ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

深源から考えることもなく成立する安保関連法案 ( No.568 )
日時: 2017/07/18 17:24
名前: イントィッション ID:PyMyARwU

日時: 2015/09/16 09:24名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

今日午後、ここ横浜で最後の公聴会が開かれ、夕刻には参院特別委員会で明日か明後日にも採決することが決定されるようだ。

世界の情勢が変わり、世界の国々と提携して安全を守る必要性がある。識者と言われる人種の意見を見ても、その実行の根拠を日米同盟に置いている人がやはり多い。パクス・アメリカーナ論に立つ人達である。

私も何度も指摘して来たことだが、安保法案反対するには、その根底にある日米同盟を、戦後70年経ってどう考えるか、そこを基点に深く考えないと、ただ違憲だから反対では事が根本的な解決には至らない。シンゾーとその一派が、9条を勝手に解釈していると言うなら、その反対に位置する個別的自衛権は認められているとの解釈も「解釋改憲」になってしまう。9条が武器使用による紛争解決を禁じているなら、日頃からその武器訓練に励んでいる自衛隊をも違憲存在として潰すデモを、とぎれなくやって来ないでは、行動が矛盾してしまう。日米同盟しての軍事訓練は黙認しておきながら、今回安保法案は違憲とする論も、根本が浅い論ということになる。

賛成派も、ただテロ時代になって、それをやっつける事が出来るのは、やはりアメリカしかいない。だから賛成だとの議論も、余りにも単純過ぎる。そもそもそのテロ行為が、長い歴史時間の中でどのように醸成されてきのか、何故そうなったのかの、これまた深い所からの思考なしの単細胞で賛成している。

言いたいことは、今回賛否激突して来た論争が、どちらも深い所から考え直そう、そのような動機に欠けていたやに感じます。そんなこと言ったって、シンゾーどもがドンドン先に進めるから、そんな哲学めいた事言ってもムダだとの意見もあろう。でも憲法改正論議から、根本から始めようとの意見は、チラホラ出てはいたが、大きくならなかった、勿論政権側は、そうなると怖いものだから、意識的にそれを避けて来たのは当然である。しかし反対する側も同じ姿勢になってしまい、根本から始めよう、そして国家100年の計に関わる重大事項なのだから、こういうものは国会議員による投票ではなく、国民投票にすべしとの議論くらい、巻き起こって欲しかった。

次元低き論争のままで、重大な法案が成立してしまう。下劣な議論に落とし込まれるだろう予感はあった。何故なら、その推進者の姿勢が下劣であるから・・・国会審議でも、総理たるものがヤジを飛ばしたり、早く質問しろよ!とか、丸でそんじょそこらの暴走族紛いの姿勢なのだから・・・

挙句に賛成者たちが、民主党の岡田、野田とて日米同盟の下に米国に協力すべきと言っていたとか言いだすと、もうこれは目クソが鼻クソにけんかを仕掛ける実に愚劣なレベルになってしまい、ここに今回の法案論議の質の一面が象徴されているかのように見える。

アメリカは、例え斜陽化しても、かれらの世界から得たい利益の為に、日本を手放す筈がない。我が国が言う事を聞かなくなったとしても、地政学的にも恐らく手放さないだろう。だから一々言う事を聞く必要など無かったのである。反対派もそう考えて、建前として違憲を掲げてアメリカの言う事など聞く必要ないとの、深い二段構えのものであったのなら、辻褄も合ってくるのだが・・・歴史的に照合してみても、そこまで考える力は?・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存