどうするの?こういうことになって来る。

紙切れとは言え、その価値、あるいは利益の源泉は、何だかだ言っても、中国経済が産み出す実際の付加価値から恩恵を受けていたから、あながち空中楼閣的なものと断罪もできない。問題は、それが何倍、何十倍にも水膨れしていた、そうさせる構造に問題があるのだ。

青森のねぷた祭りでもあるまいが、空中に大きなドラゴンを浮かせてはしゃぎ過ぎて、空気が抜けてそれが萎んでくると、あれはやはりペーパードラゴンに過ぎなかったと批判するようなものだ。

紙の龍にきっちり空気が入っているか、それを計る中国指標には独特のものがあって、例えば物資の物流の量なども景気の指標とされるらしい。資源国ではあるが、その巨大な成長を支えるには、やはり資源の輸入を要してきた。今回景気後退が始まったとされる指標に輸出の減少傾向が言われていた。でもそれはおかしい。輸出主導の経済構造でもなく、資源輸入を要したから、貿易収支はトントンであった筈だから・・・

も一つ顕著な指標が、中国エネルギー確保の1/3を担う中国石油天然ガスの業績に現れている。生産量は2.6%増加しているのに利益が、23.9%も激減。これは多分、国際原油市場の一貫しての下落によるものだろう。加えて天津工場の大爆発があり、原油タンカーはいまだに入港できないから、精製量も減少する。

指標であるNY・WTIは高値$100/バレルから一貫して下げ、$50を割った$40台半ばで推移している。加えて米シエールガスの掘削が一斉に始まったは良いが、国際価格の下落で採算割れとなり、わが国商社も投資が軒並み悪化し、大きな損失を出している。開発の損益分岐点は$50らしい、市場相場がそれを下回ると大きく採算割れになるらしい。

何故原油、石油の國際価格は下がり続けてきたのか?・・・上記シエールガスの開発も一因だが、サウジ他のOPECが減産して価格維持を図ろうとしないからである。何故か、イラン問題である。米欧がイラン核開発疑惑を修正し経済制裁を解除することを知っていたOPECが、市場シエアを維持するために、中国などに対する供給量維持を画策し減産に踏み切らなかった、そこえイランが制裁解除されて巨量の原油が供給過剰になってしまった。

まあ、一次エネルギー資源が安くなれば、結構なことなのだが、中には、ニッポンのように電気代がさっぱり下がらず、上がる奇妙な国もある(笑)、しかも原発ならコストが安いと言いながら、子供でもわかる「騙し」をやるのである(笑)。

最高の傑作は、シンゾーによる安保法案の肝の一つである、イラン沖、ホルムズ海峡の機雷除去作業・・・あの地域から原油が通過できなければ、ニッポン国家存亡の危機に該当するから、と(笑)。話は逆で、イランはぼんぼん原油を市場に出し始めている。

何だか紙の龍・中国論から話がそれてしまった(笑)。締めは、紙の龍を噴き上げたくてしょうがない、ノーテンパーの、シンゾーの話としよう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存