ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

平家辞世の句、見るべきほどのことは、見つ ( No.574 )
日時: 2017/07/18 18:04
名前: イントィッション ID:PyMyARwU

日時: 2015/09/20 20:31名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

見るべきほどのことは見た重要な事の一つに、この国は近代国家と言うニセ衣装を纏って、現代に到着した、国家運営の真髄に迫る何事も創れず、西欧概念のマネゴトでしか何も考えられなかったその遺伝子を見てしまった。世はまがりなりにも近代思想の教えによって、成り立って来た筈なのだが、この国は誤魔化しの衣装を纏っていたことが、今回の安保法案成立の過程で明らかになった。
一言で言うなれば、要するに已然として後進国であったことが、明らかになった。

近代国家の概念は、人権を基本とし、それを掲げる立憲主義、政治における権力は一極に偏らないように、三権を分立させる事がが常識であると思って来た。その思想が盛られているのが憲法だ。そしてそれを守るのが司法の独立であることは、今更言うまでも無く常識の筈であり、そう思って生きて来た。だがそのような概念を常識であるとして来た者の方が、常識に欠けていたと、今回の近代概念を全て無視した政治行為に、近代国家であると錯覚していた者こそが、間違っていたのであろう。

今回の安保法案は、立法府で成立した。憲法に違反しないように立法せねばならないのに、その立法府が違憲法律を作ってしまった、それを違憲問題として訴訟を起こす団体がでてきた。団長は今回参考人のトップに立って違憲を主張した慶大の小林節教授のようだ。問題は立法府自らが、違憲法律を作ってしまう、何と言うべきか中世以前の状態にしておきながら、近代国家として世界の平和に貢献せねばならないと言う、その言いようも無いチグハグさである。

だがこの国の行政訴訟では、その違法行為によって具体的に受けた損害を提示しなければ、訴訟を成立させることさえ、非常に困難なのである。ましてや対象が憲法に絡んで来ると、いつかも指摘したように、統治行為論なる法概念があって、高度な政治関係にある行為を、一概に違憲と断定できない構造になっている。

ましてや最高裁玄関に、星条旗までが掲げられているこの国の、アメリカとの関係がある。これまでイラク戦後方支援活動は違憲行為であったと提訴されても、ほとんど受付もされない中で、たった1件、名古屋高裁がイラク自衛隊派遣は違憲であるとの判断を下していた。

で、それで何がどうなったの?・・・何の役にも立たなかった最大の証明が、今回の安保法案の成立である。所詮、憲法など飾り物に過ぎない事を、見るべきほどの事を見た思いがする。

所詮、近代国家概念とは程遠い政治の下に、維新後ニセ近代国家として長々と運営されてきただけの国であったことが、今回暴露されてしまった。三権分立など、この国には存在しないのである。ましてや憲法など無いのである。あるのに無いが如く政治がおこなわれるから、頭が混乱してしまうのである。

憲法など改正しても無駄なのである。だから以前にも申したが、いっそのこと憲法など無くしてしまった方が、筋が通る。こんなに簡単に違法行為ではない無法行為が出来るのだから、そしていくら違憲を叫んでも何も変わらないのだから、憲法など意味が無いのである。あるから話がややこしくなるのであって、何故頭痛がするのか、その訳を諄々と考えて見たら、要するにここは近代国家であるとの先入観があるから、矛盾に頭痛がするのであって、何とも言えないドン百姓的感覚国家だと思えば、全てがストンと納得が行くことに気がついた。

今更、とは思いつつも、しかしなあ、とは思っては来たが、事ここに至っては、もう恰好つけの概念など捨て去ってしまった方が、楽である。やっと中世から抜け出す時期ならともかく、先進国と言われてウン十年も経って、どうしてこのような事になるのか、要するに後進国家であることの認識が不足していた。そうとでも考えないと、あのような目茶苦茶な事が、そう易々とできる筈がない。

では抜け出せるか?・・・20世紀ならともかくも、もう21世紀である。この期に及んで、事はもう遅すぎる。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存