ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

コンドラチェフ波動の第五の谷間(2)>難民大移動に現れたか? ( No.581 )
日時: 2017/07/19 10:19
名前: イントィッション ID:i18aL8GI

日時: 2015/09/29 13:18名前: 満天下有人 ID:FmCxC9i.

それにしても西アジアからEUへ向けての難民の大移動はすごい!。その境目に位置するEU加盟国であるハンガリーによる移動阻止も、EUの防波堤になったかのようで、根本解決には程遠い対応の仕方だ。これはきっこちゃんの日記が写真入りで詳しく書かれている。

難民が向かう先はドイツと英国。ハンガリーが長距離に及ぶフエンスを張りめぐらす緊急対策を取る事と合わせて、何故このような状況になるのだろうか?EU協定により、難民が押し寄せた最初の国は、1世帯?当たり円で約15万円ほどの難民生活費を負担せねばならないような協定があるそうだ。ハンガリーでの難民監視団は計算機を片手に持って、逐一その数を計算している。

でもそこは通過点で、難民が目指すのがドイツと英国。ドイツはEUの盟主でもあり、ハンガリーのようにEU加盟国に一旦流入した難民は、その先どの国に向かおうとも自由が保障されているから、そしてEU盟主国であるからには流入をむげに拒否できない。ドイツ国民は、何故自分たちの税金で難民を助けねばならないのかと、ギリシャ救済にも反対した時と同じ意見で、反対する者もかなり多いようだが、政府としてはEUの盟主である以上、政治的にかなり難しいカジ取りが求められる。

英国は別の意味で、多くの資源国を植民地化して来た歴史的負い目の反省から、難民受け入れ福祉が欧州で最も良い条件となっているから、難民が向かう先は英国が最も多いらしい。

欧州民族の数は多くて、それぞれの文化の違い、支配者、被支配者間の歴史的葛藤も根を張っていて、単一民族とされ移動することもなかった日本人がそれを網羅して理解するのは、非常に難しい。

民族の大移動として史上有名なのが4世紀に始った東ヨーロッパと西ヨローッパの境目付近、北はユトランド半島(現在のデンマーク)から南は旧ローマ帝国に接する地域に居住していたゲルマン民族の大移動だ。

東西ヨーロッパの境目は雨量が少なく寒暖の差が激しく、定住条件が悪い所為なのか、気質的に移動する傾向も重なったのか、その境目に居住していたゲルマン民族は大移動を始め、地中海世界にまで南下して、欧州文明の形を大きく変えてしまっている。最も典型的なのが、ユトランド半島から北ドイツに居住していたアングロ族とサクソン族のブリテン島への移住であろうか・・・英国の原型であり、その下の方に居住していたフランク族がフランス王国を作った。ロンバルト族はイタリアの原型を創っている。

其の後の英仏戦争やヒトラー出現のドイツなどとの争いは、全てゲルマン民族同士の争いになってくるのだ(笑)。地中海地方のラテン民族も加入はしているものの、EU結成とは、ゲルマン民族の再結集のようにも見える。その過程でヒトラーなどは、ゲルマン民族の中のインドアーリア人種を別格とし、同じゲルマン民族にも優劣をつけて、アーリア人種による全欧州を統一、支配下に置こうとした。

話を今の難民移動に合わせて見ると、食えなくなった東ヨーロッパに属する民族が逆移動を開始したかのようにも見える。西ヨーロッパに属する英独は協定上、これを受け入れざるを得ないが、東欧諸国はこれを拒否している。食える国と食えない国がシャッフルし合っているのか?。

第五の谷間は、諸文化の根底にある経済力格差の調整でその深さを出来るだけ浅くしようとしているのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存