ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

84年前の9月18日、軍部による満州事変が起こされた日 ( No.573 )
日時: 2017/07/18 17:54
名前: イントィッション ID:PyMyARwU

日時: 2015/09/19 08:55名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

民主党枝野幹事長が、内閣不信任案提出の趣意を述べたくだりに、9月18日は、奇しくも日本軍部の謀略によって満州事変が起こされた同じ命日であると・・・

これには気がつかなかった。安保法案成立と同時に万歳してこれを祝った多数の自民、公明の議員たち、さぞかし、してやったりの高揚した気分に舞い上がったことだろう。そのせいか今朝は、朝日が久しぶりに輝いてすっきりした天気。

正に、♪見よ東海の空明けて  旭日高く輝けば 天地の正気 溌剌♪ たる気分に浸っていることだろう。

1931年8月18日も、軍部及び大政翼賛政治家たちは、暗雲晴れ渡ってすがすがしい気分に浸ったことであろう。あの満州事変勃発には、その前に長い経緯があるが、要するに関東軍参謀・板垣征四郎と作戦参謀の石原莞爾が、綿密な計画の下に柳城湖付近の満鉄線路に爆弾を仕掛けておいて、爆発は中国ゲリラの所為にして戦争を開始する口実とした。

戦後史家による検証で、その謀略史実は枚挙に暇も無い。その戦争起こし責任者に、シンゾーの祖父岸信介が商工大臣として、満州資源確保の計略を持っており、当然のことながら開戦計画など先刻知っていたことだろう。

翻って84年後の昨夜9月18日。生活の党の山本議員が喪服で、数珠をシンゾーの方に向けながら拝み倒していた(笑)。シンゾーの目は、何とも言えぬ複雑な感情を見せていたが、多分、気味悪がっていたことだろう(笑)、今回法案成立の為に手を下した数々の謀略、生身の人間だから少しは数珠を見て、その数々が頭をよぎったことだろう。

あの満州事変のようなことにはならない、何故なら武力攻撃事態法において、わが国存亡が脅かされる場合に限ると、厳重な歯止めをかけているからと、これまで何度もシンゾーは述べてきた。だが、そんなこと満州事変に典型的に見れるように、仕掛けておいていくらでも相手にその原因を摺り替えることは簡単にできる。いや文民統制でそんなことはできない、国会の承認も要するようにしてあると言ったところで、正に今回の法案成立の過程がそうであるように、親方が手を下せば何でもできる。文民のトップが夜盗では、法など絵に描いたモチに過ぎない。

それを証明したのが、他ならぬ憲法無視の今回の一連の行動ではないか・・・しかも祖父伝来のだまし討ちによって。

1931年9月18日、謀略を重ねてついに、満州で銃口から火を噴かせることに成功、溜まっていた何かを鉄砲玉に変えてそれを噴出させた。その結果、損益勘定が合わないシッペ返しを受けて反省して戦後ここまで穏便にやってこれた。生身の人間としてほんとに痛かったからである。

だがその間にも、シンゾー一派のように何かが鬱積していた。それを反米の形で吐き出すのではなく,隷米の形で、しかも大好きな戦争の具体的な形を作って吐き出すことに成功した、そういうことであろう。

昨夜の一般人デモのプラカードの中に、シンゾーが宮城松島の航空自衛隊慰問に訪れて、軍の迷彩服を着て戦闘機に乗り、右手を高々と上げる大きな写真を掲げているのがあった。その右のプラカードには、あのヒトラーが右手を高々と上げて鼓舞する写真が並んでいた。戦争したい国粋主義者の本質は、この二枚のプラカードに凝縮されている。日本が満州へ、ヒトラーがポーランドへ侵攻した時のスローガンは『積極的に平和を守る為』であった。シンゾーは今、積極的平和主義を唱えている・・・・看板とは正反対に平和など元々求めるような連中では無い。

その前に強い国だと思われたい、ただそれだけのことを実現する為に、今回の謀略が仕組まれた。ご苦労なことである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存